« 第309回天皇賞はトウカイトリックから | トップページ | 第311回女神はひと休み »

2007年5月 3日 (木)

第310回幸運、続く

 長い、長い、写真判定に感じたのは、私だけだったかもしれない。
 土曜日の東京10レース石和特別は勝ったモリノミヤコからの3連単1、2着流しの馬券を持っていた。2着のヤナギムシも連下に取っている。3着は12ミュージックホークと10ナスノフィオナの写真判定になったが、私の馬券にミュージックホークはあるが、ナスノフィオナはない。
「大丈夫ですよ。ミュージックホークが残ってますよ」と励まされながら、結果を待つ間がずいぶんと長い。
「いくらつくと思いますか」とN君が聞く。
 配当はあくまで結果であり、もともと単勝以外の予想配当は見ないし、あまり気にもしていない。このときも翌日のスポニチ予想原稿の合間に買っていた馬券のことで、配当は全く見ていなかった。それでも人気薄のモリノミヤコが勝って、さらに人気薄のヤナギムシが2着なら、相当の配当になることはすぐに気がつく。
「100万超えたかな」と答えると
「いや、もっと上」だという。
「え、とすると」
 そんなやりとりをしている間に確定がでて、ミュージックホークがハナ差だけ残っていた。確定した3連単の配当は191万7330円。もちろん100円しか買っていないが、今年になって初の100万超馬券、自己ベストも更新した高配当にひたすら感謝、感謝、感謝の気分。
 このところ、不思議と幸運が続く。

 今週はNHKマイルカップ。
 03年を除けば前走指数の高いABCD馬が10年の内9年で連対している。成長過程にある3歳馬のG1だけに当然といえる傾向だろう。

(NHKマイルC)
       1着        2着        3着
97年    AXd   B     -
98年    B a   -     C c
99年    -     B a   -
00年      c   CY    AYc
01年    AYa   -     D
02年    D z    Zd   BXa
03年    -     -     Cd
04年     Xa   BY    AYd
05年        AXa   B b   CXb
06年    -     D a   -
(スローペース調整-10/0)

 今年の前走指数は、A馬ローレルゲレイロを筆頭に、アサクサキングス、マイネルシーガル、ダノンムローなどが上位だ。
 過去の勝ち馬の多くは1200から2000メートルの距離で、上がり指数が5以上のレベルにある。この条件を満たさなかったのは03年のウインクリューガーと06年のロジックだけだが、その2頭の上がり指数もわずかに足りないだけで、一定のレベルは確保しており、あわせてマイルでの上がり指数も高いことが特徴だった。
 今年の有力馬にその条件を当てはめてみると、ローレルゲレイロ、マイネルシーガル、ダノンムローが浮上するが、距離適性を考えるとローレルゲレイロの上がりの脚がマイルに向いているようだ。

 京都の3歳重賞・京都新聞杯は2200メートル戦だけにスローペースが基本。その分ランク外の馬も多く連対しているが、連対馬の多くは2200前後の距離で上がり指数が+10以上あり、ポイントは上がりの脚の鋭さだ。

(京都新聞杯)1着        2着        3着
02年    DZ    -     -
03年    A c   -     -
04年     Z    CYa   -
05年      -       d      AXa
06年     Yd    Xa   A c
(スローペース調整-15/-5)

 今年、2200メートル前後の距離で、上がりの脚があるのはスズカコーズウェイ、ウィルビーキング、フェルヴィード、フェザーケープなど。少し上がり指数のレベルを下げるとローズプレステージ、タスカータソルテ、サンライズベガなども上がってくる。
 極端なスローペースもあると想定すると、ウィルビーキング、クレスコワールド、タスカータソルテの切れる脚に注意がいる。

 新潟大賞典は平均指数の上位馬の連対率が高い。その点ではシルクネクサス、トウカイワイルド、ニホンピロキース、ブライトトゥモロー、トウショウパワーズが有力馬。新潟の2000メートル戦は差し馬や追い込み馬が活躍することが多く、ダンスインザモア、トウカイワイルド、マイネルレコルトに流れは向きそう。ただ、例年トップハンデ馬が苦戦するレースで波乱もありそう。とすると逃げるヨイチサウス、先行力のあるニホンピロキースが波乱の立役者か。

(新潟大賞典)1着        2着        3着
02年    D c    Ya    Xb
03年     Xb   -       d
04年    A b   B     -
05年      A c    Xa      B
06年    -     CYb   -

|

« 第309回天皇賞はトウカイトリックから | トップページ | 第311回女神はひと休み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/14939603

この記事へのトラックバック一覧です: 第310回幸運、続く:

« 第309回天皇賞はトウカイトリックから | トップページ | 第311回女神はひと休み »