« 第486回ナビグラフで見る回顧64函館スプリントS、ラジオNIKKEI賞 | トップページ | 第488回ナビグラフで見る回顧65七夕賞、プロキオンS »

2009年7月 9日 (木)

第487回今年も堅い?プロキオンSと七夕賞

 阪神と福島は早くも最終週。
 阪神の重賞・プロキオンSはダートの短距離戦のせいだろうか、指数の上位馬が圧倒的に強く、前走指数と平均指数の上位馬がともに10年連続で連対している。また、1番人気馬も10年で9連対と強く、配当も堅い傾向にある。

(プロキオンS)
       1着    2着    3着
99年    C      Zb   -
00年    BXd   AY      d
01年    BXa   A     -
02年    A b   -     D
03年    CXa   -     -
04年    AYa   BZb   -
05年    AYb    Yb   B
06年(京都)-     AZb   -
07年    A c   CXa    Zb
08年    B     AYb    Xa

 今年の前走指数上位はランザローテ、トーホウドルチェ、スリーアベニュー、バンブーエール、ダンディズムなど。他に平均指数ではサンライズバッカスも上位だ。
 過去の連対馬からは上がり指数より、ペース指数で+15以上のレベルにある馬が連軸向きのようで、バンブーエール、トーホウドルチェ、ランザローテなどが連軸に向きそうだ。ただ、バンブーエールは59キロの負担重量が少し苦しいかもしれない。いずれにしても少しハイペース気味なレースになりがちで、差し脚が鋭いスリーアベニューやサンライズバッカス、リミットレスビッドなども連下の有力候補になりそう。

 福島の七夕賞はハンデ戦。とはいっても比較的指数上位馬が活躍することが多い。なかでも過去に高い指数のあるXYZ馬が強く、他に平均指数の上位abcd馬なども有力。全体として指数上位馬が上位を占める傾向にある。

(七夕賞)  1着    2着    3着
99年     Z    AXa   -
00年    D     -     AYc
01年    BYb   B     B
02年    DYa    Xb   -
03年    BYa    Xa   -
04年     Xd   -     C
05年    AXa     d   B
06年    D b   A d   BZa
07年     Za    Xa   D
08年     Z    -     B b

 今年の指数上位は、デストラメンテ、ミヤビランベリ、レオマイスター、エリモハリアー、シャドウゲイト、グラスボンバー、ホッコーパドゥシャなど。
 注目は前走、目黒記念を8番人気で勝ったミヤビランベリ。不良馬場の適性もあったとは思うが、それにしても堂々の勝利だった。昨年の七夕賞も勝っており、馬場の荒れた最終週の福島コースは得意なのではないか。近走は指数も安定して90以上を示し、57キロのハンデなら信頼しても良いだろう。
 そしてもう1頭がシャドウゲイト。トップハンデの57.5キロを背負うが、いつもは58キロで乗っている馬で、わずかでも軽くなる分、レースがしやすいのではないか。
 ハンデの軽いところではイケトップガンやシルバーブレイズ、レオマイスターなどが面白そう。

 

※スピード指数入り出馬表や、指数ナビグラフの販売を1R単位(50円)から行っております。是非ご利用ください。(開催日前日の17:00販売開始です)
WebMoneyでのご購入はこちら
@niftyでのご購入はこちら
OCNでのご購入はこちら

|

« 第486回ナビグラフで見る回顧64函館スプリントS、ラジオNIKKEI賞 | トップページ | 第488回ナビグラフで見る回顧65七夕賞、プロキオンS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/45583120

この記事へのトラックバック一覧です: 第487回今年も堅い?プロキオンSと七夕賞:

» 今年は突き抜けるぞ!復活期待のサンライズバッカス(プロキオンSデータ分析) [実践!1レース500円から始める単勝競馬]
先週札幌競馬場へ行ってきまして、すっかり10日ほどブログ更新しておりませんでした。 おかげで本業の方もすっかり仕事がたまってしまい、また更新が滞りました…。 先週の札幌は天気も良く競馬日和でしたね。 札幌競馬場のコース傾向を約3000頭から分析しました「..... [続きを読む]

受信: 2009年7月 9日 (木) 20時58分

« 第486回ナビグラフで見る回顧64函館スプリントS、ラジオNIKKEI賞 | トップページ | 第488回ナビグラフで見る回顧65七夕賞、プロキオンS »