« 第542回ナビグラフで見る回顧92AJCC、平安S | トップページ | 第544回ナビグラフで見る回顧93根岸S、京都牝馬S、東京新聞杯 »

2010年1月28日 (木)

第543回波乱ぶくみの3重賞

 ダートの重賞・根岸SはここからG1フェブラリーSに向う馬が多く、当然ながらレベルは高い。過去の連対馬は平均指数や前走指数の上位馬が中心になっている。
 今年はサマーウインド、ケイアイテンジン、グリフィンゲート、ミリオンディスクの前走指数が高く、平均指数ではワイルドワンダー、セレスハントなどがピックアップされる。スーニ、ダイワディライト、ワンダーポデリオは過去の指数が高い馬たちだ。出走馬の多くはオープンを戦ってきた馬が中心で、ダートの重賞実績では若干物足りないメンバーだが、4歳馬を中心に将来性を感じさせる馬がそろった。

(根岸S)  1着    2着    3着
00年      a   AXc    Z
01年      d   AXa   CX
02年    BZ    AXa     b
03年    BYb   B      Zd
04年    -     -      Xb
05年    A a   DZd   CZ
06年      c   C     B
07年    -     DXc   BZ
08年    AZa   D     C
09年    BYa   A b   D

 例年、先行力のある馬の前残りが多く、その点からはケイアイテンジン、サマーウインド、セレスハント、スーニなどが有利になりそうで、連軸向きだろう。特に1400の距離の適性が高く、前走も相手が低調なオープン戦とはいえ、楽に逃げ切ったケイアイテンジンに注目したい。

 昨年は3連単で88万、一昨年は254万、4年前にも30万馬券が飛び出した東京新聞杯。このところ波乱が続くレースで、指数の上位馬もこの2年、3着にも絡めなかった。指数上抜けた馬が見えず、差のないメンバーのレースになったためだが、今年はどうだろう。
 今年の指数上位馬はレッドスパーダ、エイシンフォワード、プロヴィナージュ、スマイルジャック、マイネルファルケ、グッドキララなど。指数上85のレベルを超す馬たちがほとんどだが、前走90を超す馬となるとレッドスパーダ、エイシンフォワードの2頭だけ。今年も指数差はなく、大混戦とみるべきだろう。
 今年は逃げたい馬がマイネルファルケだけで、2番手グループにレッドスパーダ、プロヴィナージュ、タマモサポートと続く。特に競りかける馬もいないようで、ペースは落ち着くのではないか。とすると先行馬に有利な流れも想定でき、マイネルファルケ、レッドスパーダの前残りが有力に思える。順当に考えるなら、4歳馬レッドスパーダが連軸の中心になるのだろう。NHKマイルで2着、前走はマイルのオープン戦をあっさりと勝ち上がり、距離の適性も高いようだ。軸は堅い場合でも、連下が荒れる可能性もあり、上がりの脚のあるティアップゴールド、スマイルジャック、チョウカイファイト、アブソリュートなどに注意したい。

(東京新聞杯)1着    2着    3着
00年    A     CXa   C
01年    AYb   BZa    X
02年    -      Z    -
03年    B     C     A c
04年    -     C     AXb
05年    -     -     B
06年    D      Yb   A a 
07年    AYa    Yd   -
08年    -     -     -
09年    -     -     -

 京都牝馬Sは前走指数の高いABCD馬が有力。今年はショウナンラノビア、レインダンス、マイティースルー、ザレマ、レジネッタなどの前走指数が高い。逃げるのは休み明けのショウナンラノビアになりそうだが、指数上位馬とはいえ、いきなり勝ち負けは厳しいだろう。中段以降の馬に展開の利がありそうで、上がりの脚のあるマイティースルー、ワンカラット、マイネレーツェル、チェレブリタ、ヒカルアラマンサスなどが有力ではないか。4歳馬でここは52キロで乗れるヒカルアラマンサスやマイティースルーから狙う手もあるかもしれない。

(京都牝馬S)1着    2着    3着
00年     Xd   D     A c
01年    A b   AY    D
02年     Xa   -     C
03年    A c   -     -
04年    -     D c   DX
05年    D     B c   A b
06年    A b    Z    -    (2着同着)
07年    A a   -      X
08年    D d   -      Zb
09年    -     BZ     Ya

 2010年版「新基準タイム24版」が完成し、26日からダウンロード販売を始めました。お求めはこちらからどうぞ。

|

« 第542回ナビグラフで見る回顧92AJCC、平安S | トップページ | 第544回ナビグラフで見る回顧93根岸S、京都牝馬S、東京新聞杯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/47413305

この記事へのトラックバック一覧です: 第543回波乱ぶくみの3重賞:

» 東京新聞杯、根岸S、京都牝馬Sの分析♪ [ほしのあきちゃんと競馬予想趣味の馬券♪]
今週の重賞レースはなんとG3レースが3つもあるよしかも東京競馬が始まるから堅く、そして高確率で回収する為にも東京競馬を中心に買うよ( -皿・) [続きを読む]

受信: 2010年1月29日 (金) 13時52分

« 第542回ナビグラフで見る回顧92AJCC、平安S | トップページ | 第544回ナビグラフで見る回顧93根岸S、京都牝馬S、東京新聞杯 »