« 第406回ダービー馬ディープスカイが登場 | トップページ | 第408回いよいよG1シーズン »

2008年9月30日 (火)

第407回ナビグラフで見る回顧25オールカマー、神戸新聞杯

Kobeshinbun2008
Allcomer2008

 神戸新聞杯はダービー馬ディープスカイが勝ち、オールカマーはグランプリ馬マツリダゴッホが勝った。神戸新聞杯もオールカマーも、もともと指数の上位馬が強い傾向にあるレースで、その点からも順当な結果だったといえそう。
 神戸新聞杯は、直線の長い阪神外回りの2400戦だけに、ペースを問わず上がりの脚が問われるレースになることは想像できた。今年はミッキーチアフルのマイペースの逃げで、スローペースで流れたこともあって、一層、上がりの脚がポイントになった。
 上がり脚の戦いになって浮上するのは、指数ナビグラフでいうと、上がり指数の基準値を表すブルーラインの上にある馬たちだ。
 上がり指数の最も高いディープスカイはもちろん、上がり指数2番手のブラックシェルが2着。3着のオウケンブルースリを含めて、上位を占めた馬たちはすべて、上がり指数で+15以上のブルーラインを超す馬たちだった。10番人気で4着に追い込んだベンチャーナインも、15番人気で5着だったロードアリエスも、上がり指数で+15以上をクリアしていた。
 逆に、ペース指数や先行指数が生きたのが、オールカマーだった。例年、オールカマーはペース指数や先行指数で上位の馬たちの活躍が目立つレースで、その傾向は今年も変わらなかった。過去何年間分を調べてみると、とくにペース指数でスローペース基準値から+15以上にある馬の連対率が高い傾向にあり、今年の上位馬の3頭もその条件を満たす馬たちだった。
 もちろんそんなに単純なことではないと思うが、中山コースは他の競馬場に比べて、いくらか直線が短い分、「ペースがゆるむと先行馬が楽をでき、息が持つ分、前残りが多くなりやすい」ということなのだろうか。今年もスローペースにおとして逃げたキングストレイルが2着に粘り、2、3番手で追走していたマツリダゴッホが楽々と差し切り勝ち。中段から伸びたのが3着のトウショウシロッコだった。
 この勝利でマツリダゴッホは中山で10戦7勝。中山コースの適性の高さは、ペース指数の高さにあるのかもしれない。

|

« 第406回ダービー馬ディープスカイが登場 | トップページ | 第408回いよいよG1シーズン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/42642730

この記事へのトラックバック一覧です: 第407回ナビグラフで見る回顧25オールカマー、神戸新聞杯:

« 第406回ダービー馬ディープスカイが登場 | トップページ | 第408回いよいよG1シーズン »