« 第299回今年は波乱?のフェブラリーS | トップページ | 第301回クラシック目指して »

2007年2月22日 (木)

第300回ひな人形

 今朝、出がけに部屋をのぞくと、カミさんがひな人形を飾り付けているところだった。
「ずいぶん久々だね」
「並べ方も忘れちゃって、どこかに説明書なかったかしら」
 ここ何年かのあいだ、カミさんの父親が亡くなり、私の母も手の届かないところに行ってしまって、気持ちも沈むことが多かった。そのせいか、カミさんもひな人形を飾る気分にはならなかったらしい。
 何年も前、お姫様のほほえみが娘に似ているとおもって、買い求めたときのことを思い出す。
 今年は春が早い。
 親王と三人官女、五人囃子だけの小さなひな飾りでも、部屋一杯に春の空気が広がる。

 2月の東京開催が終わって、中山競馬場に開催が移る。春はもうすぐだ。
 中山記念は例年ランク馬が強い傾向が見える。特に平均指数上位馬の連対率が高い。

(中山記念) 1着    2着    3着
97年    D c    Zc   B
98年    AYc   BXa   C d
99年    BZb   DXc   -
00年     Xa   DY    D
01年    C a   A     DZa
02年    D     -      Zc
03年    B     -     -
04年    -      Yb    Xa
05年     Xa   -     -
06年     Yc   B a   -

 今年の平均指数上位はダンスインザモア、グレイトジャーニー、ローエングリンに次いでマルカシェンク、インティライミ、エアシェイディなど。他ではシャドウゲイトの前走指数が高い。
 極端なスローペースにはなりにくいレースで、先行馬の前残りも多く、指数の安定感に加え、平均ペースでもしっかりとした上がりの脚が必要だ。とするとダンスインザモア、グレイトジャーニー、マルカシェンク、シャドウゲイト、メイショウオウテが浮上してくる。
 ここは距離適性もあり、近走のレース内容もよいシャドウゲイトに期待したい。

(アーリントンC)
       1着    2着    3着
97年    A c   A     D c
98年    ダ     BXb   DZc
99年    CXa   B b   -
00年    CXa   A     B
01年    B b   ダ     ダ
02年    A a   B d    Yc
03年    ダ     ダ      Zc
04年    DY    D     -
05年    -     AYa   -
06年    AZd   CXa   -
(スローペース調整-20/-10)   

 アーリントンカップも圧倒的にランク馬が強い。3歳戦だけに前走指数が最も連対率が高く、馬券のポイントになっている。今年はローレルゲレイロ、トーホウラムセス、エーシンビーエル、トーセンキャプテンの前走指数が高い。このレースも例年、先行馬が活躍するレースで、後方一気の脚は期待しない方がよいだろう。先にあげた前走指数の高い4頭も前々でレースが出来て、粘る脚もある馬たち。軸馬はその4頭から取りたい。

|

« 第299回今年は波乱?のフェブラリーS | トップページ | 第301回クラシック目指して »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/14008354

この記事へのトラックバック一覧です: 第300回ひな人形:

« 第299回今年は波乱?のフェブラリーS | トップページ | 第301回クラシック目指して »