« 第346回底力が問われる | トップページ | 第348回クラシック目指して »

2008年1月31日 (木)

第347回今年は荒れる京都牝馬S

 京都牝馬Sは比較的ランク馬が強い。特に平均指数の高いabcd馬が過去10年、毎年連対しており、次いで前走指数の高いABCD馬が有力。1番人気馬が期待に応えられないことが多いが、指数ランク外の馬が勝ったのは2回だけで、連軸はランク馬から選択するのが常道だ。

(京都牝馬S)1着    2着    3着
98年    CX    A b   -
99年    -      Zb   AZ
00年     Xd   D     A c
01年    A b   AY    D
02年     Xa   -     C
03年    A c   -     -
04年    -     D c   DX
05年    D     B c   A b
06年    A b    Z    -    (23着同着)
07年    A a   -      X

 今年はブルーメンブラット、キストゥヘヴン、パーフェクトジョイ、アドマイヤキッスなどが平均指数上位馬。他にソリッドプラチナム、アンブロワーズの前走指数が高い。ただし、指数上は全く差がなく、どの馬が勝ってもおかしくない、混戦のレースだ。
 過去の連対馬は-5以上の先行指数で上がり指数が上位の馬たちだった。この条件からはパーフェクトジョイやコスモマーベラス、アドマイヤキッス、キストゥヘヴン、ソリッドプラチナムが浮上するが、人気になりそうなブルーメンブラットはこのポイントで評価が下がる。1番人気馬が勝てない、という傾向も考えると、ブルーメンブラットからは買いにくい。
 ここはスローペースの上がり勝負だろう。ならば前走1600万条件を勝ったばかりで人気はないが、スローペースに切れる脚で実績を積んできたパーフェクトジョイから狙う手もありそう。

 根岸Sはハイペースのダート短距離戦。先行馬の粘り込みもないわけではないが、上がりの脚が鋭い馬に展開は向くはずで、トウショウギア、シンボリグラン、マイネルスケルツィ、ワイルドワンダーなどが中心になりそう。

(根岸S)  1着    2着    3着
04年    -     -      Xb
05年    A a   DZd   CZ
06年      c   C     B
07年    -     DXc   BZ

 東京新聞杯も指数差がなく難解なレース。開幕週の馬場状態からは先行馬に有利だが、エイシンデピュティ、ローレルゲレイロが直線どこまで粘れるか。ペースの対応力があるカンパニーの方が連軸には向くかもしれない。上がりの脚はカネトシツヨシオー、ハイアーゲーム、サイレントプライド、コイウタなどが上位だ。

(東京新聞杯)1着    2着    3着
04年    -     C     AXb
05年    -     -     B
06年    D      Yb   A a 
97年    AYa    Yd   -

 東京の重賞・根岸Sと東京新聞杯は、馬場改修後04年以降のデータを掲載。

|

« 第346回底力が問われる | トップページ | 第348回クラシック目指して »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/17910635

この記事へのトラックバック一覧です: 第347回今年は荒れる京都牝馬S:

« 第346回底力が問われる | トップページ | 第348回クラシック目指して »