« 第329回フサイチホウオーの巻き返しは | トップページ | 第331回指数上位馬が強い毎日王冠、京都大賞典 »

2007年9月27日 (木)

第330回競馬もクライマックスはこれから

 プロ野球は最後の戦いが続く。今週は友人と2日続けて東京ドームに出かけたが、声援むなしくドラゴンズは負けた。でも、まだまだ、自力でのシーズン優勝の可能性が消えたわけではない。今年からクライマックスシリーズでの巻き返しもある。とりあえず、残り7戦全勝をめざして、がんばれ。
 それにしても今年は巨人、中日、阪神が最後まで競り合って、まれに見る面白いシーズンになった。差のないライバルがいて、お互いにしのぎを削る真剣な戦いであればこそ、ファンとして応援のしがいもあるというものだ。きのうの東京ドームは立ち見客で通路があふれるような大入りで、大声援のなかのゲームはやはり楽しい。

 野球ほどは盛り上がらないかもしれないが、クライマックスの有馬記念に向けて、競馬もそろそろシーズン。
 今週からはG1第1弾スプリンターズSが始まる。
 秋開催に変わった2000年以降のランク馬の連対率をみると、過去7年、前走指数のもっとも高いA、B馬が毎年連対している。全体としてもランク馬が強い傾向にある。
 今年の前走指数の上位はAサンアディユ、BYbペールギュント、Cアイルラヴァゲイン、DXaスズカフェニックス、Dコイウタなど。
 また、1番人気馬も7年の内、5年間で連対しているが、ともに先行馬で、中段より後ろで追い込みに懸けた1番人気馬(01年ゼンノエルシド、04年サニングデール)は苦戦している。03年から3年連続後方一気の脚で連対したデュランダルを除けば、先行馬が直線粘るパターンがこのレースの特徴で、連軸は先行馬から取った方がよいだろう。ただ、なんでもかんでも先行馬というわけではなく、先行して粘った馬たちの近走のレースを見ると、たいていは瞬発力がある馬たちだ。先行馬で近走に切れる瞬発力があるのはサンアディユを筆頭にペールギュント、アイルラヴァゲインなどで、過去のランク馬の傾向に加え、夏を使ってきた順調さも含めて考えると、サンアディユ、アイルラヴァゲインが有力に見える。

(スプリンターズS)
        1着     2着     3着
00年     -      AXb    AZa
01年      Yb    AZd    BXa
02年(新潟) A      B       Xa
03年     -      A a      d
04年     A      BXa    外
05年     B b    AYa    -
06年     B b    -      -

 札幌2歳Sは、過去10年のうち9年で連対している前走指数の上位ABC馬が有力。今年はメジロガストン、ネオスピリッツ、カレイジャスミン、オリエンタルロックなどの前走指数が高い。加えて、前走スローペースのレースで水準以上の上がりの脚を発揮して勝ったヤマカツオーキッド、ウイントリガー、サブジェクトなども有力だろう。

(札幌2歳S)1着    2着    3着
97年    C     CXb   -
98年     Yc   BX    C b
99年    -     -     AXa
00年    B     CXb   A a
01年    A a   -     C
02年    D     AYa   C d
03年      d   C a   BZ
04年    A d   -     -
05年    B a    X    AYb
06年    AYc   -     B a
(スローペース調整-20/-10)

 ダートの重賞・シリウスSは、今年から2000メートルに変更になって、過去の傾向は参考にならない。
 今年は目下5連勝中のアロンダイドに注目が集まる。ただ昨年の11月ジャパンカップダートを勝って以来のレースで、10カ月の休み明けは気になるところだし、59キロのハンデも楽ではない。ダート2000の距離適性からは伏兵ナリタプレリュード、マイネルボウノット、ワンダースピードにもチャンスが巡ってくるかもしれない。

|

« 第329回フサイチホウオーの巻き返しは | トップページ | 第331回指数上位馬が強い毎日王冠、京都大賞典 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/16591451

この記事へのトラックバック一覧です: 第330回競馬もクライマックスはこれから:

« 第329回フサイチホウオーの巻き返しは | トップページ | 第331回指数上位馬が強い毎日王冠、京都大賞典 »