« 第308回間違いも嬉しい | トップページ | 第310回幸運、続く »

2007年4月26日 (木)

第309回天皇賞はトウカイトリックから

 日曜日、いつものように朝から電話投票。早めに昼食を取って、午後、事務所のスタッフと東京競馬場で待ち合わせ。新しいスタンドも見たかったし、往年の名騎手が再び手綱を取って戦うジョッキーマスターズも楽しみだった。
 たまたま知り合いの席に余裕があって、スタンド観戦ができたが、私は10分おきにやってくる締め切りに合わせ、汗をかきながら階段を上り下り。あわただしく馬券を買い続けて、席が温まる暇もなかった。
 馬券は勝ったり負けたりだったが、そこそこの調子で、大きな負けもなく最終レースを迎えられた。
 東京最終レースはサンシーズンを軸に3連単1、2着流しを買った。先行したサンシーズンは直線カブキメークとともに先頭に立ったセルフリスペクトを追い上げたものの、ゴール前併走していたカブキメークに差されて2着だった。
 先週は間違い馬券で高配当を手にしてしまったが、今週はカブキメークもセルフリスペクトも間違いなく馬券にあった。
「ああっ、当たっちゃった」
「ええ、ホント。それはすごい」
「カブキメークは12番人気ですからね。3連単は相当つきますよ」
「じゃあ、皆さんにご祝儀でも出しましょう」
 審議もあってなかなか確定配当が出なかったが、結果80万超馬券になった。
 東京13レース・ジョッキーマスターズも盛り上がって楽しいイベントだった。
 個人的にも盛りだくさんの幸運と興奮に、一層楽しい一日だった。
 家に帰って、カミさんと娘とともに選挙に行って、食事をして、ご祝儀をあげた。

 今週は天皇賞。
 スピード指数の傾向はXYZ馬が10年で8回連対。平均指数上位馬abcdも同じく8回連対しているが、上位2頭ab馬に限ってみても10年で7回連対している。近年ランク外で連対している馬の多くは4歳馬であり、4歳馬には注意がいりそう。

(天皇賞)  1着        2着        3着
97年    AZb   BXa   DZd
98年    -     -     AXa
99年    -     CXa   C d
00年    AXa     d   BZ
01年    DYb   D c   AYc
02年    -     DYb   CXa
03年    D      Yd   -
04年     Xb   -     CXa
05年        -     -        -
06年    AZ    BXa   -

 今年の平均指数上位とXYZ馬はアイポッパー、トウカイトリック、デルタブルース、トウショウナイト。
 過去の天皇賞の傾向は、2400メートル以上のレースで平均以上の上がりの脚を示し、指数の上位馬が中心になってきた。今年は前哨戦が超スローペースのため、より上がりの脚のウェイトが高まりそうだが、前哨戦が超スローペースだった点ではマンハッタンカフェの勝った2002年に似ている。
 前走、平均以上の上がりの脚はファストタテヤマ、ダークメッセージ、トウカイエリートを筆頭にデルタブルース、トウカイトリック、アイポッパーなど。
  指数の傾向と併せて考えると阪神大賞典の上位組アイポッパー、トウカイトリック、デルタブルースが中心になりそう。
 阪神大賞典で一番うまく乗ったのはアイポッパー。無理なく先行して馬群に収まり、直線では着実な瞬発力で差しきり勝ちは見事だった。ただ、今回もベストの騎乗でベストのレースができるかどうか。着差もわずかだったし、指数上も負担重量の差でデルタブルースの方が高く、まだ素直に強いと言い切れない。
 逆に一番苦しいレースだったのがトウカイトリックだろう。スローペースを後方からでは、通常追い込むのは難しい。実際このレースで後方から追いあげたのは3着トウカイトリックだけで、それだけに苦しいレースだった気がする。それをものともせず、勝ち馬のアイポッパーにクビ差まで迫ったレース内容は高い能力と現在の充実度を表しているのではないか。
 これまでは先行力を生かして粘るレースが多かったが、近走は控えて上がりの脚を使うようになってきた。もともとスタミナにはいいものがあり、上がりの脚も使えるようになれば、本命視できるのではないか。
 
 3歳重賞の青葉賞はランク馬が中心。ただ、前走スローペースのレースで指数を下げている馬が多く、指数が低くても要注意。
 芝の2400メートル戦だけに例年スローペースが基本だが、ダービーを目指す馬たちのレースだけに、軽い上がりの脚だけでは上位は難しい。先行指数は-15のレベルで、上がり指数は0以上が軸馬の条件だが、厳しく取るなら先行指数は-5のレベルは欲しいところだ。
 指数上位馬で先行指数のレベル、上がりの脚からメイショウレガーロ、ダノンヴィッターが有力にみえる。

(青葉賞)  1着        2着        3着
97年GⅢ  BZb   AXa   D
98年GⅢ  AXa   -     -
99年GⅢ  D     AZa   BXb
00年GⅢ  DY     Xd   B
01年GⅡ   B b   -     -
02年GⅡ  -     -     AXa
03年GⅡ  -     D b     d
04年GⅡ  B     B     DXa
05年GⅡ     Ya   -        -
06年GⅡ  AXa   B b   CZc
(スローペース調整-15/-5)

|

« 第308回間違いも嬉しい | トップページ | 第310回幸運、続く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/14854448

この記事へのトラックバック一覧です: 第309回天皇賞はトウカイトリックから:

« 第308回間違いも嬉しい | トップページ | 第310回幸運、続く »