« 第463回皐月賞はロジユニヴァース中心 | トップページ | 第465回初夏を呼ぶ3重賞 »

2009年4月21日 (火)

第464回ナビグラフで見る回顧53皐月賞、マイラーズC

200904190611
200904180910

 年末の有馬記念以来だろう。中山競馬場は早朝から混み合って、いつもより早く出かけたにもかかわらず、指定席は満員だった。皐月賞の発走の前には、スタンドからはターフビジョンもまともに見られず、結局、馬券の発売機の上のテレビ画像を追うことになってしまった。テレビの前には数十人が群がっていて、十年くらい前まで、競馬場はいつもこんな雰囲気だったこと思いだした。そんな場内の空気が少し懐かしかった。

 直線に向いて先行馬の脚が止まり、横一線になった馬群の中から1頭だけ、軽々と抜け出してきたのがアンライバルド(Z)だった。ゴール前はトライアンフマーチ(A)とセイウンワンダーが迫ってきたが、アンライバルドは余裕が違った。人気になったロジユニヴァース(Xa)とリーチザクラウン(DYc)の姿を探したが、馬群にまぎれて着順もわからなかった。ここ数年、波乱続きの皐月賞の傾向通り、今年も1番人気は3着もなく、3連単は39万超の波乱になった。私はというと、ロジユニヴァースがらみの馬券しかなく大敗でした。

 それにしてもアンライバルドは強い勝ち方だった。例年と比べると今年はステップレースのペースが遅く、上がりの脚だけのレースしか経験していない馬が多かったことが特徴だったが、それが本番の皐月賞では一転、厳しいペースになって、先行馬は総崩れになってしまった。能力の高い馬なら多少のハイペースも耐えて、粘りきるだろうと思っていたが、ロジユニヴァースもリーチザクラウンも、先行はしたが息が持たず、見所もなく惨敗に終わった。ロジユニヴァースもリーチザクラウンも、ペースに耐えられなかった訳で、スローペースの上がり勝負だけで結果を残してきただけの馬だったのかもしれない。結果的には皐月賞を勝てるだけの高い能力は備えていなかったのだろう。それに比べると勝ったアンライバルド、2着のトライアンフマーチ、3着のセイウンワンダーは、道中、後方で脚をためていた馬たちだが、展開に恵まれただけではなさそうだ。4角手前から早めに前々に押し出して、軽々と差しきった能力はアンライバルドだけでなく、トライアンフマーチもセイウンワンダーも含めて、高く評価してもいいのではないか。皐月賞の勝ち馬の指数は久々に95を超える高レベルになった。

 読売マイラーズカップは、阪神外回りコースにありがちな超スローペースのレースになってしまった。そうなれば上がり指数で勝る馬たちの出番。スーパーホーネット、カンパニーが33秒0の上がりタイムで1、2着をしめた。それにしても33秒0の上がりタイムが必要なレースなんて、意味あるのだろうか。

|

« 第463回皐月賞はロジユニヴァース中心 | トップページ | 第465回初夏を呼ぶ3重賞 »

コメント

>それにしても33秒0の上がりタイムが必要なレースなんて、意味あるのだろうか。

西田様、全く同感です。
有力馬であったカンパニーやスーパーホーネットは上がりが速い競馬が得意なのは、他の出走馬の関係者も分かっていたと思います。それでもこういったレースになってしまうのは、出来レースのようで馬券を買うほうもはっきり言って馬鹿らしいです(決して八百長といってるわけではありません)。
上がりが33秒台になってしまう競馬の要因はたくさんあると思うのですが、中でも
●道中スローで流れ、直線で用意ドン
●馬場が軽すぎる
この2つの要因が大きいと私は思います。
その中でも私は、馬場が軽すぎるということが一番に違和感を覚えます。

近年、ヨーロッパの大レースに挑戦しようとする日本馬が多く、私は喜ばしく思います。
しかし、こういった速い上がり勝負が得意な重賞ウィナーのDNAを維持しても、馬場が重くペースの厳しいヨーロッパの大レースを勝つことができる日本の生産馬の出現は遠ざかる一方だと思いますし、日本の大国際レースであるジャパンカップは賞金を上げてもどんどん衰退していくと思います。
ヨーロッパでも通用する馬をつくる気がないのであればそれはそれで全く異論はありませんが、伝統あるヨーロッパ競馬に少しでも敬意を表すことは大切だと思いますし、日本の競馬場の芝コースの馬場が軽すぎるのは異端であるということに、競馬関係者の方はいい加減気がついてほしいと私は考えます。
長文失礼いたしました。


投稿: ポンポコ | 2009年4月21日 (火) 20時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/44743091

この記事へのトラックバック一覧です: 第464回ナビグラフで見る回顧53皐月賞、マイラーズC:

« 第463回皐月賞はロジユニヴァース中心 | トップページ | 第465回初夏を呼ぶ3重賞 »