« 第531回将来性を問う阪神ジュベナイルF | トップページ | 第533回京王杯と東スポ杯組が中心 »

2009年12月15日 (火)

第532回ナビグラフで見る回顧87阪神ジュベナイルF、カペラS、中日新聞杯

200912130911
200912130611
200912120711

 時折、マークカードを塗り間違える。日曜日も狙った馬が勝って「よしよし」と思って馬券を見ると、馬番が違う。どうも、ひとつずれてマークしてしまったらしい。そのレースはハナから3着馬が馬券になかったが、もし当たっていたら、平静でいられる自信はないから、ま、外れて良かったと思うしかないか。
 午前中はそんなこんなで、調子が出ずじまい。午後に取り戻したものの、収支はマイナスのままだった。先週、勝った分も少しはき出してしまった。
 阪神ジュベナイルFは岩田騎手のシンメイフジを軸にして3連単を買ったが、いきなりの出遅れ。直線に向いて外に出し、これからというところで、右に左によれてばかりのレースでは、シンメイフジに勝ち目はなかった。休み明けだったことも影響したかもしれないが、それでも最後は5着にまで押し上げており、力のあるところは示した気がする。それだけに、まともなレースができていたら、すんなり勝っていたかもしれないと思ったほどだった。
 岩田騎手は今年も100勝以上をあげ、好きな騎手のひとりだが、今年は昨年に比べると重賞での勝利数や連対率が下がってきている。少し調子が悪いのだろうか。
 勝ったアパパネ、2着のアニメイトバイオは、ナビグラフではシンメイフジともども「チャンピオン・エリア」にある馬たちで、当然と言えば当然の勝利だろう。3着はベストクルーズ。3連単も2万7670円と堅めの配当だった。ウオッカ、トールポピー、ブエナビスタと、このレースを勝った馬たちは、その後、桜花賞やオークスをも勝っている縁起の良いレースだ。アパパネもその栄冠を手にできるだろうか。
 カペラSは、ゴール前、先頭をきるダイワディライトの内からミリオンディスクが差しきって勝った。3着に人気薄のグランドラッチが入って、3連単は3万8520円と、まずまずの配当になった。ダート1200は(6301)と適性が高く、中山では2着以下がないダイワディライトが人気を集め、私もそこから馬券を買ったが、ナビグラフ上では、ダイワディライトよりも勝ったミリオンディスクのほうが、上がりの脚がしっかりとしていたことがわかる。
  ハンデ戦の中日新聞杯は、逃げるドリームサンデーを3番手でマークした1番人気のアーネストリーが差しきった。後方から内をついて伸びた人気薄チョウカイファイトが3着で、3連単は8万6370円。私が買った軸馬トーセンジョーダンは後方から脚を伸ばしたが、4着がやっとだった。

(おしらせ)「新基準タイム24版」の受付を始めました。今年も有馬記念グッズのプレゼントもあります。詳しくはこちらをご覧ください。

|

« 第531回将来性を問う阪神ジュベナイルF | トップページ | 第533回京王杯と東スポ杯組が中心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/47029710

この記事へのトラックバック一覧です: 第532回ナビグラフで見る回顧87阪神ジュベナイルF、カペラS、中日新聞杯:

« 第531回将来性を問う阪神ジュベナイルF | トップページ | 第533回京王杯と東スポ杯組が中心 »