« 第321回苦戦の函館記念 | トップページ | 第323回難しい関屋記念 »

2007年7月26日 (木)

第322回小倉記念はランク馬で

 小倉記念は2000年からハンデ戦に変わった。ハンデ戦になると指数上位馬が苦戦することも多くなるものだが、こと小倉記念に限っては、過去10年間、ランク馬が勝ち続けている。XYZ馬とabc馬が毎年連対を果たし、AB馬も8年で連対して、圧倒的にランク馬が強い傾向に変わりはなかった。また3着馬も指数上位馬が多く、昨年もランク馬の組み合わせで3連単は100万超馬券になった。

(小倉記念) 1着    2着    3着
97年別   AYa   -     B d
98年別   BZa    Z    A
99年別   AXb   -     B
-----------------------
00年H   AZ    BXa     b
01年H    Xa   -     A
02年H   A     BXa     b
03年H    Xa    Zb   A
04年H   AXa   AZd   -
05年H    Xa   A      Zc
06年H   B      Yc   D

 今年のXYZ馬はスウィフトカレント、ヴィータローザ、メイショウカイドウ。他に平均指数、前走指数でピックアップできるのはタガノデンジャラス、ニホンピロキース、ニルヴァーナなどだ。 勝ち馬の先行指数と上がり指数は(0/5)が標準的で、連対馬の多くはこのレベルをクリアしている。過去のレースを見ても、基本的に極端なスローペースはないし、平均ペースでも差し脚を伸ばせるかどうかが問われるレースらしい。 平均ペースでの差し脚の上位なら、タガノデンジャラス、ヴィータローザ、ソリッドプラチナム、ニホンピロキース、サンレイジャスパー、ニルヴァーナなどがあげられる。 近走の調子も合わせて考えると、連軸はヴィータローザ、ニホンピロキース、ニルヴァーナなどが有力だろう。小倉巧者メイショウカイドウは1年ぶりのレースで、ここは評価を下げた。

|

« 第321回苦戦の函館記念 | トップページ | 第323回難しい関屋記念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/15907769

この記事へのトラックバック一覧です: 第322回小倉記念はランク馬で:

« 第321回苦戦の函館記念 | トップページ | 第323回難しい関屋記念 »