« 第350回ヴァーミリアンに期待 | トップページ | 第352回3歳世代の信頼度 »

2008年2月28日 (木)

第351回春は近い

 雪の影響であわただしく過ぎていった2月の東京、京都開催が終わって、今週から中山と阪神に開催が移る。春は近い。
 中山記念は平均指数上位馬の連対率が高く、前走指数の上位馬も活躍している。
 今年は平均指数の上位馬カンパニー、アサカディフィート、コンゴウリキシオー、チョウサンに加え、前走指数でエイシンドーバーも有力馬の1頭にあげられそうだ。

(中山記念) 1着    2着    3着
98年    AYc   BXa   C d
99年    BZb   DXc   -
00年     Xa   DY    D
01年    C a   A     DZa
02年    D     -      Zc
03年    B     -     -
04年    -      Yb    Xa
05年     Xa   -     -
06年     Yc   B a   -
07年      c   A d   C a

 例年、極端なスローペースにはなりにくいレースで、先行馬の前残りも多い。その点からは先行力のあるコンゴウリキシオーに展開は向きそうだが、香港マイルの9着は、落鉄など不運はあったにせよ、今ひとつの内容ではなかったか。ここでは素直に軸馬に取りにくい。平均ペースでしっかりとした上がりの脚がある馬はカンパニーだろう。前走はスローペースで脚を使えず、4着に泣いたが直線の切れは上々。スローペースがなければ、後方からでも届く脚は魅力的だ。他に上がりの脚の切れるグラスボンバー、アサカディフィート、エアシェイディなどが有力。

(アーリントンC)
       1着    2着    3着
98年    ダ     BXb   DZc
99年    CXa   B b   -
00年    CXa   A     B
01年    B b   ダ     ダ
02年    A a   B d    Yc
03年    ダ     ダ      Zc
04年    DY    D     -
05年    -     Aya   -
06年    AZd   CXa   -
07年    DZb   AXc    Y
(スローペース調整-20/-10)   

 3歳重賞アーリントンカップは圧倒的にランク馬が強い。前走指数の高い馬たちが最も連対率が高く、成長余力が重要なポイントなのだろう。ただし、昨年から馬場改修で新しくできた阪神外回りコースが使われており、それまでの先行馬有利の傾向から多少は変化があるかもしれない。長い直線を叩き合い、より上がりの脚が求められることになるのではないか。
 今年はロードニュースター、スマートファルコン、ルールプロスパー、ミッキーチアフルなどの指数が高く、上がりの脚もしっかりとしたスマートファルコンが中心になりそう。上がりの脚だけならディープスカイ、フェイムロバーリー、ポルトフィーノにもチャンスはありそうだ。

 阪急杯は2年前から1400に条件が変わって、比較できるデータが少ないが、ここは瞬発力のあるキンシャサノキセキ、アンブロワーズに期待したい。穴っぽいところではナスノストローク、ローブデコルテに注意。

|

« 第350回ヴァーミリアンに期待 | トップページ | 第352回3歳世代の信頼度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/40302998

この記事へのトラックバック一覧です: 第351回春は近い:

« 第350回ヴァーミリアンに期待 | トップページ | 第352回3歳世代の信頼度 »