« 第478回ナビグラフで見る回顧60安田記念、ユニコーンS | トップページ | 第480回ナビグラフで見る回顧61エプソムC、CBC賞 »

2009年6月11日 (木)

第479回エプソムCはシンゲンに期待

 今年は基準タイムの計算が終わった後、2月の中旬から日曜日は毎週、毎週、休みなく競馬場に通った。それが今週で東京は最終週。来週から関東開催は福島に移る。あいにくというか、今週の日曜日は、名古屋で父の1周忌と母の7回忌の法要があって、競馬場にはいけず、読経の合間の電話投票になりそう。でも、これは不謹慎かな。
 日曜日のエプソムカップは、前走指数の高いABC馬と平均指数の上位馬abcd馬が10年のうち8年で連対して、指数上位馬の健闘が目立つレース。特に03年の東京コース改修後は、前走指数上位のABC馬が毎年連対している。

(エプソムC)1着    2着    3着
99年     -     B     -
00年    BYa    Xa   C
01年      b   -     -
02年     Yd    Xa   -
03年    A     B     -
04年     Zb   AYa   -
05年    -     C d   B b
06年    B     BYa   -
07年      c   C a   C d
08年    -     A b    Yc

 今年はシンゲン、ホッコーパドゥシャ、アーネストリー、ダイシングロウなどの前走指数が高く、エリモエクスパイア、ヒカルオオゾラ、キャプテンベガなども過去の指数や平均指数でピックアップされる。
 順調さから軸馬を選ぶなら、前走、新潟大賞典を98の高指数で圧勝したシンゲンだろう。これまで骨折などの不運もあって、6歳馬ながらまだ13戦しかしていないが、それで7勝をあげている。休み明けの2008年10月以降は4戦3勝。東京競馬場は7戦5勝、藤田騎手とは6戦4勝と、それぞれ相性も良い。
 不安があるとすると、ダイシングロウやヒカルオオゾラ、ホッコーパドゥシャなどの差し脚が生きるような超スローペースになった場合だろう。ただ、このメンバーならそれほどのスローペースは考えにくいし、過去のレースを振り返っても、極端なスローペースはなく、平均ペースが基本になっている。ここはシンゲンに向く流れとみていいのではないか。

 3年前からこの時期の開催になった中京のCBC賞。ハンデ戦ということもあってか、指数上位馬が勝てない。今年はエイシンタイガー、スピニングノアール、ボストンオー、カノヤザクラ、モルトグランデ、トレノジュビリー、コウユーキズナなどが前走指数の上位馬で、さらにソルジャーズソング、タニノマティーニの過去指数が高い。指数上、ランクの該当馬が多いが、それほどに混戦だということだろう。
 小回りの中京コースは元来、逃げ、先行馬が有利。CBC賞も例外ではなく、過去3年とも先行馬が上位を占めている。今年どうしても逃げたいのはメイショウキトリくらい。当然ペースは落ち着きそうで、今年も先行馬に有利な展開だろう。先行馬から軸馬を選ぶならコウユーキズナやエイシンタイガー、トレノジュビリーが中心になりそう。もしハイペースなら、後方一気の脚があるスピニングノアールで勝負にならないだろうか。

(CBC賞) 1着    2着    3着
06年    -      Z      b
07年    -     D c   -
08年    -     A       a

※スピード指数入り出馬表や、指数ナビグラフの販売を1R単位(50円)から行っております。是非ご利用ください。(開催日前日の17:00販売開始です)
WebMoneyでのご購入はこちら
@niftyでのご購入はこちら
OCNでのご購入はこちら

|

« 第478回ナビグラフで見る回顧60安田記念、ユニコーンS | トップページ | 第480回ナビグラフで見る回顧61エプソムC、CBC賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/45308041

この記事へのトラックバック一覧です: 第479回エプソムCはシンゲンに期待:

» 札幌競馬場は本当に先行馬有利なのか?(札幌競馬場1000レース分析) [実践!1レース500円から始める単勝競馬]
先週から作業を始めていました、札幌競馬場コース分析。 とりあえずデータの基礎になる部分が完了しましたので報告します。 今回、過去5年間の札幌競馬場で行われたレース(芝2600mなどサンプルが少ない距離は除きました)約1000レース、3着までに入った計3000頭をデー..... [続きを読む]

受信: 2009年6月17日 (水) 21時13分

« 第478回ナビグラフで見る回顧60安田記念、ユニコーンS | トップページ | 第480回ナビグラフで見る回顧61エプソムC、CBC賞 »