« 第483回ディープスカイは? | トップページ | 第485回負担重量の戦い »

2009年6月30日 (火)

第484回ナビグラフで見る回顧63宝塚記念

200906280910

宝塚記念はディープスカイが単勝1.6倍の圧倒的な人気を集めた。2番人気のドリームジャーニーの単勝7.1倍と比べると、その人気のほどがわかる。しかし率直に考えて、単勝1.6倍は買われすぎだっただろう。
 ナビグラフを見ると、上がりの脚がよいのはよくわかる。ディープスカイとドリームジャーニーの2頭だけが平均の上がり指数より15高い位置に設定されているブルーのラインを超して、さらに平均より20も高いレベルを示している。ナビグラフ上、ディープスカイとドリームジャーニーが中心だとすぐ感じる。ただし、ともにスローペースの大阪杯でのこと。ペースが上がってスタミナが問われることが多い宝塚記念で、その脚が生きるとは考えにくい。例年、ペースの平均以上のなかで、最後の上がりの脚がなければならないという傾向があり、今年でいうなら天皇賞上位馬たちのポジションがちょうどその位置に当たる。この点からディープスカイを見直すと、どうしても最後の最後にスタミナが足りない気がして仕方がなかった。
 さらに、ゴール前でウオッカに交わされたとはいえ、巷間、安田記念の2着がずいぶん高く評価されているようだったが、計算されたスピード指数は93程度で、それほど高いものではなかった。仮にその指数の低さがハイペースによって脚をなくした結果だとしたら、ディープスカイのスタミナに疑問が出てくるし、平均スローペースのものであったなら、指数そのものがもっと高くなければならない。しかもここ4戦とも2、3着止まりで一度も勝っていない。いずれにしても、ディープスカイにそれほどの信頼を置いてはいけないのではないか・・・。
 わたしも先週の初め頃は、ディープスカイで行くつもりだった。しかし、あらためてナビグラフを検証してみたら、先に述べたように、他の馬との差はなく、むしろペースが上がったときの上がりの脚に疑問さえ感じる内容に思えて仕方がなかった。そんなわけで、最終的にドリームジャーニーを本命にしたが、結果的にそれが正解だった。
 1着にドリームジャーニー、2着にサクラメガワンダー、3着にディープスカイが入って、3連単の配当は1万630円に過ぎなかったが、気持ちはそこそこ、うれしかった。
 月曜日、馬場指数を計算したが、ディープスカイのスピード指数は95だった。いまのところそのくらいがディープスカイの能力ではないか。

|

« 第483回ディープスカイは? | トップページ | 第485回負担重量の戦い »

コメント

私は、マイネルキッツの単複だったのですが…(泣)

投稿: 名古屋の伊藤です | 2009年7月 1日 (水) 17時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/45504310

この記事へのトラックバック一覧です: 第484回ナビグラフで見る回顧63宝塚記念:

« 第483回ディープスカイは? | トップページ | 第485回負担重量の戦い »