« 第388回ナビグラフで見る回顧16アイビスサマーダッシュ | トップページ | 第390回ナビグラフで見る回顧17函館記念 »

2008年7月24日 (木)

第389回難解函館記念

 ハンデ戦の函館記念は毎年ランク馬が苦戦している。またトップハンデ馬も過去10年で1勝しているだけで、他の年はすべて3着以下。不振が目につく。また1番人気馬も10年で2勝2着1回と、人気馬も信頼性が薄い。
 函館記念は毎年、傾向がつかみにくい難解なハンデ戦だ。

(函館記念) 1着    2着    3着
98年      d   -     -
99年    A       d   B
00年    -     -     -
01年      b   -     A
02年    -     -     A
03年    B b   -     DZ
04年    B d    Zd   A
05年    -     -     B
06年    C c     b   -
07年    -     -     BXd

 今年はブレーヴハート、ピサノパテック、フィールドベアー、コーナーストーンが前走指数の上位馬。他に、過去の指数の高いエリモハリアー、コンラッド、マンハッタンスカイ、マヤノライジンなどが指数上の注目馬だ。ただ、3着までのランク馬を見ると、ほとんどが前走指数の高いABCD馬たちで、案外ハンデに恵まれた前走指数上位馬に期待した方がいいのだろうか。
 今年のトップハンデはこのレースを3年連続で勝っているエリモハリアーの57.5キロ。次いでフィールドベアー、タスカータソルテの57キロへと続く。同一重賞4連覇がかかるエリモハリアーだが、不利なトップハンデを背負うことに加え、調整過程に少し狂いもあって、順調さにも疑問符が付きそう。積極的に買いたいとは思わない。
 過去のレースでは上がりの脚の鋭い馬たちが上位に食い込んでおり、スタミナが問われるハイペースで、加えて上がり勝負が函館記念の特徴だろう。上がり指数の高さは、ブレーヴハート、コンラッド、センカク、フィールドベアー、タスカータソルテ、エリモハリアーの順だが、ハイペースでの上がりの脚はブレーヴハート、コンラッドに見どころがあり、展開に恵まれれば、後方一気の脚が決まるのではないか。
 今年は極端にハンデが軽量の馬の出走はなく、ハンデは57.5キロから54キロまでに収まってハンデ上は意外に差がない。ペースが落ち着くようなら、マンハッタンスカイなど先行馬の前残りがあるかもしれない。

|

« 第388回ナビグラフで見る回顧16アイビスサマーダッシュ | トップページ | 第390回ナビグラフで見る回顧17函館記念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/41958195

この記事へのトラックバック一覧です: 第389回難解函館記念:

» 【競馬】今年の馬券成績(7/20現在) [にたろうの退屈な日々]
久しぶりに今年の馬券成績。ついに回収率100%を切って、99%#63909;#63909;#63909;ダメだべ~開催替わりで若干持ち直したけれど、前開催の成績の悪さは特筆もの。・・・こんな感じで・・・前開催の回収率53%って!!!しかも・・・損害額が半端やないわ・・・前開催は降級馬が勝ちまくりでガッチガチの配当が多かったのが効いたわ~降級馬もだいぶ抜けて、今までどおりの馬券戦術で通用しそうなので、来週はバッチリ儲けたいね。... [続きを読む]

受信: 2008年7月24日 (木) 21時39分

« 第388回ナビグラフで見る回顧16アイビスサマーダッシュ | トップページ | 第390回ナビグラフで見る回顧17函館記念 »