« 第380回ナビグラフで見る回顧12マーメイドS | トップページ | 第382回ナビグラフで見る回顧13宝塚記念 »

2008年6月26日 (木)

第381回必勝を期すメイショウサムソン

 宝塚記念は指数の上位馬、なかでも前走指数の高いA馬が圧倒的に強いレースだ。過去12年のうち、A馬が10年で連対しており、B馬と合わせると、過去12年すべての年でA、B馬が連対する。昨年は香港を使って指数の計算できなかったアドマイヤムーンが勝ったが、それ以外の年はA、B馬を中心に、何らかの指数ランクがつく馬が勝ち続けている。

(宝塚記念) 1着    2着    3着
96年    AYc   -     B
97年    AZb   C     -
98年    AX    D     BYc
99年    BXb   A a    Xb
00年      b   AYc   D
01年    AYb   AYa   -
02年    B b   C b   D
03年      d   A c   BZb
04年    AXb    Za   -
05年    B     -     AXa
06年    A a   -      Z
07年    -     A a   -

 連軸は前走指数の高いA、B馬が中心になりそうで、今年は春の天皇賞上位馬メイショウサムソンとアサクサキングスの指数が高く、最有力候補。次いでアドマイヤフジ、カンパニー、ドリームパスポート、アルナスラインなども指数上位馬だ。
 阪神の2200メートル戦は内回りコースが使われるが、直線の長い外回りコースと違って、比較的ペースが厳しくなることが多い。当然スタミナの核があって、一定以上のペースでも末脚を発揮できる馬が有力で、軽い上がりの脚ではなく、底力が問われる。
 底力という点からもメイショウサムソン、アサクサキングスが上位だろう。特に前走の春の天皇賞で、勝ったアドマイヤジュピタとゴールまで頭差の攻防を繰り広げたメイショウサムソンの復調が著しい。メイショウサムソンは23戦して(9626)、連対率65パーセント、複勝率75パーセントを誇る。実績は現役牡馬のなかでは紛れもなくナンバーワンだ。昨年の秋の天皇賞を勝って以来、ここ4戦は勝ち星から遠ざかっているが、使い詰めで体調に若干の疑問があったらしい。今回は同馬にとって回生の一戦になるが、前走天皇賞の指数は103と高レベルで、復調を感じさせるに十分な内容だった。梅雨の時期で馬場状態は気になるところだが、雨の馬場にも強いのがメイショウサムソン。ここは必勝を期す。

|

« 第380回ナビグラフで見る回顧12マーメイドS | トップページ | 第382回ナビグラフで見る回顧13宝塚記念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/41654675

この記事へのトラックバック一覧です: 第381回必勝を期すメイショウサムソン:

« 第380回ナビグラフで見る回顧12マーメイドS | トップページ | 第382回ナビグラフで見る回顧13宝塚記念 »