« 第550回ナビグラフで見る回顧96フェブラリーS・京都記念・クイーンカップ | トップページ | 第552回ナビグラフで見る回顧97中山記念、阪急杯、アーリントンC »

2010年2月25日 (木)

第551回先行馬有利の展開

 今週から中山と阪神に開催が移る。あいにく週末は雨の予報がででおり、開幕週から馬場状態が気になる。
 中山記念は例年、指数上位馬の連対率が高い。過去10年でランク外の馬が勝ったのは04年の4歳馬サクラプレジデントだけで、古馬の場合は指数上、何らかのランクがなければ勝ち目はない。

(中山記念) 1着    2着    3着
00年     Xa   DY    D
01年    C a   A     DZa
02年    D     -      Zc
03年    B     -     -
04年    -      Yb    Xa
05年     Xa   -     -
06年     Yc   B a   -
07年      c   A d   C a
08年    CZa   C     -
09年     Xc    Xd   A b

 今年は前走指数ではシャドウゲイト、アブソリュート、セイクリッドバレー、ダンスインザモア、マイネルシュピールなどが上位だが、全体に指数差のないメンバーがそろって混戦模様だといえそう。また、05年以降、逃げ、先行馬が上位に活躍しており、逃げたいサニーサンデーやモエレビクトリー、先行できるキングストリートなどの4歳馬も十分に圏内だろう。
 順当に考えるなら、シャドウゲイト、ドリームサンデーが中心だ。ともに先行力があり展開も向く。なかでもシャドウゲイトは安定した指数の高さだけでなく、前走は上がりの脚もしっかりとしていた。1800は距離が少し短い気もするが、好調は間違いないところだろう。ドリームサンデーは、前走ハナを奪えず2番手からのレースになって、しかもハイペースでは直線脚をなくすのも当然だった。マイペースの逃げなら、上位に食い込む力はあるはずだ。
 ただ、逃げるのがサニーサンデーやモエレビクトリーの4歳馬だとすると、負担重量が軽い分、彼らの逃げ残りも十分にあるような気がする。とくにモエレビクトリーは逃げて目下3連勝中。中山の1800で逃げ切りの勝利もある。前走は感冒で小倉大賞典を取り消したが、影響はないようだし、もとから逃げる戦法に迷いはない。ハナを奪ってそのまま、行ききってしまうかもしれない。
 前がやり合って浮上するのは、切れる脚のあるアブソリュートとキングストリート、ライブコンサート、テイエムアンコールなどだろう。

 阪急杯は06年から、阪神内回りコースの1400メートル戦になった。先行馬の活躍が目立ち、ヘッドライナー、ビービーガルダン、エーシンフォワードなどが中心になりそうだが、テイエムアタック、トライアンフマーチ、ダイシングロウ、トウショウカレッジなど、上がりの脚がある馬たちにも要注意。

(阪急杯)  1着    2着    3着
06年    -     B     A a
07年    CZa 同着C     BXb
08年    D      Ya   -
09年    CYa    Yc   A

 3歳重賞アーリントンカップは、阪神外回りコースのマイル戦。長い直線での上がりの脚比べのレースだ。今年はザタイキ、シゲルモトナリ、タニノエポレット、ニシノメイゲツ、フラガラッハなどの上がりの脚が鋭い。なかでもザタイキの脚が魅力。新馬戦、500万条件と連勝したが、前走は指数のレベルも高かった。

(アーリントンC)
       1着    2着    3着
07年    DZb   AXc    Y
08年    -       c   -
09年    CXc   -     C
(スローペース調整-20/-10)

 2010年版「新基準タイム24版」のダウンロード販売を行っております。お求めはこちらからどうぞ。

|

« 第550回ナビグラフで見る回顧96フェブラリーS・京都記念・クイーンカップ | トップページ | 第552回ナビグラフで見る回顧97中山記念、阪急杯、アーリントンC »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/47661141

この記事へのトラックバック一覧です: 第551回先行馬有利の展開:

« 第550回ナビグラフで見る回顧96フェブラリーS・京都記念・クイーンカップ | トップページ | 第552回ナビグラフで見る回顧97中山記念、阪急杯、アーリントンC »