« 第295回底力を問う冬の重賞 | トップページ | 第297回三つどもえの共同通信杯 »

2007年1月25日 (木)

第296回波乱含みの京都牝馬S

 京都牝馬Sは1番人気馬が凡走することが多い。過去10年、00年にスティンガーが勝っただけで、あとは2着もない。波乱度も高いように思えるが、ただ10番人気以下の馬が連に絡んだのは1度だけで、たいていは5番人気までの馬たちで決着している。
 スピード指数上は、指数のランク外の馬が勝ったのは2回だけで、全体でもランク馬が強い。特に平均指数の高いabcd馬が過去10年、毎年連対しており、次いで前走指数の高いABCD馬が有力だ。
 平均指数の高い馬の連対率が高いことと、1番人気が勝てないまでも人気薄の馬の台頭は少ないことを合わせて考えると、基礎能力の高さが問われるレースなのだろう。

(京都牝馬S)1着    2着    3着
97年     Zc   CY    A
98年    CX    A b   -
99年    -      Zb   AZ
00年     Xd   D     A c
01年    A b   AY    D
02年     Xa   -     C
03年    A c   -     -
04年    -     D c   DX
05年        D     B c      A b
06年    A b       Z    -    (2、3着同着)

 今年のメンバーで平均指数上位はディアデラノビア、レクレドール、スマイルフォライフ、サンレイジャスパー、前走指数からはソリッドプラチナム。過去の連対馬は-5以上の先行指数で上がり指数が上位の馬たちだった。この条件からも、先にあげたディアデラノビア、レクレドール、サンレイジャスパー、ソリッドプラチナムなどが有力馬として浮上する。ただ、過去の10年の勝ち馬はスティンガーを除いてすべて、前走に1600戦か、1400戦を使ってきた馬たちだった。先にあげた馬はステップレースの距離に疑問も残るだけに、距離適性でコイウタ(Z)からの手もありそうだ。

 東京の重賞・根岸Sと東京新聞杯は、東京の馬場改修後04年以降のデータを取った。まだ傾向といえるようなデータにはなっていないため、参考まで。

(根岸S)  1着    2着    3着
04年    -     -      Xb
05年    A a   DZd   CZ
06年      c   C     B

(東京新聞杯)1着    2着    3着
04年    -     C     AXb
05年    -     -     B
06年    D      Yb    A a

|

« 第295回底力を問う冬の重賞 | トップページ | 第297回三つどもえの共同通信杯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/13654647

この記事へのトラックバック一覧です: 第296回波乱含みの京都牝馬S:

« 第295回底力を問う冬の重賞 | トップページ | 第297回三つどもえの共同通信杯 »