« 第565回 皐月賞はヴィクトワールピサから | トップページ | 第567回ダートに強い4歳馬 »

2010年4月21日 (水)

第566回ナビグラフで見る回顧104皐月賞、マイラーズC

201004180611
201004170910

 皐月賞当日。天気も回復して、中山競馬場は朝から混みあっていた。以前のような、立錐の余地もないという状況ではないにしても、若い人たちのグループも多く見られ、久々元気な空気に包まれた。イベント事は賑やかであるに越したことはない。いつもこうであってほしいと思うが、景気が低迷したままでは、自分の生活を守るのに精一杯で、競馬に気が向かないことも確かだろう。競馬に関心が向くには、なによりも経済と生活の安定がなければならない。いまはまだ、景気の上昇、浮揚を待つしかないが、これからも競馬が平和と繁栄の時代の象徴であってほしいと願っている。

 皐月賞は、大歓声の中、1番人気に支持されたヴィクトワールピサが圧勝した。2着は後方から伸びた6番人気ヒルノダムール、中段から脚を使った11番人気のエイシンフラッシュが3着だった。3連単は3万5220円と、そこそこの配当になった。
 ヴィクトワールピサの手綱を取った岩田騎手は、スタートして後方の内に入れたまま、直線に向くまでじっと動かなかった。直線に向くと迷うことなく内ラチをつき、馬群を突き破って伸びてきた。そのスピードは1頭だけ別次元にあるように見え、気がつくと、あっという間に1馬身2分の1の差をつけていた。たかだか1馬身2分の1の差とはいえ、それは決定的な差に感じる内容だった。道中のあの落ち着きと、追い出した時の反応の鋭さ、直線で一気に伸びる末脚は、どれも魅力十分で、今のところ3歳世代のトップであることは間違いないだろう。ダービーのタイトルも取れるのではないか。
 ナビグラフでは、上位3着までは、上がり指数で+10のレベルをクリアする馬たちだった。

 阪神のマイラーズカップは1着リーチザクラウン、2着トライアンフマーチ、3着キャプテントゥーレで、先行馬の差し脚が生きるレースになった。それでも阪神の外回りコースは、相変わらず33秒台の上がりの脚が求められるようで、このレースも2着のトライアンフマーチは33秒3という上がりタイムだった。

 今週、土曜日の阪神5レースで、単勝で1万9090円の14番人気馬ヒダカタイザン(Z)が中段から差し切り勝ち。2着に2番人気のマックスドリーム(D)、3着に13番人気のリッカスウィープ(c)が逃げ残って、ランク馬同士の決着で、3連単は563万7290円の高配当になった。また、中山の日曜日の10レース京葉Sも、アイルラヴァゲイン(c)、カルナバリート(A),ドスライス(B)で決まって、ここは142万7350円という3連単の配当。ランク馬たちの大活躍が目についた週だったが、私はふたつとも外してしまった。取った人はいるのかな。そういえば、ランク馬決着ではないものの、阪神の日曜日の9レース、陽春Sは751万超馬券で、他にも好配当が多く、妙に荒れた週だった気がする。それに、土曜日の福島競馬が雪で中止になったりして、いろいろあった中山、阪神の最終週でした。来週から東京と京都に開催が変わる。ここは気分も一新して、がんばりましょう。

※スピード指数出馬表、指数ナビグラフの販売を1R単位(50円)から行っております。
 ご購入はこちらから。
(販売開始は金曜日の17時となります)

|

« 第565回 皐月賞はヴィクトワールピサから | トップページ | 第567回ダートに強い4歳馬 »

コメント

京葉Sは、岩田の単勝を買ったのですが、よもやの落馬でした(汗)

投稿: 名古屋の伊藤 | 2010年4月22日 (木) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/48145117

この記事へのトラックバック一覧です: 第566回ナビグラフで見る回顧104皐月賞、マイラーズC:

« 第565回 皐月賞はヴィクトワールピサから | トップページ | 第567回ダートに強い4歳馬 »