« 第504回ナビグラフで見る回顧73新潟2歳S、小倉2歳S、札幌2歳S | トップページ | 第506回ナビグラフで見る回顧74朝日チャレンジC、京成杯オータムH、セントウルS »

2009年9月10日 (木)

第505回速い馬場の秋競馬

 夏らしさを感じないまま夏が過ぎ、今週から秋競馬が始まる。新潟はもとより、阪神も中山も速いタイムがでるのが秋競馬の芝レース特徴で、絶対的な速さへの対応力が求められるのではないか。
 中山は京成杯オータムハンデがメインレース。指数ランク馬のなかでは比較的、平均指数や過去指数の上位馬の連対率が高いようだが、ハンデ戦だけに過信は禁物。

(京成杯オータムハンデ)
        1着     2着     3着
99年     -      -      BYa
00年     CXb     Za    B
01年     A c    DXa     Z
02年(新潟) CXa     Xb      c
03年      Zc    -      B
04年     AXa    -      C b
05年     -        d     Zb
06年     -       X     -
07年     -      CXc    -
08年     B      -      D d

 今年はヒカルオオゾラ、タマモナイスプレイ、バトルバニヤン、ショウワモダンが平均指数の上位馬で、過去の指数ではサイレントプライド、シンボリウエスト、マイネルスケルツィもあがってくる。
 例年、同じマイル戦の重賞・関屋記念組が好走することが多く、ヒカルオオゾラ、マイネルスケルツィ、タマモナイスプレイなどが有力馬としてピックアップできる。また、今年は該当馬がいないが同じくマイル戦の安田記念組も連対率が高いことを考えると、マイルの距離適性はウエイトが高いだろう。
 マイルの適性なら(4201)のヒカルオオゾラが最有力だ。まだ重賞の勝ち星はないが、前走、関屋記念で32秒台の上がりの脚でスマイルジャックの2着につけた。重賞は4戦して2着3回と安定した成績を残し、近走の好調は指数上でも評価が高い。阪神や京都、新潟と速いタイムの出やすい馬場での好走が多く、例年、速いタイムの出る秋の中山は条件も合うだろう。

 阪神の朝日チャレンジカップは内回りコースの2000メートル戦。圧倒的に指数の上位馬が強く、なかでも平均指数上位馬と前走指数の高い馬たちの連対率が高い。今年はモンテクリスエス、マストビートゥルー、クラウンプリンセス、ベッラレイア、エリモハリアー、マルカシェンクなどが指数の上位だ。別定戦とはいえ1頭だけ58キロを背負うエリモハリアーは苦しいだろう。なら指数の高さと安定感でモンテクリスエスが最有力になりそうだが、2000メートルは距離が少し短いのではないか。ならば指数上は少し足りなくても、一瞬の切れがあるベッラレイアやブレイクランアウト、キャプテントゥーレでも勝負になるのではないか。この3頭のなかでは、皐月賞を勝ったキャプテントゥーレの基礎能力がもっとも高いはずだ。休み休みのレースで、まだ8戦しかしていないが、1年以上の休み明になった前走の関屋記念も4着と好走して、能力の高さを示している。もちろん2000メートルに距離が伸びるのは好材料のはずで、皐月賞馬としての能力の高さを示す舞台は、ここが本番だろう。

(朝日チャレンジカップ)
        1着     2着     3着
99年      -        a     Z
00年     D       Xc    C
01年     A c    DXa     Z
02年     DXa      d    B
03年     DZc    BYa    A
04年     A b     Zb    -
05年      X     B b    DX
06年(中京) B d    AXc    -
07年     AZc    B b    -
08年     CYc    B b      d

 阪神の日曜日の重賞・セントウルSは馬場改修後、ここ2年ほどランク馬の苦戦が続いている。今年の指数上位はカノヤザクラ、サンダルフォン、スリープレスナイト、アポロドルチェ、ローレルゲレイロ、ソルジャーズソングなど。例年先行馬が活躍するレースだけに、果敢に逃げるローレルゲレイロに続くアルティマトゥーレ、スリープレスナイトが先行集団を形成して、展開に恵まれるだろう。とすると常識的に、連軸の中心は高松宮記念で2着の牝馬スリープレスナイトが有力に見える。しかし、展開に恵まれても、実績は上位でも、ローレルゲレイロの59キロ、牝馬スリープレスナイトの57キロは負担重量が少し苦しくのではないか。ここは後方一気の脚があるメリッサ、ソルジャーズソング、キョウワロアリングなどの鮮やかな追い込みが決まる可能性もありそうな気がする。

(セントウルS)1着     2着     3着
00年     -      DXa     Yd
01年     B c     Xa    A b
02年     C c    D      AXd
03年     BXc    BZd    -
04年     -       Yb     Xa
05年      Yb    C      AZa
06年(中京) AYd    外      D
07年     -      -      A a
08年     -        c    -

※スピード指数入り出馬表や、指数ナビグラフの販売を1R単位(50円)から行っております。是非ご利用ください。(開催日前日の17:00販売開始です)
WebMoneyでのご購入はこちら
@niftyでのご購入はこちら
OCNでのご購入はこちら

|

« 第504回ナビグラフで見る回顧73新潟2歳S、小倉2歳S、札幌2歳S | トップページ | 第506回ナビグラフで見る回顧74朝日チャレンジC、京成杯オータムH、セントウルS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/46174049

この記事へのトラックバック一覧です: 第505回速い馬場の秋競馬:

« 第504回ナビグラフで見る回顧73新潟2歳S、小倉2歳S、札幌2歳S | トップページ | 第506回ナビグラフで見る回顧74朝日チャレンジC、京成杯オータムH、セントウルS »