« 第526回ナビグラフで見る回顧84マイルCS、福島記念、東京スポーツ杯2歳S | トップページ | 第528回ナビグラフで見る回顧85ジャパンカップ、京阪杯 »

2009年11月26日 (木)

第527回JCは注目のコンデュイット

 ジャパンカップは地の利もあって、日本馬で指数上位のランク馬が圧倒的に強い。特に前走指数の上位馬ABCD馬が最も連対率が高く、連軸の中心になりそう。ランク外で連対した馬は昨年の勝ち馬スクリーンヒーローを除き、あとはすべて3歳馬で、古馬なら指数上位であることは連対馬の条件になるだろう。外国馬は2勝しているが、外国馬同士のワンツーは中山で開催された年の1度だけだ。

(JC)   1着    2着    3着
99年    AXa   外     外
00年    AZa   BXb   外
01年    -      Yc   BXb
02年中山  外     外     A
03年     Yb   -     AYd
04年    AYa    Z    D
05年    外     DZ    BXa
06年    DXa   -     A b
07年    CXc   BZb   AXa
08年    -     A c   A

 今年の前走指数上位馬はスクリーンヒーロー、ウオッカ、オウケンブルースリ、エアシェイディ、ヤマニンキングリーなど。マイネルキッツ、アサクサキングス、ネヴァブションは過去の指数の上位の馬たちだ。
 ジャパンカップは日本馬が強いと書いたが、何といっても今年の注目は、英国馬コンデュイットだ。昨年3歳でブリーダーズCターフを差し切り勝ち。4歳の今年もサンタアニタ競馬場・芝2400メートルの同レースを、2分23秒7の高速タイムで連勝した。これまでのジャパンカップは外国馬の苦戦が続いているが、参戦してきた外国馬の多くは、日本の速く軽い馬場のに必要な絶対的なスピードに欠ける馬だったからだ。
 前走コンデュイットが示した2分23秒7という走破タイムなら、日本の高速馬場への適性も高いはずだろう。ちなみに3歳時のブリーダーズCターフは2分23秒4で勝っているが、このタイムがブリーダーズCターフのレコードタイムになっている。
 3週前に米国でブリーダーズCを走って来日したが、ハードスケジュールのなか、十分な回復ができたかどうか、調整はどうか気になるところだが、ここは、その天性のスピードと、日本の馬場適性に懸けてみたい。
 日本馬の中では昨年の覇者スクリーンヒーロー、京都大賞典の勝ち馬オウケンブルースリ、春の天皇賞馬マイネルキッツに、ウオッカ、リーチザクラウンなどが有力だろう。

 京阪杯は06年から1800から1200メートルに距離が変更された。過去3年を見る限り、前走指数の上位馬が強いようで、アーリーロブスト、エイシンタイガー、ボストンオーを中心に、アルティマトゥーレ、プレミアムボックス、ヘイローフジ、ラインブラッドなどが浮上してくるだろう。

(京阪杯)  1着    2着    3着
06年    -     A c   B
07年    AXb    Ya   A
08年    D     A b   A c

※スピード指数出馬表、指数ナビグラフの販売を1R単位(50円)から行っております。
 ご購入はこちらから。

|

« 第526回ナビグラフで見る回顧84マイルCS、福島記念、東京スポーツ杯2歳S | トップページ | 第528回ナビグラフで見る回顧85ジャパンカップ、京阪杯 »

コメント

 こんにちは。大変お世話になってます。

その昔、ゴールデンフェザントが勝って、おいしい思いをし、
しばらくのち、ランドが勝って、大変おいしい思いをしましたが、
最近は、相性の悪いジャパンカップです。

今年は素直に、ランク馬を軸にしましょうか。

◎ スクリーンヒーロー
○ オーケンブルースリ
▲ コンデュイット
△ ウォッカ
△ リーチザクラウン
△ エアシェイディ

 これじゃ、買い目が多すぎて・・・

 これから考えます。

投稿: のりごろ | 2009年11月27日 (金) 16時52分

こんにちは。
いつもスピード指数にお世話になっています。

今回のJCのメンバーだと、
日本馬では、ウォッカの上がりが高いですね。

東京の芝レースを見ていると、
上がり指数の高い馬が連に絡んで来ているので、
有力かと思っています。

又、上がり指数と、
スピード指数、展開指数を合わせると、
スクリーンヒーローになるのではないでしょうか。

外国馬では、
コンデュイットのレートがウォッカと同等と見る事ができるので、
同馬の距離を考慮したスピード指数、上がり指数は、
ウォッカを上回っているかもしれません。

先行馬が多数いるので、
ペース指数から、鑑みた私の予想は下記の通りです。

◎スクリーンヒーロー
○コンデュイット
▲ウォッカ

長文失礼しました。

投稿: Noah | 2009年11月29日 (日) 13時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/46865402

この記事へのトラックバック一覧です: 第527回JCは注目のコンデュイット:

« 第526回ナビグラフで見る回顧84マイルCS、福島記念、東京スポーツ杯2歳S | トップページ | 第528回ナビグラフで見る回顧85ジャパンカップ、京阪杯 »