« 第372回ナビグラフで見る回顧8オークス | トップページ | 第374回ナビグラフで見る回顧9ダービー »

2008年5月29日 (木)

第373回いよいよダービー

 いよいよ、ダービー。昨年は3番人気の牝馬・ウオッカが勝ち、2着に14番人気のアサクサキングスが入って高配当になったが、ダービーはもともと1番人気が強く、過去10年で7勝、9連対。過去10年、1番人気で連対できなかったのは、昨年のフサイチホウオーだけだ。極端な人気薄の勝ち馬もいない。
 スピード指数でみると、過去10年、前走指数の高い馬が9年で連対している。X馬も加えると10年すべての年で連対する。成長過程にある3歳馬のレースで、最高のレベルが求められるダービーだけに、まず指数上、前走指数が高いこと、もしくは過去にメンバー中最高指数があることが何よりも有力馬の条件になるのだろう。ランク外の馬が連対したのは3頭だけで、連軸はランク馬、なかでも前走指数の高い馬か、X馬から取るのが良い。

(ダービー) 1着    2着    3着
98年    CXa   -     -
99年      a   A     A c
00年    -     AXc     a
01年    BYb   A d   -
02年     Xa   -     -
03年    A     D     -
04年    BZb   -     D
05年    A a   C b   B
06年    A      X    B a
07年    DXc    Z    DZb
(スローペース調整-15/-5)

 今年はNHKマイルカップを勝ったディープスカイ、2着のブラックシェル、皐月賞2着のタケミカヅチ、3着、4着のマイネルチャールズ、レインボーペガサスの前走指数が高く、他にアドマイヤコマンド、レッツゴーキリシマ、ショウナンアルバなども指数上位のランク馬ちたちだ。
 最近のダービーはスローペースになりがちで、上がり勝負が多くなっている。それだけに上がり指数には注意がいる。実際、最近の勝ち馬は+9から+10以上の上がり指数を近走に示している馬が多い。ただ、極端なスローペースのレースで鋭い上がり指数を示していても、あまり価値はないようで、連軸にするなら、ペース指数が-15以上のレースで、上がり指数が上位の馬たちからというのがポイントになりそうだ。
 今年のメンバーで上がり指数が高いのは、レインボーペガサス、ディープスカイ、ブラックシェル、ベンチャーナイン、メイショウクオリアなどだが、先にあげた条件、スローペースでないレースでの上がり指数はディープスカイ、マイネルチャールズ、ベンチャーナイン、ブラックシェル、レッツゴーキリシマなどがまさる。
 指数上位馬のなかで、上がりも良い馬ならディープスカイだ。スローペースになりがちなメンバーなら、2400メートルの距離適性より直線の切れのほうが重要で、前走NHKマイルカップでみせた圧倒的な直線のスピードが生かせるのではないか。

 ランク馬も当てにならず、目黒記念は難解。とはいえ、2500の距離を考えると、マイペースで逃げる4歳馬ホクトスルタンが中心だろう。56キロのハンデなら恵まれたといえる。昨年は3歳馬ココナッツパンチが51キロの軽量ハンデを生かして2着に入っており、今年も50キロのハンデを生かせる3歳馬フサイチアソートも穴馬に面白そうだ。皐月賞では8着とふるわなかったが、上がりの脚はまずまず。ここもスローペース必至で、直線の叩き合いなら上位浮上もあり得る。

(目黒記念) 1着    2着    3着
98年    AY     Y      d
99年    AYb     d   -
00年     Zb   -      Xa
01年     Zb   A a   -
02年    -     -     B
03年      c   -      Xa
04年    -     -      Ya
05年    -     -     A a
06年    D     B a   -
07年      d   D     -

 面白いメンバーがそろった今年の金鯱賞。過去のデータからは前走指数の上位馬が有力だ。平均ランクの上位馬も連対率が高く、10年すべての年で連対している。指数上位馬が強いのは、小回りの中京コースでペースが厳しくなりがちなことと無関係ではないだろう。毎年、ペース指数が+10以上の馬たちが中心になっており今年はカワカミプリンセス、スウィフトカレント、ローゼンクロイツ、ヴィクトリーなどが条件を満たす。上がりの脚ならアサカディフィート、アドマイヤオーラなどが鋭い。

(金鯱賞)  1着    2着    3着
98年    AXd   -     D
99年    DZc   -     AXa
00年    A c   D     C d
01年    -       c   A
02年    AZb   AXa   -
03年    CXa    Zb   -
04年    DXa     d   -
05年    AXa   B b    Yc
06年    DZ    AYa   C c
07年    A b    Ya    X

|

« 第372回ナビグラフで見る回顧8オークス | トップページ | 第374回ナビグラフで見る回顧9ダービー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/41362925

この記事へのトラックバック一覧です: 第373回いよいよダービー:

« 第372回ナビグラフで見る回顧8オークス | トップページ | 第374回ナビグラフで見る回顧9ダービー »