« 第442回ナビグラフで見る回顧42東京新聞杯、京都牝馬S、根岸S | トップページ | 第444回ナビグラフで見る回顧43小倉大賞典、共同通信杯、シルクロードS »

2009年2月 5日 (木)

第443回クラシックへトーセンジョーダン

 今週の共同通信杯はクラシックを目指す馬たちの前哨戦。ここで脱落するようでは先が見えない。クラシックを目指す有力馬が集まり、当然ながら圧倒的に指数のランク馬が強い。前走指数、平均指数、過去に高い指数を示すXYZ馬、どれを取ってもなによりも指数が高いということが、このレースの上位馬の条件だ。

(共同通信杯)1着    2着    3着
99年     Yb     d   -
00年      d    Xa   -
01年    AXa   D     -
02年    A b   AZ      d
03年    DZ    -     -
04年    D b   AXa    Z
05年    AXb   -      Xc
06年    DY    AXa   D b
07年    -     AXb   C b
08年    B b   C c   DY
(スローペース調整値-20/-10)

 今年はトーセンジョーダン、マッハヴェロシティ、メイショウパルマ、トップカミング、カノンコード、シェーンヴァルトなどが指数の上位馬。
 なかでも3連勝中のトーセンジョーダンの指数が抜けているように見える。前走も平均ペースを2番手で折り合い、直線もすっと抜け出し、最速の上がりタイムでの圧勝。能力の違いを見せた。レースのセンスも良さそうだし、今のところ弱点が見えない。
 ここはトーセンジョーダンの相手探しだろう。となると伏兵は一杯いそうだ。まずは指数の高さでマッハヴェロシティ、メイショウパルマ、トップカミング、カノンコード、シェーンヴァルトなどはあげるとして、ヒシポジションの逃げなら超スローペースもありそうで、シゲルエボシダケ、ダイワプリベール、マイネクラリティ、ショウナンアルディにも注意はいるだろう。

(シルクロードS)
       1着    2着    3着
02年    D     D b   C
03年    -       d   D b
04年      d   -      Za
05年      b    Y    A
06年    -     D c    Xb
07年    AZd    Ya   B
08年    C d   -       c

 京都は芝1200のシルクロードS。ハンデ戦になった02年以降、平均指数の上位馬が毎年連対している。他の指数ランク馬では前走指数の高い馬が中心。今年、平均指数の上位はタマモホットプレイ、スプリングソング、モルトグランデ、プレミアムボックスなど。前走指数ではウエスタンダンサー、サープラスシンガー、マチカネハヤテなどがピックアップできる。レースはサープラスシンガーとマチカネハヤテが逃げる展開。その後ろにウエスタンダンサー、スプリングソング、モルトグランデが続く。ペースはそれほど速くはならないはずで、基本的には先行馬に有利だろう。
 好調を思わせるのは前走、初重賞挑戦で阪急杯を勝ったウエスタンダンサーだ。スピード指数もスローペース気味にもかかわらず、鋭い直線の脚で90にまとめた。これで近走は芝1200戦を4戦して3勝、2着1回という充実ぶりだ。他ではスプリングソングが安定しているが、ハンデ戦になってからハンデ頭が勝ったのは1度だけ。ここは4歳馬で57キロとはいえ、連軸には取りにくい。
 人気のないところではタマモホットプレイの後方一気の追い込み、マチカネハヤテの逃げ残りがあれば面白い。

(小倉大賞典)1着    2着    3着
00年    -     A b   B
01年      b   D     CZa
02年     X      c   D
03年     Zc   A     B
04年    B     -       d
05年     Xa   -     -
06年     X    B      Xa
07年      a   C c    X
08年     Ya    Zc    Xb

 小倉大賞典もハンデ戦。例年は正月の第1回小倉競馬最終週のレースとして組まれていたが、今年は正月競馬が中京で行われた関係で、小倉開幕週のレースになった。当然、馬場状態は絶好で、過去の傾向も変わってくるかもしれない。馬場状態の良さで有利になるのは逃げ馬、先行馬だ。指数上位の逃げ、先行馬はミヤビランベリ、フィールドベアー、マストビートゥルー、ヤマニンキングリーなど。

※スピード指数入り出馬表や、指数ナビグラフの販売を1R単位(50円)から行っております。是非ご利用ください。(開催日前日の17:00販売開始です)
WebMoneyでのご購入はこちら
@niftyでのご購入はこちら

|

« 第442回ナビグラフで見る回顧42東京新聞杯、京都牝馬S、根岸S | トップページ | 第444回ナビグラフで見る回顧43小倉大賞典、共同通信杯、シルクロードS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/43964670

この記事へのトラックバック一覧です: 第443回クラシックへトーセンジョーダン:

» 一応、ブレイクランアウト軸推奨です(共同通信杯データ分析) [実践!1レース500円から始める単勝競馬]
2月4日 共同通信杯の調教タイムアップしました(全馬の調教タイムはこちらから) 本日は共同通信杯(GⅢ)のデータ分析が終了しましたので公開したいと思います。 条件は過去8回(03年中山開催のため除外しました)の共同通信杯で3着までに入った計24頭につい..... [続きを読む]

受信: 2009年2月 5日 (木) 19時42分

« 第442回ナビグラフで見る回顧42東京新聞杯、京都牝馬S、根岸S | トップページ | 第444回ナビグラフで見る回顧43小倉大賞典、共同通信杯、シルクロードS »