« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月30日 (金)

第305回お得な気分

 きのうから初夏を思わせるような気温に包まれて、東京の桜は一気に咲き急ぎ、見頃になった。今週の中山もすばらしい桜模様が見られるだろう。競馬場に行く楽しみも増え、少し得した気分。馬券も財布も、お得な気分だといいけど。
 中山の重賞・ダービー卿CTは02年にハンデ戦になった。それ以降ランク外の馬が上位に進出するようになって波乱の連続、昨年3連単は125万馬券になった。トップハンデ馬は05年にダイワメジャーが勝っただけで、1番人気馬は連対もできず、指数上位馬も苦戦が続いている。
 

(ダービー卿CT)
        1着        2着        3着
97年・別    A     -     -
98年・別   B d    Ya   CXb
99年・別     c   A c    Zb
00年・別   -     -     C d
01年・別   Z      Zc   -
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
02年・H   B b   -      Xb
03年・H   D     -      Ya
04年・H   -     -       d
05年・H       Z      b     -
06年・H     d   -      Y

 ただ、ハンデ戦になってから、ハンデに恵まれた4歳馬が毎年連対を続けており、軸馬は伸び盛りの4歳馬から選ぶのが常道だろう。今年の出走メンバーではサイレントプライド、ロジック、コイウタが期待の4歳馬だが、マイルの適性が高く、上がりの脚もしっかりしているのはサイレントプライドだ。芝は5戦4勝2着1回。芝1600は4戦4勝。2度の骨折で出世は遅れたが、前走指数は89と高レベルを示しており、素質は間違いなく高い。

 大荒れのダービー卿CTと比べると、過去10年、大阪杯は比較的堅いレースが多かった。スピード指数のランク馬もXYZ馬と平均指数上位のabcd馬がともに10年のうち9年で連対し、前走指数の最も高いA馬も7年で連対している。
 阪神競馬場は昨年の馬場改修によって大きく変わったが、内回りコースはいわゆる旧コースをベースに、各コーナーにスパイラルを取り入れ、スピードを落とさずにコーナーを回れるようになったが、コースの形そのものは変わっていない。大阪杯はその内回りコースを使った2000メートル戦だが、馬場改修後のレースとして、傾向に変化が出るかどうか、気になるところだ。

(大阪杯)  1着        2着        3着
97年    AXa    Zd   DYb
98年    AXa   D d     c
99年    AYa    Z    DXb
00年    AYa   -     C
01年    -       d     d
02年    -      Xb    Za
03年    -     AYa   BXa
04年    -      Z    A c
05年        BYd   A          b
06年     Ya   A d    Xa

 通常スローペースになりやすい芝2000メートル戦だが、過去の大阪杯に限って、ペースは意外と厳しい。毎年35秒台の上がりタイムで決着しており、スローペースは少なく、4角5番手以内の馬が中心になってきた。上位を争うには、平均以上のペースで上がりの脚を示す必要があり、それは当然高いスピード指数がいることをも示しており、過去A馬やXYZ馬が強い傾向も理解できる。
 底力と言う点からは、皐月賞とダービーの2冠馬メイショウサムソンが真っ先に浮上するのだろうが、指数上は積極的に推す要素はない。
 今年のメンバーのランク馬は、A馬シルクネクサス、サンバレンティン。XYZはコスモバルク、シャドウゲイト、アサカディフィート。他ではメイショウオウテ。
 先行指数と上がり指数のバランスからコスモバルク、シャドウゲイト、アサカディフィートが中心になりそうだが、4角5番手以内という先行力で評価できるシャドウゲイトに期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月22日 (木)

第304回強力スプリンター不在の宮記念

 開催が3月下旬になってからの、高松宮記念のデータをまとめてみたが、ランク外の馬が2着に入ったのは05年だけで、全体にランク馬が好成績を納めている。特に前走指数の上位ABCD馬と平均指数の上位abcd馬が有力。
 今年は前走指数の高いA馬にマイネルスケルツィとプリサイスマシーン。次いでスズカフェニックス、エムオーウイナーと続く。平均指数の上位馬はアンバージャック、タマモホットプレイ、ディバインシルバーなどだ。

(高松宮記念)1着    2着    3着
00年     Xa   C     BXc
01年    C c   AYa   -
02年    A a   D     -
03年     Yd   B d    Yb
04年    C     AX    -
05年      c   -     A c
06年    DZb    Zd   -

 比較的先行馬に有利なレースだが、逃げ切ったのはショウナンカンプだけで、基本的に中段からの差し脚が問われるレースで、1、2着馬は近走に上がり指数0以上を示していることが絶対条件だ。一昨年までは近走1200戦を使って上がりの条件を満たす馬を探せば良かったが、昨年から様相がすこし変わってきた。
 この2年、JRAの最優秀短距離馬に選ばれたのは1200メートル戦に出走していなかったハットトリックとダイワメジャーで、昨年の高松宮記念も1200戦未出走のオレハマッテルゼ、ラインクラフトが1、2着を占めた。現状は優秀な短距離馬がいない状況が続いており、今年も例外ではない。
 今年のメンバーを見ると1200の短距離適性はエムオーウイナーをトップに、タマモホットプレイ、アンバージャックなどが上位にあげられる。しかし、6歳になってようやくG3の重賞タイトルホルダーになったエムオーウイナーではいかにも頼りない。本来スピードは天性のものであり、短距離馬の素質があれば、もっと早い時期に勝っていなければならない。優秀な短距離馬がいないために、手にできたタイトルだったのではないか。
 そういう状況を考えると、他路線から参入してきた基礎能力の高い馬にチャンスがあるし、むしろそういう馬から馬券を組み立てるべきではないかと思う。
 基礎能力が高く、短距離の素質もありそうなのは4歳馬マイネルスケルツィだろう。これまではマイルを中心に戦って4勝2着2回。前走はマイルの京都金杯を危なげなく逃げ切ったが、4歳馬だけにマイラーと断定するのはまだ早いのではないか。
 ここで好レースをみせ是非、能力の高い最優秀短距離馬を狙って欲しい。

(日経賞)  1着    2着    3着
97年     CZd   D     BYc
98年    -      Y    AXa
99年    A b   C      Ya
00年    -     D a   C
01年    AXa   -     C
02年    CZb   AZa   B
03年    -     A c    Z
04年    -     B      Ya
05年    DYa   C     -
06年    BXa   D     -

 前走指数の高いABCD馬が10年の内9年で連対している。このレースをステップに天皇賞に臨む馬が多いせいなのだろう。障害帰りのテンジンショウグン、ダートからの転戦レオリュウホウを除けば、03年、04年のランク外の勝ち馬2頭も前走重賞で連対してきた馬たちで、近走のレース内容がそのまま反映される傾向にある。
 今年はアドマイヤタイトル、ネヴァブション、マツリダゴッホ、エリモエクスパイアが前走指数の上位馬。先行指数とと上がり指数は(-5/5)程度が標準で、その点でも前記の馬たちが有力だろう。

(マーチS) 1着    2着    3着
97年    -     AXa    Yc
98年     Yb   A      Xa
99年    C     AYc   -
00年      b   CY      d
01年    A      Y    B
02年    -     C b   C
03年     Z     Xb   C
04年     Yc    Za   A
05年      c   -      Z
06年    B b   -      Yd

 10年間で指数のランク外だった馬が連対したのは4頭だけで、ハンデ戦としては比較的指数のランク馬が強いが、それはダート戦だからなのだろう。指数上は平均指数の上位馬の連対率が高く、abcの上位3頭は10年の内9年で連対している。今年はビッググラス、ツムジカゼ、トーセンブライト、ヒカルウイッシュの平均指数が高い。先行指数は+10以上、悪くても+5は最低必要で、上がり指数は-15程度が基本だった。とするとビッググラス、トーセンブライトが有力候補になりそうだ。
 例年、トップハンデ馬はそこそこ上位に食い込んでいるが、1番人気馬は苦戦を強いられ、波乱度の高いレースだけに、要注意。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年3月15日 (木)

第303回風邪にご注意

 冬に逆戻りのような天候のせいか、事務所でも風邪が蔓延している。ついにわたしも風邪をひいて、今日は病院に行った。寝込むほどではないが体は重い。毎日うがいをしていても、強力な風邪菌にはかなわなかったらしい。

 阪神大賞典はデータのそろっている過去13年、ランク馬が勝ち続け、圧倒的に指数上位馬が強い。特に平均指数の上位馬abcは13年連続で連対しており、前走指数上位ABCD馬も12年で連対している。1番人気馬も13年連続で連対しており、連軸は堅いレースだが、さらに、3着までを見ても指数上のランクが圧倒。ランク外の馬が3着内に入ったのは過去13年で5頭しかなく、この10年では3頭にすぎない。連下も指数の高さが求められるレースだ。

(阪神大賞典)
      1着        2着        3着
97年     BXa   A c   -
98年    BZ    AXa   C c
99年     Zb    Xa   D
00年    BXa    Yb   A c
01年    AYb   -      Z
02年    AXa   BYb    Zd
03年    C     AXa   -
04年    AYa   DYc   BXb
05年        B d     c     AXa
06年    DXa   C      Yd

 今年の平均指数上位馬はアイポッパー、コスモプロデュース、デルタブルース、ファストタテヤマ。前記の馬以外で前走指数が高いのはトウカイトリック、ドリームパスポートで、指数上、中心はその6頭だ。
 長距離戦だけに上がり指数の高さは必須条件で、連軸候補にするなら上がり指数+10以上は必要だろう。この条件を満たすランク馬はアイポッパー、ドリームパスポート、トウカイトリック、コスモプロデュース、ファストタテヤマだが、基礎能力や底力からドリームパスポートを軸に取るのが賢明だろうか。

 クラシックを目指す3歳戦・スプリングSも指数上位馬が強い。05年はランク外の馬が上位を占めたものの、他の年は前走指数の高いABCD馬が勝ち続け、平均指数の上位馬も9年で連対している。クラシックを目指す3歳戦では、前走の高さ、平均指数の高さは成長の証だといえる。

(スプリングS)
       1着        2着        3着
97年    C     AXa    Zc
98年    DYd    X    A c
99年    DYb   A c   B
00年    D c   AX    -
01年    A a   -     -
02年    AXb   B     CXc
03年    DY    A a   B a
04年    B a     d   -
05年        -     -        -
06年    AYb   CXa   B
(スローペース調整は-15/-5)

 前走指数ランクに従うなら、シベリアンバード、マイネルシーガル、サンツェッペリン、スズカライアン、エーシンピーシーなどが有力馬として浮上してくる。このメンバーの前走はほとんど指数差がなく、中心馬も決めにくいが、上がりの脚からはエーシンピーシー、シベリアンバードが有力だろう。
 しかし、前走に81の高指数でダート戦を連勝してきたフェラーリピサは相当の器のようで、中心にはフェラーリピサを取りたいと思っている。新馬戦はトーセンキャプテンの2着だったが、指数は1の差しかなかった。その後トーセンキャプテンは3連勝でアーリントンカップを勝ったが、フェラーリピサも少なくともそのレベルに近い能力は持った馬だといえそうだ。芝の適性がどうかだが、上がり指数と上がりタイムはフェラーリピサの方が上だったことを考えると、適性を疑問視する必要はないだろう。

 3歳牝馬限定戦・フラワーカップもランク馬が中心のレース。前走指数の高いABCD馬は9年で、平均指数上位abcd馬は8年で連対している。
 今年の前走指数上位はショウナンタレント、アルコセニョーラ、ジョウノガーベラ、マイネルーチェ、クロコレーヌなど。平均指数ではクラウンプリンセスが浮上してくる。
 牝馬のレースらしくスローペースが基本で、過去の連対馬を見ても先行指数が-20のときに上がり指数が0以上の馬たちが活躍している。この条件ではショウナンタキオン、クラウンプリンセス、マイネルーチェ、アルコセニョーラ、エーシンパーティーが該当する。また、例年先行馬の成績が良く、先行力と上がりの脚のバランスのよさでショウナンタレントが中心になりそう。

(フラワーC)
       1着        2着        3着
97年    AYb   BXa    Zc
98年    BXa   B d    Yc
99年    AYa   CXb   C c
00年    ダ     C     CX
01年     Xa   -     ダ
02年    C     BZc   A a
03年    C c    Z    -
04年    A a   Bz     Yc
05年       C     ダ        -
06年    D c   BYd   ダ
(スローペース調整は-20/-10)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 8日 (木)

第302回桜はまだかな

 暖冬のせいで、東京の桜は18日頃の開花予想らしい。東京には上野公園、靖国神社など桜の名所がいくつかあるが、皇居のお堀に映る千鳥ヶ淵の桜風景が好きで、毎年、人並みに押されながら、夜桜見物に出かけるのを楽しみにしている。
 日本の競馬場で最も美しい桜は中山競馬場だろう。向こう正面の淡い桜のカーテンが揺れる様が美しく、サラブレッドに降る花びらのひとつひとつがいとおしく思える。レース前、サラブレッドがふと桜の花を見上げる様もかわいい。
 そんなわけで桜吹雪の舞う頃の中山競馬場は私の最も好きな風景のひとつ。
 そして競馬の後、少し遠回りになるが、競馬場につながる桜並木の下を歩くのもこの時期ならではの楽しみ。勝っても負けても、桜を美しく思える気持ちは残しておきたい。

 桜花賞トライアル・フィリーズレビューは前走指数の高いAB馬と平均指数上位のabc馬が中心。牝馬クラシックにつながるレースだけに、近走の調子が良くて、安定した高い能力を発揮してきた馬たちの舞台だといえそう。

(フィリーズレビュー)
       1着    2着    3着
97年    AYa   BXc   -
98年    ダ      Y    BYb
99年    AXc   B     -
00年    BXa   ダ     A b
01年    -     A c   DYa
02年    -     -      Za
03年    C     BXa   A b
04年    A a   BXb    Zc
05年    BXa   -     -
06年    -     BYb   -
(スローペース調整は-20/-10)

 今年のメンバーではアストンマーチャン、ニシノマナムスメ、ハギノルチェーレ、ルミナスハーバーの前走指数が高く、平均指数でも上記4頭が上位だ。当然、予想の中心はその4頭だろう。
 なかでも前走のジュベナイルFで世代最強馬ウオッカの2着馬アストンマーチャンが最有力。これまでは先行して差す競馬が多いが、先行力だけでなく、上がりの脚もしっかりとしており、ペースの対応力や脚質に自在性もある。前走のジュベナイルFでは、直線に向いて早めに先頭に立ち、そのまま押し切るかと思われたが、直線外から一気に脚を伸ばしたウオッカにゴール前差しきられる惜しいレースだったが、後続馬には3馬身以上の差をつけており、ウオッカがいなければ間違いなく圧勝といえるようなレースだったのではないか。
 4頭のランク馬以外で注意がいりそうなのはクーヴェルチュールとダートを連勝しているクイーンオブキネマ。さらに前走、上がりの脚に見どころがあったツルマルオジョウ、シュガーヴァィンなど。

(中山牝馬S)
       1着    2着    3着
97年     Xc   A a   -
98年     Xa   -     AXb
99年    -     CXa     d
00年      c    Ya   -
01年    -     -     C d
02年    -      Xa   AZa
03年     Xa   -     -
04年     Zb   CXb   A
05年      d   -     A
06年     Xb   -     -

 中山牝馬Sはいかにも牝馬のハンデ戦らしくというか、過去10年、前走指数の高いABCD馬は2着が3度あるだけで、一度も勝ったことがない。代わりに台頭するのが、10年のうち9年で連対する平均指数の高いabcd馬。XYZ馬も8年で連対している。ランク外同士の1、2着は1度しかなく、軸馬はabcdかXYZ馬からが順当だろう。
 今年はレクレドール、アサヒライジング、サンレイジャスパーが平均指数の最上位馬。次いでマドモアゼルドパリ、ピアチェヴォーレ、ウイングレットなども平均指数のランク馬だ。
 安定した指数の高さと基礎能力をポイントにすると、桜花賞以降、牝馬のGⅠを5戦して2回の2着を含め、すべて4着内に好走している4歳馬アサヒライジングが有力馬に浮上しそう。ただ、勝ちきれないもどかしさは残る馬だ。牝馬にしてはスタミナや先行力あり、自分より前でレースをした馬に負けたことはないものの、逆に直線の切れでは少しもの足りず、すべて差しきられて負けている。ここも人気になると思うが絶対的な信頼はない。
 平均ペースでの上がりの脚はレクレドール、ピアチェヴォーレ、サンレイジャスパーの方が切れるが、瞬発力だけなら4歳馬ジョースマイルが最上位だ。もちろんスローペースでの上がりの脚のことで、ペースが上がれば切れも鈍るだろうが、例年ペースはゆるむ傾向にあり、軽ハンデを生かしての、一発もあるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 1日 (木)

第301回クラシック目指して

 日曜日は、1時過ぎに中山についた。新しい本の企画もあって、ライターと編集者と一緒だったが、この時間まだ指定席が残っていて、おかげで楽々と観戦できてよかった。
 馬券は8レースから買ったが、早々に阪神8レース馬単4500円、中山9レース3連単3万5910円が当たって、同行の二人にご祝儀を出せるほど。その後は、いい配当に巡り会わなかったものの、余力で半日楽しめた。

 今週は弥生賞。皐月賞からダービーへと、クラシックを目指す馬たちのステップレースだけに、前走指数の高さは必須条件のようだ。特に最上位であるAB馬の2頭は、過去10年の内9年で連対しており、前走でのパフォーマンスの高さは重要な価値を持っている。AB馬以外にも平均指数上位のabcd馬も9年、XYZ馬も8年で連対。ランク外の馬が勝ったのは04年のコスモバルク1頭だけで、3着内もランク外は3頭だけ(それらはすべて前走勝っている馬たちだった)。いずれにしても指数の上位馬、ランク馬の圧倒的な強さが目立つレースだ。

(弥生賞)  1着        2着        3着
97年     Yc   -     CXb
98年     Xb   AXa   DX
99年    AYa   C     B
00年    AXa   -      Yc
01年    A a   BZb   -
02年    D d   AXa    Z
03年    A     B d     b
04年    -     BYc   C d
05年        B     C        AYb
06年    BZd   BXa    Yb
(スローペース調整は-20/-10)

 今年の前走指数最上位AB馬はアドマイヤオーラとメイショウレガーロ。次いでトーセンクラウン、マンハッタンバーと続き、平均指数ではキングオブロマネ、ノワールシチーなどが上位にあたる。しかし、ペースの差はあるにせよ、前走指数の高さはシンザン記念を勝ったアドマイヤオーラの82が抜けて高い。

(チューリップ賞)
       1着        2着        3着
97年    DXb   -     AZa
98年    AZb   -      Yd
99年    AYc   AYa    X
00年    -     -      Z
01年    AXa   DYb   -
02年     Xc   CYa   C
03年    D c   A a   B
04年    AYa   -     -
05年        A a   -        -
06年     Z    CYd   -
(スローペース調整は-20/-10)

 3歳牝馬のチューリップ賞も、前走指数の高いABCD馬が10年中9年で連対し、平均指数上位abcd馬も9年で連対している。ここもランク馬が強いが、ランク外の馬が3着内に入線する率は、牡馬の弥生賞と比べると少し高いので注意がいる。
 今年の前走指数上位のランク馬はウオッカ、ダイワスカーレット、ローブデコルテ、バクシンヒロイン、タガノグラマラスなど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »