« 第390回ナビグラフで見る回顧17函館記念 | トップページ | お知らせ »

2008年7月31日 (木)

第391回実績馬が活躍する小倉記念

 ハンデ戦になった2000年以降のデータを取った。小倉記念はハンデ戦といっても比較的ランク馬が強い傾向だ。なかでも平均指数の上位abc馬は、過去8年すべての年で連対しており、ABC馬とXY馬も7年で連対している。06年はランク馬の組み合わせで3連単100万超馬券もでている。

(小倉記念) 1着   2着    3着
00年   AZ    BXa     b
01年    Xa   -     A
02年   A     BXa     b
03年    Xa    Zb   A
04年   AXa   AZd   -
05年    Xa   A      Zc
06年   B      Yc   D
07年   -     C c   -

 今年の平均指数上位馬はグロリアスウィーク、ダイシングロウ、ドリームジャーニー、ニルヴァーナの4頭。他に前走指数の上位馬でウイントリガー、ワンモアチャッター。ミヤビランベリは過去の指数が高い。
 一般的にハンデ戦は、軽量馬の上がりの脚がポイントになることが多いが、小倉記念は意外というか、重ハンデ馬の活躍が目立つレースだ。昨年以外はすべての年で56.5キロ以上のハンデを背負った馬が連対しており、重ハンデの実績馬の活躍が多い。その分というか、軽い上がりの脚より、厳しいペースの対応力が求められる傾向にある。指数上位馬の活躍が目につくのは、そうした傾向と無縁ではないのだろう。
 過去のレースを見ても、基本的に極端なスローペースはないし、平均ペースで差し脚を伸ばせるかどうかが問われるレースだ。連対馬のペース指数はスローペースの基準値である(-5)以上が必要で、上がり指数は平均的なレベルにあればよい。
 平均ペースでの差し脚からはドリームジャーニー、グロリアスウィークが有力。また先行力のあるダイシングロウ、ダブルティンパニー、カネトシリベルテなどにもチャンスはあるはず。
 このメンバーのなかでは、どうしてもトップハンデ57キロを背負うドリームジャーニーに目がいくが、重賞戦線で戦ってきたからといっても、14着、10着という近走の成績には納得がいかない。近走は特に、後方一気の脚に頼りすぎに思えるし、その脚質が変わらないのであれば、このレースが合うとも思えない。
 1600万の条件戦を勝ったばかりで初重賞挑戦になるが、ダイシングロウも有力馬の一角を占める。近走は88、89の指数で1000万条件、1600万条件を連勝。先行力も、上がりの脚もしっかりしている。いま一番、成長の勢いに乗っている馬だ。
 グロリアスウィークは前走ダイシングロウに負けているが、1キロのハンデ差があってのこと。今回はグロリアスウィークとはハンデも逆転しており、55キロなら逆転があるかもしれない。

|

« 第390回ナビグラフで見る回顧17函館記念 | トップページ | お知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/42022657

この記事へのトラックバック一覧です: 第391回実績馬が活躍する小倉記念:

« 第390回ナビグラフで見る回顧17函館記念 | トップページ | お知らせ »