« 第472回ナビグラフで見る回顧57ヴィクトリアマイル、京王杯スプリングC | トップページ | 第474回ナビグラフで見る回顧58オークス、東海S »

2009年5月21日 (木)

第473回ブエナビスタには逆らえない

 今年のオークスは桜花賞を勝ったブエナビスタが断然の人気を集めるだろう。前走の桜花賞は最後方から大外に回して、一気に駆け上がってきた。マイル戦とはいっても、直線の長い阪神の外回りコースで、あの空を飛ぶような美しい差し脚を見せられたのでは、距離が伸びてより適性を発揮しそうだと思うし、直線の長い東京も合わないわけがないと思わされる。桜花賞馬としてスピード指数も水準以上の高さを示しており、ここは逆らっても仕方がないのかもしれない。
 オークスの過去10年の傾向を見ると、前走指数の高い馬たちが中心。ランク外の馬たちの連対も多いが、スローペース必至の2400メートル戦で、指数は低くても近走スローペースで好走してきた馬たちが台頭することがあるからなのだろう。

(オークス) 1着    2着    3着
99年    D     B     A a
00年    B b   A     -
01年    -      Y    C a
02年    -     -     C b
03年    A b   -     -
04年     Zd   DXa    Z
05年    A a   BXb    Xc
06年    -     -     D
07年    BY    -      Y
08年     Zb   B     A d
(スローペース調整-20/-10)

 今年は桜花賞で上位だったブエナビスタ、レッドディザイア、ジェルミナルに加え、忘れな草賞を勝ったデリキットピースの前走指数が高く、指数上の最有力馬。他に過去の指数上位のルージュバンブー、ブロードストリート、サクラローズマリーも有力馬の候補になる馬たちだ。
 オークスはスローペースが基本で、上がりの脚比べになる。過去の連対馬をみても中段からの差し馬が中心で、切れる脚があれば後方一気でも届く。今年のメンバーで上がりの脚が鋭いのはブエナビスタ、レッドディザイア、ジェルミナル、ハシッテホシーノ、ブロードストリート、サクラローズマリーなどだが、なかでも+22というブエナビスタの上がり指数が少し抜けているように思える。冒頭にも書いたとおり、今年はブエナビスタが不動の中心で良いのではないか。
 今年のオークスのテーマはブエナビスタの相手探しだ。指数上評価の高いのがレッドディザイア、ジェルミナル、デリキットピース、ブロードストリート、サクラローズマリーなど桜花賞上位馬と忘れな草賞の上位馬たち。なかでも桜花賞では最後までブエナビスタに食らいついていたレッドデザイア、ジェルミナルが、上がりの脚でも上位にあり、ブエナビスタの対抗馬として最有力ではないか。他ではフローラS組も要注意だが、指数そのもが物足りないし、上がり指数もイマイチのレベル。過信は禁物だろう。

 東海Sは2300の距離で行われる数少ないダートの長距離重賞。昨年は13番人気と16番人気馬が1、2着に入って、3連単は513万を超す配当になった。それ以前の年も3連単はすべて10万を超える高配当で、荒れる傾向は続いているようだ。指数上は前走指数の上位馬が強い傾向。今年はアドマイヤスワット、ウォータクティクス、ワンダースピード、ピサノエミレーツなどの前走指数が高く、過去の指数が高いアロンダイト、メイショウトウコンを含めて有力馬の一角を占めそう。注目は目下6連勝中の新星ウォータクティクス。指数上は上位も可能なレベルで、距離適性があれば逃げ切りもありえる。

(東海S)  1着    2着    3着
00年    BXb   AYc     d
01年    BYb   C c   -
02年    AXa   -     -
03年    地     AYb   B c
04年    -     AYa   D
05年    -     DYc   BXa
06年    D     -     -
07年    DX      b   C a
08年    -     -     -

※スピード指数入り出馬表や、指数ナビグラフの販売を1R単位(50円)から行っております。是非ご利用ください。(開催日前日の17:00販売開始です)
WebMoneyでのご購入はこちら
@niftyでのご購入はこちら
OCNでのご購入はこちら

|

« 第472回ナビグラフで見る回顧57ヴィクトリアマイル、京王杯スプリングC | トップページ | 第474回ナビグラフで見る回顧58オークス、東海S »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/45083885

この記事へのトラックバック一覧です: 第473回ブエナビスタには逆らえない:

« 第472回ナビグラフで見る回顧57ヴィクトリアマイル、京王杯スプリングC | トップページ | 第474回ナビグラフで見る回顧58オークス、東海S »