« 第287回マイルCS | トップページ | 第289回幸せなディープインパクト »

2006年11月23日 (木)

第288回ディープがんばれ

 日曜日、いつものように午前中は電話投票で過ごす。早めに昼食を取り、着替えもすませて、出かけようと思っているところに、冷たい雨が落ちてきた。「これから本降りになりそうよ」というかみさんの助言に、結局東京競馬場に行くのはやめ、その後一日、電話投票に忙しくすることになった。前日の土曜日、京都最終レースで3連単27万馬券を当てて、資金的にも気持ちの上でも、多少の余裕があってか、運不運を別にすれば、大敗もなくゆっくりと競馬を楽しめた雨の一日だった。
 今週はジャパンカップ。東京の最終日。どんなに冷たい雨が降っても出かけよう。

(JC)   1着    2着    3着
96年    外     D     外
97年    外     A     AYb
98年    A c    Zb   DY
99年    AXa   外     外
00年    AZa   BXb   外
01年    -      Yc   BXb
02年中山  外     外     A
03年     Yb   -     AYd
04年    AYa    Z    D
05年    外     DZ    BXa

 今年のジャパンカップは外国からの招待馬がわずか2頭、日本馬も出走頭数が少なく、例年と比べると少し寂しいが、それでもディープインパクト、ハーツクライ、ドリームパスポートなど、日本馬の代表としてふさわしいメンバーがそろった。
 ジャパンカップでは指数ランク外の日本馬が3着内に入ったのは過去に2頭いるだけで、馬券はスピード指数ランクのある日本馬から、というのがセオリーだ。今年のランク馬は外国馬のウィジャボードを含め、ハーツクライ、スウィフトカレント、ディープインパクト、メイショウサムソンの5頭。
 例年、ペースが厳しくなるジャパンカップだが、過去の連対馬を先行指数と上がり指数の関係で見ると、近走に(先行指数5/上がり指数10)のレベルを経験していることがポイントになっている。今年のメンバーでこの条件をクリアするのは、ディープインパクトとメイショウサムソンの2頭だ。ただ、今年は少頭数のうえ強力な逃げ馬も不在で、例年のようにペースが上がるかどうかは疑問。スローペースになれば上がりの脚が問われることになり、決め手のあるディープインパクト、ドリームパスポートの瞬発力が生きることになるかもしれない。
 しかし、どんなペースでも自在な対応力を示してきたのがディープインパクト。中心は不動だ。
 凱旋門賞の失格は残念だったが、あくまで管理の問題であって、ディープインパクト自身の問題ではない。ここは堂々と戦って、圧倒的な強さでジャパンカップを勝って欲しいと心から願っている。

(JCD)  1着    2着    3着
00年    A b   CZa   外
01年    A a   DXb    Y
02年中山  芝     DXb   芝
03年    外     A     -
04年    BZb   DXa   A
05年    A     C a    Y

 ジャパンカップダートはA馬を中心に、前走指数の上位馬が圧倒的に強い。今年はシーキングザダイヤを筆頭に、ブルーコンコルド、メイショウバトラー、サンライズバッカスなどの前走指数が高い。また平均指数の上位2頭ab馬も連対率が高く、前述のシーキングザダイヤ、ブルーコンコルドが馬券の中心になりそう。

|

« 第287回マイルCS | トップページ | 第289回幸せなディープインパクト »

コメント

西田様はじめまして。
木曜日の高田馬場日記を毎週楽しみにしてまして、これを読まなきゃ予想がはじまらん!という感じです。
長年にわたり西田式スピード指数を使わせてもらってますが、最近になって、数値を読み取りレースにあてはめるコツがようやく自分なりに分かってきまして、この秋は予想がとても好調です。
今日のジャパンカップダートと京阪杯もバッチリでした。
これからもどうぞよろしくお願いします。

投稿: ポンポコ | 2006年11月25日 (土) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/12793449

この記事へのトラックバック一覧です: 第288回ディープがんばれ:

« 第287回マイルCS | トップページ | 第289回幸せなディープインパクト »