« 第338回あわただしく | トップページ | 第340回朝日杯はアポロドルチェ »

2007年11月29日 (木)

第339回余力の勝負

 阪神競馬場が馬場改修によって全く新しいコースに生まれ変わった昨年、阪神ジュベナイルFは新設された外回りのコースで行われ、今をときめくウオッカが勝った。
 馬場の形態が全く変わってしまったので、過去の傾向も役に立たないが、一応参考のためと思ってデータを取った。

(阪神ジュベナイルF)
       1着    2着    3着
97年     Yb   -      X
98年      d   -     D b
99年    A      Y    C a
00年    BXa   -      Y
01年     Zd   BYa     d
02年    AYa   -     -
03年    -     -       b
04年    -     C     A a
05年      d   -     -
06年    -     AX    BYa
(スローペース調整は-20/-10)

 この時期の2歳牝馬のレースはスローペースになりがち。騎手も勝てると思えば無理して目一杯追うようなこともしないだろう。そういう意味で阪神ジュベナイルFは余力を持って勝ち上がってきた馬たちのレースであり、指数が低くても見逃せない馬が多い。当然、瞬発力のある馬が、後方から差しきるというレースが続く。昨年から直線の長い外回りコースになって、よりスローペースになりやすく、一層瞬発力が求められるようになるのではないか。
 今年の指数上位馬はオディール、トールポピー、エイムアットビップ、エイシンパンサー、ハートオブクィーンなどだが、指数上位の馬の中ではトールポピーの2走前の上がりの脚がよかった。直線の脚だけならカレイジャスミン、シャランジュ、ニシノガーランド、トラストパープル、ラルケット、エフティマイアなども切れる脚を見せ、有力馬の一角を担いうる馬たちだ。
 逃げるエイムアットビップのペースならスローペースはないはずだが、それでも直線の脚がなければ勝機はないはずで、馬券はオディール、トールポピーを中心に考えたい。

 中山のステイヤーズSは例年、底力のあるXYZ馬と平均abcd馬が中心になってきたレースだ。ただ、長距離戦とはいっても、スローペースでの上がりの脚だけでは連対は難しく、上位に入線するためには(先行指数+5/上がり指数0)以上が求められる。
 今年はアドマイヤモナーク、トウカイトリック、ネヴァブション、エーシンダードマン、メジロトンキニーズなどが有力。

(ステイヤーズS)
       1着    2着    3着
97年    CX    A d     c
98年    -      Ya    Xd
99年    -      Za    Xa
00年    DY    C     AXa
01年    A b   AXa    Yc
02年     Zc   -     DYd
03年    -     -     CYa
04年     Xa    Zc   -
05年    BXa   CZc   A
06年    A b   BXc   C

 中日新聞杯は昨年から芝2000メートルのハンデ戦に条件が変わった。指数ランク馬の結果は以下の通り。

(中日新聞杯)1着    2着    3着
06年      d    Xa   -

|

« 第338回あわただしく | トップページ | 第340回朝日杯はアポロドルチェ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/17225649

この記事へのトラックバック一覧です: 第339回余力の勝負:

« 第338回あわただしく | トップページ | 第340回朝日杯はアポロドルチェ »