« 第333回菊花賞は人気馬が中心 | トップページ | 第335回軽ハンデ馬に注意 »

2007年10月25日 (木)

第334回迷いに迷って天皇賞

 秋の天皇賞は平均指数の上位馬の連対率が高い。次いで過去に高指数を示しているXYZ馬、前走指数の上位馬も高率で連対している。秋の天皇賞はスローペースにはなりにくく、その分、指数の高さが重要なポイントになる。
 今年の指数上位馬はメイショウサムソン、アドマイヤムーン、ダイワメジャー、チョウサン、ポップロック、ローゼンクロイツなど。

(天皇賞・秋)1着    2着    3着
97年    C     A     BYc
98年    C      Yb   BZ
99年     Xc   -     B
00年      b   AXa   -
01年     Xc    Xa   BXb
02年中山  -     DYa   -
03年    C     AYb   -
04年     Zd   -     -
05年    B     DXa   -
06年    A d   -     -

 力のある馬たちが揃う天皇賞だけに、厳しいペースを先行しても、能力のある馬は直線でも確実に伸びる脚を使える。それだけに、追い込み一辺倒の馬ではなく、能力の高い先行差し馬を中心にするのがセオリーだろう。
 過去の勝ち馬を調べてみると、10年間すべての勝ち馬が(先行指数5/上がり指数0)のレベルをクリア、2着馬も04年のダンスインザムード以外はすべて同条件を満たしている。このレベルが連対馬の条件になりそうだが、今年はもう少しペースを厳しく(先行指数10/上がり指数0)あたりに取っても良いかもしれない。
 とするとメイショウサムソン、アドマイヤムーン、ダイワメジャー、チョウサン、ポップロックなどの指数上位馬がそろって浮上するが、この5頭はほとんど差がない。
 逃げるシャドウゲイトを2、3番手で追走するダイワメジャーに、中段には差し脚のあるメイショウサムソン、ポップロックが位置する。その後に追い込む脚のあるチョウサン、アドマイヤムーンという隊列だろう。
 どの馬が先頭で坂を駆け上がってくるのか。その馬を差し切る馬がいるのか。差のないメンバーのレースだけに、どの馬にもチャンスがありそうで、どの馬からはいるか迷いに迷っているが、今のところは「先行馬有利」を重視して、有力馬のなかで最も前でレースをするダイワメジャーに期待したいと思っている。

 京都のスワンSは03年以降、ランク馬が勝てない。京都の芝の短距離戦だけに、スタミナよりも軽いスピードが持ち味の馬たちの台頭が多いからだ。その点で考えると、スイープトウショウ、オメガエクスプレス、キングストレイル、ドラゴンウェルズ、スーパーホーネット、サイキョウワールドなどが有力馬として浮上しそう。

(スワンS) 1着    2着    3着
97年      d   C     -
98年     Yd   A d    Yc
99年    AYa    Zc   BXa
00年    A c    Zd   -
01年    BZc   AYb   -
02年    AXa   -     B a
03年    -     A b   -
04年    -     -     -
05年    -     A d   D 
06年    -      Xb   D

 武蔵野Sは距離など条件が変わったこともあって、比較できるデータは03年以降。前走指数の上位馬の連対率が良いが、ランク外の馬も目立つ。ダートの瞬発力でトーセンブライト、ワイルドワンダー、ビッググラス、フィールドルージュ、シーキングザベスト、ユノナゲットなどに注目したい。

(武蔵野S) 1着    2着    3着
03年    -     B     -
04年    A     DZc   -
05年    -     -     BYb 
06年    C d   DXa     d

|

« 第333回菊花賞は人気馬が中心 | トップページ | 第335回軽ハンデ馬に注意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/16871292

この記事へのトラックバック一覧です: 第334回迷いに迷って天皇賞:

« 第333回菊花賞は人気馬が中心 | トップページ | 第335回軽ハンデ馬に注意 »