« 第354回堅い阪神大賞典は | トップページ | 第356回ナビグラフで見る回顧1 高松宮記念 »

2008年3月27日 (木)

第355回いよいよGⅠシーズン

 高松宮記念は2000年から現行の開催条件(G1芝1200、3月下旬開催)になった。2000年以降のデータを見ると、全体にランク馬が好成績を納めており、特に前走指数の上位ABCD馬と平均指数の上位abcd馬などの連対率が高い。スローペースのない芝の1200で、さらにGⅠ戦となれば、まずもって安定した能力があり、前走の調子も良いことが求められるのだろう。

(高松宮記念)1着    2着    3着
00年     Xa   C     BXc
01年    C c   AYa   -
02年    A a   D     -
03年     Yd   B d    Yb
04年    C     AX    -
05年      c   -     A c
06年    DZb    Zd   -
07年    CZ    -     AZ

 今年はスズカフェニックス、ファイングレイン、スーパーホーネット、ローレルゲレイロなどの前走指数が高く、他に平均指数の上位馬としてタマモホットプレイ、キンシャサノキセキが上がってくる。
 過去8年、逃げ切って勝ったのはショウナンカンプ1頭だけで、逃げて2着に粘った馬はいない。短距離戦であっても、基本的に差し脚が問われるレースで、1、2着馬は近走に上がり指数0以上を示していることが絶対条件であり、できれば5、あるいは10くらいの上がり指数は欲しい。
  今年のメンバーで上がり指数の良い馬は、ファイングレイン、スズカフェニックス、キョウワロアリング、プレミアムボックス、スーパーホーネットなどだが、ランク馬が有力ということを考えれば、中心はスズカフェニックスとファイングレインだろう。

 日経賞は前走指数の高いABCD馬が10年の内9年で連対している。今年はマツリダゴッホ、トウショウナイト、シルクフェイマス、タスカータソルテが前走指数の上位馬たちだ。
 もうひとつの特徴は先行指数の高い指数上位馬の連対率が高いことで、その点からはマツリダゴッホが中心になりそう。マツリダゴッホは前年の3着馬だが、その後力をつけ、昨年の有馬記念を逃げ切って勝った。指数も実績も、展開も、ここでは一歩ぬけた存在ではないか。

(日経賞)  1着    2着    3着
98年    -      Y    AXa
99年    A b   C      Ya
00年    -     D a   C
01年    AXa   -     C
02年    CZb   AZa   B
03年    -     A c    Z
04年    -     B      Ya
05年    DYa   C     -
06年    BXa   D     -
07年    AYd    Xd   C c

 マーチは数少ないダートの重賞ハンデ戦。ハンデ戦といっても、指数上は平均指数上位馬の連対率が高く、abcの上位3頭は10年の内9年で連対している。今年はドラゴンファイヤー、フィフティーワナー、アドマイヤスバル、ボンネビルレコードの平均指数が高い。
 ダート戦だけに先行指数は+5程度は最低必要で、この点からボンネビルレコード、サイレンスボーイ、マコトスパルビエロなどが有力候補に上がってくる。
 いずれにしても1番人気馬は10年間で連対は2回だけ。苦戦が続き、波乱度も高いレースだけに、思い切った狙いも面白い。

(マーチS) 1着    2着    3着
98年     Yb   A      Xa
99年    C     AYc   -
00年      b   CY      d
01年    A      Y    B
02年    -     C b   C
03年     Z     Xb   C
04年     Yc    Za   A
05年      c   -      Z
06年    B b   -      Yd
07年    -     C b   BYd

 昨年から芝1800に条件が変わった毎日杯は、クラシックに向けた3歳戦だけに前走指数がポイントになるはず。ただ、出走馬は2線級で、当てにしずらい馬が多い。阪神の外回りコースはスローペース必至で、上がりの勝負になりやすい。おそらくこのレースも例外ではないだろう。とすると、上がりの脚があるディープスカイ、オースミスパーク、ヤマニンキングリー、ロスペトリュスなどにチャンスが巡ってきそうだ。

(毎日杯)  1着    2着    3着
07年    -       d   CXb
(スローペース調整-15/-5)

|

« 第354回堅い阪神大賞典は | トップページ | 第356回ナビグラフで見る回顧1 高松宮記念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/40654788

この記事へのトラックバック一覧です: 第355回いよいよGⅠシーズン:

« 第354回堅い阪神大賞典は | トップページ | 第356回ナビグラフで見る回顧1 高松宮記念 »