« 第312回オークスはカタマチボタン | トップページ | 第314回安田記念は平均指数上位馬から »

2007年5月24日 (木)

第313回ダービーはフサイチに

  ついこの前、有馬記念が終わったと思ったら、いつの間にやら、ダービーです。競馬の予想を仕事とする以上、有馬記念とダービーだけはなんとしても当てたいと思うレースでずが、さてさて、神様が振り向き、ほほえんでくれるでしょうか。
 
 過去10年、ダービーは前走指数の高い2頭、A、B馬が8年で連対し、強さを発揮している。さらにABC馬3頭に手を広げると9年で連対し、X馬を加えると10年すべての年で連対する。ランク外の馬が1、2着を占めることはないから、連軸はランク馬、なかでも前走指数の高い上位3頭ABC馬か、X馬から取るのが良さそうだ。

(ダービー) 1着        2着        3着
97年    B     D c   DX
98年    CXa   -     -
99年      a   A     A c
00年    -     AXc     a
01年    BYb   A d   -
02年     Xa   -      -
03年    A     D     -
04年    BZb   -     D
05年    A a   C b   B
06年    A      X    B a
(スローペース調整-15/-5)

 今年の指数ランク上位は皐月賞の上位馬ヴィクトリー、サンツェッペリン、フサイチホウオーが横並びのA馬。X馬は牝馬のウオッカ、NHKマイルカップ2着のローレルゲレイロ。他ではアドマイヤオーラ、アサクサキングスのランクが上位だ。
 成長過程にある3歳馬のレースで、最高のレベルが求められるダービーだけに、まず指数上、前走指数が高いこと、もしくは過去にメンバー中最高指数があることが、何よりも有力馬の条件になるのだろう。
 今年は牝馬のウオッカがダービーに参戦して話題になっている。一時期、牡馬をしのぐ指数の高さを示したウオッカだが、その後は指数に伸びがなく、桜花賞も平凡な指数にとどまったまま2着に負けた。一方、牡馬戦線は皐月賞が好レースで指数も90台に乗せており、この牡馬のレベルと比べると、牝馬のウオッカの指数では少し苦しい。負担重量の差があったとしても、またX馬とはいえ、中心には取りにくい。勝機があるとすると、超スローペースでと思うが、このメンバーだとそこまでのスローペースにはならないのではないか。
 上がり指数で見ると連対馬の多くは、先行指数が-15以上のとき上がり指数が+10以上のレベルをクリアする馬が有力だった。昨年こそは3着になってしまったが、他の年はその条件(-15/+10)を満たす馬が必ず連対している。
 今年のメンバーでその条件を満たすランク馬はウオッカ、ローレルゲレイロ、フサイチホウオーの3頭だが、ウオッカは2000メートル以上の距離を走ったことがなく、また、ローレルゲレイロは2000メートル戦で6着に負けており、距離が不安。結局、2000メートル以上の距離実績を考えるとフサイチホウオーが最有力馬に浮上してくる。
 皐月賞では猛然と追い込んだが、ハナ差の3着に負けて、波乱の高配当をプレゼントする格好になった。しかし、1枠のため一旦後方に下げ、4角では外にふくらみそうになりながらも、直線の短い中山コースでハナ差にまで迫ったことは高く評価をしたい。東京コースなら巻き返しは十分だろう。

 目黒記念はいかにもハンデ戦らしく、ランク馬は大苦戦。3着までならXYZ馬が7年で絡んでくるが、それも当てにはならない。特にここ5年は波乱の連続だ。思い切って3歳馬ココナッツパンチからでも買ってみようかと思っている。

(目黒記念) 1着      2着       3着
97年     -     Zb     Xa
98年    AY     Y       d
99年    AYb     d    -
00年     Zb    -      Xa
01年     Zb   A a    -
02年    -     -       B
03年      c   -       Xa
04年    -     -       Ya
05年    -     -      A a
06年    D     B a    -

 中京・金鯱賞はランク馬が強い。XYZも強いが、特に平均ランクの上位馬の連対率が高く、10年すべての年で連対している。今年はスウィフトカレント、ローゼンクロイツ、アサカディフィート、シルクネクサスが平均指数の上位だ。
 金鯱賞はペースが厳しいレースになりがちで、先行指数が問われることが多い。順調さも含めて考えると平均指数でb馬のローゼンクロイツ、ランク外だが先行力が生きそうなインティライミに期待したい。

(金鯱賞)  1着        2着        3着
97年    CYb   -     DZa
98年    AXd   -     D
99年    DZc   -     AXa
00年    A c   D     C d
01年    -       c   A
02年    AZb   AXa   -
03年    CXa    Zb   -
04年    DXa     d   -
05年    AXa   B b    Yc
06年    DZ    AYa   C c

|

« 第312回オークスはカタマチボタン | トップページ | 第314回安田記念は平均指数上位馬から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/15187244

この記事へのトラックバック一覧です: 第313回ダービーはフサイチに:

« 第312回オークスはカタマチボタン | トップページ | 第314回安田記念は平均指数上位馬から »