« 第311回女神はひと休み | トップページ | 第313回ダービーはフサイチに »

2007年5月17日 (木)

第312回オークスはカタマチボタン

 先週、土曜日はまずまずだったものの、日曜日は最悪だった。特に東京は10、11、12と3レース連続の100万超馬券で、唖然とするばかり。こんな日もあると、そうそうに風呂に入って、後は野球中継観戦。

 波乱の続く春のG1戦線だが、今週のオークスこそはダイワスカーレットで堅く収まるのだろうと思っていたら、感冒のために突然の出走回避になってしまった。ウオッカもダービーに向かうようで、結局、今年は桜花賞の1、2着馬が不在のオークスになってしまった。このレースも荒れるのだろうか。
 オークスの過去のデータを見ると、指数上は前走指数の高い馬が中心だが、ランク外の馬も10年で8頭も連対している。初めての2400メートル戦だけに、スローペースになりがちで、近走スローペースで脚を使ってきた馬たちが台頭するからなのだろう。

(オークス) 1着    2着    3着
97年    BYb    -      d
98年     -    B     A b
99年    D     B     A a
00年    B b   A      -
01年     -     Y    C a
02年     -     -    C b
03年    A b    -     -
04年     Zd   DXa    Z
05年    A a   BXb    Xc
06年     -     -    D
(スローペース調整-20/-10)

 今年の前走指数上位は大波乱のNHKマイルを勝ったピンクカメオがA馬、桜花賞3着カタマチボタン、桜花賞4着ローブデコルテがB馬、忘れな草1着のザレマがDというランクだ。
 オークスはどの馬にとっても初の長距離戦で、桜花賞の1600からいきなり2400に距離が伸びて、とまどいは隠せない。当然というか、オークスはスローペースが基本で、ペースの対応力と上がりの脚が求められることになる。今年はアマノチェリーランが逃げそうだが、スローペースに変わりはないだろう。
 過去のデータを見ても勝ち馬の条件は、何よりも上がりの脚があること。今年のメンバーなら、スローペースではザレマ、カタマチボタン、ラブカーナ、ハロースピード、ミンティエアー、超スローペースならローブデコルテ、ベッラレイア、レインダンスが上がってくる。
 東京の芝コースは今週からCコースに替わる。内ラチも痛みが少なく、先行馬に有利な馬場状態だといえそう。馬場の内外に差がない分、先週のように外に回すとかなりのコースロスになり、追い込み一辺倒で届くかどうか。後方一気の脚があるとはいえローブデコルテ、ベッラレイアには好材料とはいえないだろう。
 想定されるスローペースを先行馬に有利な流れとして考えると、コースも展開も、先行力もあるカタマチボタンに向くのではないかと思っている。逆転候補はローブデコルテ。他ではザレマ、トウカイオスカー、レインダンス、ピンクカメオなどが気になるところ。

 東海Sはダートの重賞。例年、前走指数の上位馬が強い。今年はキクノアロー、サカラート、シャーベットトーン、メイショウトウコンが中心になりそう。
 ダートの瞬発力ではキクノアロー、メイショウトウコンが上位だが、勢いでのある4歳馬キクノアローを連軸に取りたい。

(東海S)  1着    2着    3着
00年    BXb   AYc     d
01年    BYb   C c    -
02年    AXa    -     -
03年    地     AYb   B c
04年     -    AYa   D
05年     -    DYc   BXa
06年    D      -     -

|

« 第311回女神はひと休み | トップページ | 第313回ダービーはフサイチに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/15104291

この記事へのトラックバック一覧です: 第312回オークスはカタマチボタン:

« 第311回女神はひと休み | トップページ | 第313回ダービーはフサイチに »