« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

第314回安田記念は平均指数上位馬から

 ダービーは結局、スピード指数のランク馬同士の決着で215万馬券。
 「西田さんも取ったんじゃないかと思って・・・」と電話をくれた人もいたが、あいにく、私はアサクサキングスを連下に押さえていたものの、フサイチホウオーがらみの馬券しか買ってなくて、ダービーは残念な結果だった。
 それにしてもヴィクトリーが出遅れたとはいえ、あれほどのスローペースになるとは想像しなかった。超スローペースの上がり勝負なら、距離適性も問われることはないし、上がりの鋭さならウオッカだったということなのだろう。

 今週は安田記念。
 過去10年のデータでは、アドマイヤコジーンの勝った02年を除いて、9年間で平均指数上位のabc馬が連対している。ペースのゆるみがないマイル戦だけに、底力の指標というべき平均指数がモノをいうのだろうか。

(安田記念) 1着        2着        3着
97年    AXa    Yb   D
98年    AYa   外     -
99年    -     CXc    Z
00年    外     C b外   Yb
01年    AYb   -      Z
02年    -     -      B
03年      c   -     BXa
04年      a   AXa    Zd
05年    C c   -     外
06年    C外     Zb   外

 今年のメンバーで平均指数の上位はスズカフェニックス、マイネルスケルツィ、エイシンドーバー、ダイワメジャー。過去のデータからはこの4頭が有力だが、コンゴウリキシオー、オレハマッテルゼ、サクラメガワンダー、シンボリエスケープ、エアシェイディなども指数上は上位にランクされる馬たちだ。
 平均指数上位馬が強いということは、平均ペース以上での上がりの脚が問われることにつながる。実際、過去の連対馬の多くは、先行指数が0以上のレースでプラスの上がりの脚を示してきた馬たちで、この条件で絞り込むと平均指数上位馬の中でマイネルスケルツィ、エイシンドーバー、ダイワメジャーが浮上してくる。
 ダービーは超スローペースが波乱の要因になったが、安田記念もその危険がないわけではない。コンゴウリキシオーの逃げならスローペースはあり得ないが、香港馬エイブルワンが逃げるならスローペースはさけられない。エイブルワンが安田記念を勝つと100万ドルのボーナスを手にできるだけに、どうしても勝ちたいし、当然そういうレースをしてくるだろう。とすると超スローペースはかなり現実的な流れ。ダービーのような波乱もあるのではないかと思っている。当然、瞬発力のある先行馬有利の展開になりそうで、コンゴウリキシオー、スズカフェニックス、エイシンドーバー、シンボリエスケープに向くのではないか。今のところはエイシンドーバーの瞬発力を上位に評価したいと思っている。

 ユニコーンSは6月開催になった01年以降のデータを取った。01年を除くと過去5年でXYZ馬とabcd馬が連対している。
 今年はフェラーリピサ、フォーミュラーワン、ロードクルーザーがXYZ馬で、平均指数ではドラゴンファイヤー、ロングプライド、ステラパラダイス、コマンドールクロスが上位だ。
 ランク馬の中でも特に、XYZのランクがついた馬に平均指数の高いランクが合わさった複合ランク馬が強く、そのデータからはフェラーリピサが最有力馬。ダートを2勝して芝のスプリングSと皐月賞に挑戦したが、結果的に芝ではいいところがなかったが、前走は園田のダート重賞を圧勝してダートは3戦3勝。明らかに芝より適性が高い。
 ただ、出走予定馬の指数はそこそこレベルが高く混戦。ダートで目下3連勝中のロングプライド、さらに前走高指数で勝ったドラゴンファイヤーなどを筆頭に、どのランク馬にもチャンスはありそう。

(ユニコーンS)
       1着        2着        3着
01年    -     芝     -
02年    公     AXa    Yb
03年    Yd    B b    芝
04年    Zd    芝     D d
05年    AXa    Y    B b
06年    D      Yc   CZ
(スローペース調整-15/-5)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

第313回ダービーはフサイチに

  ついこの前、有馬記念が終わったと思ったら、いつの間にやら、ダービーです。競馬の予想を仕事とする以上、有馬記念とダービーだけはなんとしても当てたいと思うレースでずが、さてさて、神様が振り向き、ほほえんでくれるでしょうか。
 
 過去10年、ダービーは前走指数の高い2頭、A、B馬が8年で連対し、強さを発揮している。さらにABC馬3頭に手を広げると9年で連対し、X馬を加えると10年すべての年で連対する。ランク外の馬が1、2着を占めることはないから、連軸はランク馬、なかでも前走指数の高い上位3頭ABC馬か、X馬から取るのが良さそうだ。

(ダービー) 1着        2着        3着
97年    B     D c   DX
98年    CXa   -     -
99年      a   A     A c
00年    -     AXc     a
01年    BYb   A d   -
02年     Xa   -      -
03年    A     D     -
04年    BZb   -     D
05年    A a   C b   B
06年    A      X    B a
(スローペース調整-15/-5)

 今年の指数ランク上位は皐月賞の上位馬ヴィクトリー、サンツェッペリン、フサイチホウオーが横並びのA馬。X馬は牝馬のウオッカ、NHKマイルカップ2着のローレルゲレイロ。他ではアドマイヤオーラ、アサクサキングスのランクが上位だ。
 成長過程にある3歳馬のレースで、最高のレベルが求められるダービーだけに、まず指数上、前走指数が高いこと、もしくは過去にメンバー中最高指数があることが、何よりも有力馬の条件になるのだろう。
 今年は牝馬のウオッカがダービーに参戦して話題になっている。一時期、牡馬をしのぐ指数の高さを示したウオッカだが、その後は指数に伸びがなく、桜花賞も平凡な指数にとどまったまま2着に負けた。一方、牡馬戦線は皐月賞が好レースで指数も90台に乗せており、この牡馬のレベルと比べると、牝馬のウオッカの指数では少し苦しい。負担重量の差があったとしても、またX馬とはいえ、中心には取りにくい。勝機があるとすると、超スローペースでと思うが、このメンバーだとそこまでのスローペースにはならないのではないか。
 上がり指数で見ると連対馬の多くは、先行指数が-15以上のとき上がり指数が+10以上のレベルをクリアする馬が有力だった。昨年こそは3着になってしまったが、他の年はその条件(-15/+10)を満たす馬が必ず連対している。
 今年のメンバーでその条件を満たすランク馬はウオッカ、ローレルゲレイロ、フサイチホウオーの3頭だが、ウオッカは2000メートル以上の距離を走ったことがなく、また、ローレルゲレイロは2000メートル戦で6着に負けており、距離が不安。結局、2000メートル以上の距離実績を考えるとフサイチホウオーが最有力馬に浮上してくる。
 皐月賞では猛然と追い込んだが、ハナ差の3着に負けて、波乱の高配当をプレゼントする格好になった。しかし、1枠のため一旦後方に下げ、4角では外にふくらみそうになりながらも、直線の短い中山コースでハナ差にまで迫ったことは高く評価をしたい。東京コースなら巻き返しは十分だろう。

 目黒記念はいかにもハンデ戦らしく、ランク馬は大苦戦。3着までならXYZ馬が7年で絡んでくるが、それも当てにはならない。特にここ5年は波乱の連続だ。思い切って3歳馬ココナッツパンチからでも買ってみようかと思っている。

(目黒記念) 1着      2着       3着
97年     -     Zb     Xa
98年    AY     Y       d
99年    AYb     d    -
00年     Zb    -      Xa
01年     Zb   A a    -
02年    -     -       B
03年      c   -       Xa
04年    -     -       Ya
05年    -     -      A a
06年    D     B a    -

 中京・金鯱賞はランク馬が強い。XYZも強いが、特に平均ランクの上位馬の連対率が高く、10年すべての年で連対している。今年はスウィフトカレント、ローゼンクロイツ、アサカディフィート、シルクネクサスが平均指数の上位だ。
 金鯱賞はペースが厳しいレースになりがちで、先行指数が問われることが多い。順調さも含めて考えると平均指数でb馬のローゼンクロイツ、ランク外だが先行力が生きそうなインティライミに期待したい。

(金鯱賞)  1着        2着        3着
97年    CYb   -     DZa
98年    AXd   -     D
99年    DZc   -     AXa
00年    A c   D     C d
01年    -       c   A
02年    AZb   AXa   -
03年    CXa    Zb   -
04年    DXa     d   -
05年    AXa   B b    Yc
06年    DZ    AYa   C c

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

第312回オークスはカタマチボタン

 先週、土曜日はまずまずだったものの、日曜日は最悪だった。特に東京は10、11、12と3レース連続の100万超馬券で、唖然とするばかり。こんな日もあると、そうそうに風呂に入って、後は野球中継観戦。

 波乱の続く春のG1戦線だが、今週のオークスこそはダイワスカーレットで堅く収まるのだろうと思っていたら、感冒のために突然の出走回避になってしまった。ウオッカもダービーに向かうようで、結局、今年は桜花賞の1、2着馬が不在のオークスになってしまった。このレースも荒れるのだろうか。
 オークスの過去のデータを見ると、指数上は前走指数の高い馬が中心だが、ランク外の馬も10年で8頭も連対している。初めての2400メートル戦だけに、スローペースになりがちで、近走スローペースで脚を使ってきた馬たちが台頭するからなのだろう。

(オークス) 1着    2着    3着
97年    BYb    -      d
98年     -    B     A b
99年    D     B     A a
00年    B b   A      -
01年     -     Y    C a
02年     -     -    C b
03年    A b    -     -
04年     Zd   DXa    Z
05年    A a   BXb    Xc
06年     -     -    D
(スローペース調整-20/-10)

 今年の前走指数上位は大波乱のNHKマイルを勝ったピンクカメオがA馬、桜花賞3着カタマチボタン、桜花賞4着ローブデコルテがB馬、忘れな草1着のザレマがDというランクだ。
 オークスはどの馬にとっても初の長距離戦で、桜花賞の1600からいきなり2400に距離が伸びて、とまどいは隠せない。当然というか、オークスはスローペースが基本で、ペースの対応力と上がりの脚が求められることになる。今年はアマノチェリーランが逃げそうだが、スローペースに変わりはないだろう。
 過去のデータを見ても勝ち馬の条件は、何よりも上がりの脚があること。今年のメンバーなら、スローペースではザレマ、カタマチボタン、ラブカーナ、ハロースピード、ミンティエアー、超スローペースならローブデコルテ、ベッラレイア、レインダンスが上がってくる。
 東京の芝コースは今週からCコースに替わる。内ラチも痛みが少なく、先行馬に有利な馬場状態だといえそう。馬場の内外に差がない分、先週のように外に回すとかなりのコースロスになり、追い込み一辺倒で届くかどうか。後方一気の脚があるとはいえローブデコルテ、ベッラレイアには好材料とはいえないだろう。
 想定されるスローペースを先行馬に有利な流れとして考えると、コースも展開も、先行力もあるカタマチボタンに向くのではないかと思っている。逆転候補はローブデコルテ。他ではザレマ、トウカイオスカー、レインダンス、ピンクカメオなどが気になるところ。

 東海Sはダートの重賞。例年、前走指数の上位馬が強い。今年はキクノアロー、サカラート、シャーベットトーン、メイショウトウコンが中心になりそう。
 ダートの瞬発力ではキクノアロー、メイショウトウコンが上位だが、勢いでのある4歳馬キクノアローを連軸に取りたい。

(東海S)  1着    2着    3着
00年    BXb   AYc     d
01年    BYb   C c    -
02年    AXa    -     -
03年    地     AYb   B c
04年     -    AYa   D
05年     -    DYc   BXa
06年    D      -     -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

第311回女神はひと休み

 先週のNHKマイルカップは、軸馬にローレルゲレイロを取って、3連単1、2着流しの馬券を買った。紛れもありそうな気がして、連下は手広く10頭をピックアップした。
 ゴール前、ローレルゲレイロが抜け出して「よし」と思った一瞬があったが、外から一気にピンクカメオが追い込んできて、ご承知の通りの大波乱、973万馬券になった。私の馬券には2、3、4着はあるものの、あいにく勝ったピンクカメオだけがなかった。
 先週は、土、日の2日間、ほとんどのレースの馬券を買い続けて、2万2600円のプラス。幸運の女神たちはゴールデンウィークで休みだったらしい。

(ヴィクトリアマイル)

       1着        2着        3着
06年     Xd   B c     d

 昨年から始まったG1ヴィクトリアマイルは牝馬限定のマイル戦。第1回の昨年はダンスインザムード(Xd)が勝ち、エアメサイア(Bc)が2着、3着がディアデラノビア(d)だった。結局2、3、4番人気の順で入線したが、1番人気のラインクラフト(AYb)は9着だった。
 マイルのレースだけに、平均指数の上位馬が有力のはずで、今年のメンバーでは、コスモマーベラス、ディアデラノビア、カワカミプリンセス、スイープトウショウなどが平均指数上位馬たち。ただ、それ以下の馬たちも指数上の差は1から2程度の差しかなく、指数上は大混戦だ。
 牝馬限定戦は上がり勝負になりやすく、マイルの瞬発力が鋭いスイープトウショウ、アドマイヤキッス、フサイチパンドラ、ディアデラノビア、キストゥヘヴンに展開は向きそうだが、他ではカワカミプリンセスも切れる脚がある。
 実力からは、エリザベス女王杯は降着に泣いたが、実質的に負け知らずのカワカミプリンセスと、現役牝馬ナンバーワン・スイープトウショウの戦い。ただしカワカミプリンセスは休み明けが課題で、順当にスイープトウショウを軸に取るべきだろう。

(京王杯スプリングC)

       1着        2着        3着
97年    AXa   B     -
98年    AXa   CZd   B
99年    BXa   -     AZb
00年    -      Xa   D
01年    DZd   D      Xa
02年    -     -      A
03年    -     A      Yb
04年      d    Xb   外
05年          b   -      Xa
06年    C c    Xb   BYa

 京王杯スプリングCも過去10年の内8年で連対する平均指数上位馬が強い。今年はプリサイスマシーン、マイネルスケルツィ、エイシンドーバー、アポロノサトリが平均指数上位。過去の連対馬は-5以上の先行指数がありかつ、上がりの脚が+0以上の馬たちだった。その条件に当てはまるのは、プリサイスマシーン、マイネルスケルツィ、エイシンドーバー、ピカレスクコートの4頭。また、このレースは芝の1400メートル戦だが、前走1600戦を使ってきた馬たちが有力のようで、マイルの実績で上位の4歳馬マイネルスケルツィに期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

第310回幸運、続く

 長い、長い、写真判定に感じたのは、私だけだったかもしれない。
 土曜日の東京10レース石和特別は勝ったモリノミヤコからの3連単1、2着流しの馬券を持っていた。2着のヤナギムシも連下に取っている。3着は12ミュージックホークと10ナスノフィオナの写真判定になったが、私の馬券にミュージックホークはあるが、ナスノフィオナはない。
「大丈夫ですよ。ミュージックホークが残ってますよ」と励まされながら、結果を待つ間がずいぶんと長い。
「いくらつくと思いますか」とN君が聞く。
 配当はあくまで結果であり、もともと単勝以外の予想配当は見ないし、あまり気にもしていない。このときも翌日のスポニチ予想原稿の合間に買っていた馬券のことで、配当は全く見ていなかった。それでも人気薄のモリノミヤコが勝って、さらに人気薄のヤナギムシが2着なら、相当の配当になることはすぐに気がつく。
「100万超えたかな」と答えると
「いや、もっと上」だという。
「え、とすると」
 そんなやりとりをしている間に確定がでて、ミュージックホークがハナ差だけ残っていた。確定した3連単の配当は191万7330円。もちろん100円しか買っていないが、今年になって初の100万超馬券、自己ベストも更新した高配当にひたすら感謝、感謝、感謝の気分。
 このところ、不思議と幸運が続く。

 今週はNHKマイルカップ。
 03年を除けば前走指数の高いABCD馬が10年の内9年で連対している。成長過程にある3歳馬のG1だけに当然といえる傾向だろう。

(NHKマイルC)
       1着        2着        3着
97年    AXd   B     -
98年    B a   -     C c
99年    -     B a   -
00年      c   CY    AYc
01年    AYa   -     D
02年    D z    Zd   BXa
03年    -     -     Cd
04年     Xa   BY    AYd
05年        AXa   B b   CXb
06年    -     D a   -
(スローペース調整-10/0)

 今年の前走指数は、A馬ローレルゲレイロを筆頭に、アサクサキングス、マイネルシーガル、ダノンムローなどが上位だ。
 過去の勝ち馬の多くは1200から2000メートルの距離で、上がり指数が5以上のレベルにある。この条件を満たさなかったのは03年のウインクリューガーと06年のロジックだけだが、その2頭の上がり指数もわずかに足りないだけで、一定のレベルは確保しており、あわせてマイルでの上がり指数も高いことが特徴だった。
 今年の有力馬にその条件を当てはめてみると、ローレルゲレイロ、マイネルシーガル、ダノンムローが浮上するが、距離適性を考えるとローレルゲレイロの上がりの脚がマイルに向いているようだ。

 京都の3歳重賞・京都新聞杯は2200メートル戦だけにスローペースが基本。その分ランク外の馬も多く連対しているが、連対馬の多くは2200前後の距離で上がり指数が+10以上あり、ポイントは上がりの脚の鋭さだ。

(京都新聞杯)1着        2着        3着
02年    DZ    -     -
03年    A c   -     -
04年     Z    CYa   -
05年      -       d      AXa
06年     Yd    Xa   A c
(スローペース調整-15/-5)

 今年、2200メートル前後の距離で、上がりの脚があるのはスズカコーズウェイ、ウィルビーキング、フェルヴィード、フェザーケープなど。少し上がり指数のレベルを下げるとローズプレステージ、タスカータソルテ、サンライズベガなども上がってくる。
 極端なスローペースもあると想定すると、ウィルビーキング、クレスコワールド、タスカータソルテの切れる脚に注意がいる。

 新潟大賞典は平均指数の上位馬の連対率が高い。その点ではシルクネクサス、トウカイワイルド、ニホンピロキース、ブライトトゥモロー、トウショウパワーズが有力馬。新潟の2000メートル戦は差し馬や追い込み馬が活躍することが多く、ダンスインザモア、トウカイワイルド、マイネルレコルトに流れは向きそう。ただ、例年トップハンデ馬が苦戦するレースで波乱もありそう。とすると逃げるヨイチサウス、先行力のあるニホンピロキースが波乱の立役者か。

(新潟大賞典)1着        2着        3着
02年    D c    Ya    Xb
03年     Xb   -       d
04年    A b   B     -
05年      A c    Xa      B
06年    -     CYb   -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »