« 第474回ナビグラフで見る回顧58オークス、東海S | トップページ | 第476回ナビグラフで見る回顧59ダービー、目黒記念、金鯱賞 »

2009年5月28日 (木)

第475回ダービー

 ダービーの連対馬の傾向は見ての通り。スピード指数上AB馬を中心に前走指数の高い馬が強く、過去に最も高い指数のあるX馬も加えると、最近の10年すべての年で連対する。ダービーの連軸はスピード指数上位馬、なかでも前走指数の高い馬か、X馬から取るのがセオリーだろう。

(ダービー) 1着        2着        3着
99年      a   A     A c
00年    -     AXc     a
01年    BYb   A d   -
02年     Xa   -      -
03年    A     D     -
04年    BZb   -     D
05年        A a   C b   B
06年    A      X    B a
07年    DXc    Z    DZb
08年    AXa   -     BYb
(スローペース調整-15/-5)

 今年は皐月賞を勝ったアンライバルド、2着のトライアンフマーチ、3着セイウンワンダー、4着シェーンヴァルトに加え、NHKマイルカップの勝ち馬ジョーカプチーノなどの前走指数が高い。過去の指数上位はロジユニヴァースが高く、この5頭が連軸向きの有力馬といえそう。
 最近のダービーはスローペースになりがちだが、それでも指数の上位馬で「スローペースではないレースで上がり指数の高い馬」が中心になっており、この点からも、条件を満たす皐月賞の上位4頭、アンライバルド、トライアンフマーチ、セイウンワンダー、シェーンヴァルトが有力にみえる。なかでも、96の高指数で皐月賞を勝ったアンライバルドが最有力ではないか。道中は後方に控え、4角手前から早めに仕掛けて、直線に向くとコースの中央をすっと抜けだし、先頭に立つとそのまま押し切ってしまった。少しハイペースに助けられた面があったとしても、状況に即した対応ができて、レースセンスも良く、その強さは高く評価しても良いだろう。
 しかし、アンライバルドに全く死角がないわけではない。たとえばアンライバルドの仕掛けが早すぎて、ゴール前で何かに差しきられる状況がないとはいえない。皐月賞でのアンライバルドは直線の脚の伸びも鋭く、非常に強く思えたが、もう少し直線が長かったらどうだっただろう。後方から一気の脚で追い込んできたトライアンフマーチ、セイウンワンダーの上がりの脚が勝っていた部分もあり、トライアンフマーチやセイウンワンダー、シェーンヴァルトにも逆転のチャンスはあるのかもしれない。実際、上がり指数だけならアンライバルドよりトライアンフマーチの方が良かった。

 目黒記念は難解。ハンデ戦だけに、指数の上位馬も苦戦が続く。スローペースの2500とはいっても先行力のある馬がそろっており、意外と厳しいペースになりそう。当然、上がりの脚があるダンスアジョイ、ハギノジョイフル、レインボーペガサス、ニホンピロレガーロなどにもチャンスはありそう。

(目黒記念) 1着        2着        3着
99年    AYb     d   -
00年     Zb   -      Xa
01年     Zb   A a   -
02年    -     -      B
03年      c   -      Xa
04年    -     -      Ya
05年        -     -     A a
06年    D     B a   -
07年      d   D     -
08年    AZd   C b   -

 金鯱賞は10年の内9年で勝ち馬を出している前走指数の上位馬が最有力だ。平均ランクの上位馬も連対率が高く、10年すべての年で連対している。今年はインティライミ、アグネスアーク、サクラメガワンダー、シャドウゲイトの前走指数が高い。過去の指数や平均値で上位のマンハッタンスカイ、ヴィクトリー有力馬の一角を占める。ここは先行力が戻ってきたヴィクトリー、シャドウゲイト、サクラメガワンダーなどが狙えそうだ。

(金鯱賞)  1着        2着        3着
99年    DZc   -     AXa
00年    A c   D     C d
01年    -       c   A
02年    AZb   AXa   -
03年    CXa    Zb   -
04年    DXa     d   -
05年        AXa   B b    Yc
06年    DZ    AYa   C c
07年    A b    Ya    X
98年    BZc   -     A

※スピード指数入り出馬表や、指数ナビグラフの販売を1R単位(50円)から行っております。是非ご利用ください。(開催日前日の17:00販売開始です)
WebMoneyでのご購入はこちら
@niftyでのご購入はこちら
OCNでのご購入はこちら

|

« 第474回ナビグラフで見る回顧58オークス、東海S | トップページ | 第476回ナビグラフで見る回顧59ダービー、目黒記念、金鯱賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/45157341

この記事へのトラックバック一覧です: 第475回ダービー:

» 内田騎手はアンライバルドに勝つためアプレザンレーヴを選んだ(日本ダービー予想) [実践!1レース500円から始める単勝競馬]
本日は中京で重賞の金鯱賞があったので予想載せようと思っていましたが、馬場も悪いですし見送りました。 明日行われるダービーも、これから大幅な馬場回復見込めませんし、難しい予想になりそうですね。 それでは、少し速いのですがダービーの予想行きます。 5月31日 東..... [続きを読む]

受信: 2009年5月30日 (土) 12時03分

« 第474回ナビグラフで見る回顧58オークス、東海S | トップページ | 第476回ナビグラフで見る回顧59ダービー、目黒記念、金鯱賞 »