« 第367回ディープスカイに期待 | トップページ | 第369回ウオッカの距離適性 »

2008年5月13日 (火)

第368回ナビグラフで見る回顧6NHKマイルカップ

NHKマイルカップ2008
NHKマイルカップ2007

 今年、NHKマイルカップを勝ったのはディープスカイだった。後方待機から4角にさしかかるところ、荒れた馬場を避けた馬たちで開いたコースの内側をついて、直線一気に駆け抜けてきた。2着馬のブラックシェルも後方から内をついて伸びた馬だったし、3着のダノンゴーゴーも同様だった。14番人気のダノンゴーゴーが3着に入ったため、3連単は11万6880円の配当になった。
 指数ナビグラフを見ると、スローペースラインの左側、若干スローペースのレースで、上がり指数が+13以上、左上のブルーライン前後にポジションのある馬たちが1、2、3着の上位を占めた。先行力がある馬ならレッドラインの右、斜線で囲んだエリアに存在するはずだが、今年は先行力で評価できる馬はいなかったから、結果的に上がりの脚がある馬同士で決着したことは、当然だったのだろう。
 ディープスカイは上がり指数でも評価が高いが、ペース指数が平均以上でかつ、上がり指数が最も高い馬だった。過去のNHKマイルカップを検証すると、昨年の2着馬ローレルゲレイロ、その前の年のロジック、05年のラインクラフトなど、中心馬はそのエリアにある馬が多く、ペースが上がっても、スローペースになっても、中心に推せる馬だったのではないか。 
 勝ったディープスカイの上がりタイムは33秒9、きのう馬場指数を計算すると、上がり指数は+21になった。レースそのものはいくらかスローペースだったとはいえ、この上がり指数は過去12年間の全NHKマイルカップでの最高の上がり指数で、雨で重くなった馬場状態を考えると、33秒9の上がりタイムも、+21の上がり指数も破格の価値があるのではないか。ディープスカイは未勝利戦を勝ち上がるまでに6戦も要したが、ここにきて成長著しく、ディープスカイの強さはフロックではないだろう。
 個人的にはダノンゴーゴーが3走前に上がり指数が+13の位置にあることはチェックしてわかっていたのに、そのダノンゴーゴーを買ってなかったから、かなり悔しい思いをした。

|

« 第367回ディープスカイに期待 | トップページ | 第369回ウオッカの距離適性 »

コメント

ワタクシは、ディープスカイとブラックシェルの単勝と、ディープスカイ-ブラックシェルの馬単裏表、ディープスカイ-ブラックシェルのワイド1点を購入し、的中させることができました。
これも全部、西田さんのおかげであると思っております。
次のヴィクトリアマイルも的中させたいです。
よろしくお願いします。

投稿: 名古屋の伊藤です | 2008年5月15日 (木) 16時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/41193630

この記事へのトラックバック一覧です: 第368回ナビグラフで見る回顧6NHKマイルカップ:

« 第367回ディープスカイに期待 | トップページ | 第369回ウオッカの距離適性 »