« 第317回ランク馬が強い宝塚記念 | トップページ | 第319回 七夕賞 »

2007年6月28日 (木)

第318回 死力を尽くして

 関西の知人が宝塚記念に誘ってくれたので、先週の土曜日の夜、仕事を終えてから仲間の3人で大阪に向かった。
 今年の宝塚記念はG1馬が8頭、ウオッカなど話題の馬たちもそろって、しかもフルゲートの18頭なら、面白くないわけがない。私はメイショウサムソンを1、2着にして3連単の流し馬券を買った。
 朝からの大雨で渋った馬場が気になったが、ローエングリンの大逃げでペースが上がって、直線ではどの馬も余力のないレースになった。その中でのアドマイヤムーンとメイショウサムソンの直線の叩き合いは、人馬とも「死力を尽くして」という形容がふさわしいと思うほど見応えがあった。個人的にはメイショウサムソンからの1着流し馬券を多めに持っていたから、メイショウサムソンに勝ってほしかったが、馬券を抜きにしても、私の心に残る好レースだった。
 競馬は面白い。願わくば、いつでも、どんなレースでも、こういう競馬を見たい。

 今週の重賞はラジオNIKKEI賞と函館スプリントS。
 昨年からラジオNIKKEI賞は別定戦からハンデ戦に条件が変わって、ランク馬の傾向の比較がしにくく、見送り。函館スプリントSを取り上げた。

(函館スプリントS)
       1着       2着      3着
97年    AYa   -     -
98年    AXa   CYc   C
99年     Yc   A d   -
00年    -     CZc   -
01年    B     BZ    A c
02年    B d   D y     d
03年     Xc   B b   -
04年    A b   -      X
05年    A     BZb   -
06年    -     A     DZ

 データを見ての通り、前走指数の上位馬ABC馬が10年間、毎年連対している。函館の芝1200戦はハイペースが基本で、息ができていなければレースにならないからなのだろうか。実際、過去の連対馬も先行指数の上位馬が多く、軸馬に取るなら先行指数+5が条件だといえそう。
 今年の前走指数上位はアグネスラズベリ、ブラックバースピン、アドマイヤホクトの3頭。それに続くのがタマモホットプレイ、ブルーショットガン、リキアイタイカン。
 過去の連対馬の多くは、前走、高松宮記念、CBC賞、テレビ愛知オープンなど、中京1200戦を使っており、そのレースでまずまずのレースをしていることがポイントだ。中京1200の特徴はペースが厳しくなることで、同じようなペースが生きるのが、函館1200なのかもしれない。
 今期、中京1200戦で評価できるレース内容だったのは、CBC賞を快勝したブラックバースピンだろう。出負けして後方からの追走になったが、荒れた内ラチを通って上がっていき、4角で外に持ち出し先頭に立つとそのまま押し切ってしまった。4歳馬としての成長の勢いもあり、十分に評価できるレースだ。同じくCBC賞3着のアグネスラズベリと、前走あわない距離に大敗したとはいえ高松宮記念4着のビーナスラインも捨てがたい。アグネスラズベリとビーナスラインはともに牝馬だが、函館スプリントSでの牝馬は目下4連勝中で、2頭にとっては好材料だ。

|

« 第317回ランク馬が強い宝塚記念 | トップページ | 第319回 七夕賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/15585313

この記事へのトラックバック一覧です: 第318回 死力を尽くして:

« 第317回ランク馬が強い宝塚記念 | トップページ | 第319回 七夕賞 »