« 第437回日経新春杯は好素質の軽ハンデ馬から | トップページ | 第439回レベルの高い重賞 »

2009年1月20日 (火)

第438回ナビグラフで見る回顧40日経新春杯

200901180811
200901180810

 もちろんテイエムプリキュアの逃げ切りを想像しなかったわけではないが、それにしても見事な逃げ切り劇だった。ここは49キロのハンデを生かし切った荻野騎手の好騎乗をたたえるしかないだろう。
 ナビグラフでみるとテイエムプリキュアは右下のエリアにあり、赤いラインも超えた、逃げ馬の典型的なポジションにあった馬だ。軸に取らないまでも、連下には拾っておかなければならなかったと反省するしかない。
 私はヒカルカザブエからの流し馬券しか買ってなかった。ヒカルカザブエは馬群に飲み込まれたまま、全く良いところがなかった。4連勝はなかなかできるものではないと思っての選択だったが、一番基本であるべきスピード指数が低くては、自分の予想のスタンスとしてもお話にもならないではないか。
 そういえば、ひとつ前の京都10レース・石清水Sでも人気薄のマチカネハヤテが逃げ切ったが、同馬もテイエムプリキュアと同じようなポジションにあった馬だった。このレースも最後の最後に切った馬に逃げ切られたのでは、自分の甘さに憤懣やるかたなしと言ったところ。軸に取ったセトノアンテウスが2着にきていただけに、日経新春杯よりも余計に悔しさが残った。
 正月明けの馬場日記に「しばらくは先行力のある馬に注意して馬券を組み立てようと思っている」と書いたばかりなのに、と思い返しつつ---。今週は、反省ばかり。それでも高配当が多かった日曜日は少しのプラス。
 我が師匠・タマちゃんはテイエムプリキュアからの1着流し馬券を持っていたとかで、元気な電話があった。

「新基準タイム改訂23版(2009年版)関連サービス」のお申込みを受付けております。
詳しくはこちらをご覧ください。

|

« 第437回日経新春杯は好素質の軽ハンデ馬から | トップページ | 第439回レベルの高い重賞 »

コメント

西田先生、京成杯にも触れてください

投稿: nabe | 2009年1月21日 (水) 12時35分

タマちゃんさんって、ものすごい方ですね!!

投稿: 名古屋の伊藤 | 2009年1月22日 (木) 16時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/43800542

この記事へのトラックバック一覧です: 第438回ナビグラフで見る回顧40日経新春杯:

» 日経新春杯 2009年 [なりあがり奮闘記]
大はずれ やっぱりナムラマースから行きますね。。。。 テイエムプリキュア、、、勝っちゃった、びっくり。 引退って言ってたのに、勝ったから現役続行って、、、何!? [続きを読む]

受信: 2009年1月22日 (木) 01時58分

« 第437回日経新春杯は好素質の軽ハンデ馬から | トップページ | 第439回レベルの高い重賞 »