« 第397回ナビグラフで見る回顧20札幌記念 | トップページ | 第399回ナビグラフで見る回顧21新潟記念、キーンランドC »

2008年8月28日 (木)

第398回過ぎゆく夏の新潟記念

 このところ週末は雨が多い。涼しくて過ごしやすいが、夏の気分が感じられないまま、9月を迎えるのだろうか。関東はあと2週で中山に競馬が戻ってくる。
 今週はハンデ戦の新潟記念。ハンデ戦とはいえ、比較的指数上位のランク馬たちが健闘している。夏は格より調子といわれる通り、近走で調子の良さを見せてきた馬が中心になりそう。軸馬は前走指数の上位馬から選ぶのがいいかもしれない。

(新潟記念)  1着     2着     3着
01年       a     Y     A
02年     C      -      -
03年      Xa    D b     Xc
04年     DZb      d    B d
05年     -      BZd    D d
06年     A      C      BYb
07年     CYc    -      -

 今年、前走指数の上位はコスモプラチナ、スクールボーイ、エリモハリアー、バトルバニヤン、マイネルキッツ、ブラックカフェなど。
 直線の長い新潟の外回りコースだけに、軸馬に選ぶなら上がりの脚のある馬からというのが鉄則だ。上がり指数は+10以上のレベルは欲しいところ。今年のランク馬で上がりの脚がありそうなのは、スクールボーイ、バトルバニヤン、トウショウヴォイス、マイネルキッツ、ブラックカフェなどだ。例年、トップハンデ馬が苦戦しており、休み明けの馬も凡走する傾向にある。その点からも多少の絞り込みはできそうで、チョウサン、ブラックカフェなどはデータ上、苦しい戦いになりそう。
 本来ならダイシングロウなど、この夏の重賞好走馬から軸馬を取るべきところだが、前走1600万条件を勝ったばかりのコスモプラチナ、バトルバニヤン、キャッチータイトルはハンデが恵量のはずで、このあたりからはいるのも面白いかもしれない。

 06年からG3の重賞になったキーンランドC。芝の1200戦で前走指数の上位馬が中心になりそう。今年はキンシャサノキセキ、ビービーガルダン、トウショウカレッジ、キングストレイルに加え、上がりの脚があるプレミアムボックス、5連勝でここまで駆け上がってきたマヤノツルギなどが有力。

(キーンランドC)
       1着     2着     3着
06年    B d    BXb    A
07年    -      AZb    -

|

« 第397回ナビグラフで見る回顧20札幌記念 | トップページ | 第399回ナビグラフで見る回顧21新潟記念、キーンランドC »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/42301959

この記事へのトラックバック一覧です: 第398回過ぎゆく夏の新潟記念:

« 第397回ナビグラフで見る回顧20札幌記念 | トップページ | 第399回ナビグラフで見る回顧21新潟記念、キーンランドC »