« 第423回ナビグラフで見る回顧33マイルチャンピオンシップ | トップページ | 第425回ナビグラフで見る回顧34ジャパンカップ »

2008年11月27日 (木)

第424回ジャパンカップは日本馬から

 東京は朝から冷たい雨が降っていて、きょうはコートを着てきた。今年はいつもより寒くなるのが早い。「台風が上陸しない年の冬は寒い」と言うことを何かで聞いたが、そういえば今年は台風がひとつもこなかった。
 競馬は秋競馬の最終週。ジャパンカップは、有力な外国馬の参戦もあったはずだが、日本馬のレベルが上がったのか、あるいは日本の地の利が大きかったのか、日本馬で指数上位のランク馬が圧倒的に強い。過去10年、外国馬が勝ったのは2頭だけで、外国馬同士のワンツーは中山で開催された年の1度しかない。01年にランク外の馬が1頭勝っているが、これは3歳馬だったジャングルポケット。古馬なら指数上位でなければ勝つ条件にはない。特に、前走指数上位馬たちの連対率が高く、前走の調子が良くなければならない。馬券はスピード指数ランク上位の日本馬から、というのが基本だろう。

(JC)   1着    2着    3着
98年    A c    Zb   DY
99年    AXa   外     外
00年    AZa   BXb   外
01年    -      Yc   BXb
02年中山  外     外     A
03年     Yb   -     AYd
04年    AYa    Z    D
05年    外     DZ    BXa
06年    DXa   -     A b
07年    CXc   BZb   AXa

 今年はウオッカ、ディープスカイ、オースミグラスワン、メイショウサムソンなどの前走指数が高く、連軸馬の候補になりそう。アサクサキングス、マツリダゴッホ、アドマイヤモナークなどは過去の指数が高いグループだ。 
 ジャパンカップは例年ペースが厳しいのが特徴だが、ここ2年ほどはペースが少し緩くなる傾向が見える。03年東京コースの馬場改修の影響かもしれないが、あまりペースの厳しさにこだわらない方が良いのではないか。平均ペースだとすると、上がりの脚は必須だが、基本はスローペースでないレースでの上がの脚だ。過去のナビグラフを見てもスローペースでないレースでの上がり指数上位馬の活躍が目立つ。
 今年のメンバーで、スローペースではないレースで上がり指数がよいのはウオッカ、メイショウサムソン、オースミグラスワン、マツリダゴッホ、アサクサキングス、ディープスカイなど。ペースが上がって、スタミナが問われるようならメイショウサムソン、アサクサキングスだが、今年は強力な逃げ馬がいないし、ペースは落ち着くのではないか。いくらかスローペースを想定すると、55キロの負担重量で走れるウオッカとディープスカイの脚が断然だ。
 外国馬4頭は日本の馬場に合うスピードが足りない気がする。あえてあげるならペイパルブルだろう。

 京阪杯は06年から1800から1200に距離が変更された。過去2年の上位入線ランク馬は以下の通り。

(京阪杯)  1着    2着    3着
06年    -     A c   B
07年    AXb    Ya   A

※スピード指数入り出馬表や、指数ナビグラフの販売を1R単位(50円)から行っております。是非ご利用ください。(開催日前日の17:00販売開始です)
WebMoneyでのご購入はこちら
@niftyでのご購入はこちら

|

« 第423回ナビグラフで見る回顧33マイルチャンピオンシップ | トップページ | 第425回ナビグラフで見る回顧34ジャパンカップ »

コメント

クリストフ・ルメールに乗り代わるアサクサキングスに期待しております^^

投稿: 名古屋の伊藤 | 2008年11月28日 (金) 15時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/43245457

この記事へのトラックバック一覧です: 第424回ジャパンカップは日本馬から:

» マツリダゴッホ抜群の動き(JC日本馬調教タイムと短評) [実践!1レース500円から始める単勝競馬]
ジャパンカップの全馬調教公開されましたのでタイムと短評(評価はあくまで私の目で見たものですので、あまり参考にしないでください)を載せたいと思います。 なお、ジャパンカップの枠順決定していますので、JRAホームページなどでご確認ください。 1枠は気になり..... [続きを読む]

受信: 2008年11月27日 (木) 23時01分

« 第423回ナビグラフで見る回顧33マイルチャンピオンシップ | トップページ | 第425回ナビグラフで見る回顧34ジャパンカップ »