« 第569回春の天皇賞から | トップページ | 第571回高配当が続くNHKマイルC »

2010年5月 4日 (火)

第570回ナビグラフで見る回顧106天皇賞(春)・青葉賞

201005020810
201005010511

 今年、天皇賞の1番人気は4歳馬のフォゲッタブル、2番人気が6歳馬ジャガーメイル、3番人気が4歳馬ジャミールだった。ただ1頭のG1馬で、昨年の天皇賞の覇者・マイネルキッツは何が嫌われたのだろう。前走の日経賞も勝っており、私はもっと人気になると思っていたが、実際は4番人気止まりだった。ナビグラフを見ても、マイネルキッツはいわゆるチャンピオンエリアにあって、私の中では同馬を軸馬に取ることにあまり迷いはなかった。

 外枠を引いたからだろう。松岡騎手のマイネルキッツは終始2番手でレースを進め、最後の直線で早めに先頭に立つと、そのまま押し切るように見えた。しかし、外から猛然と追い込んできたジャガーメイルに、ゴール前で差しきられて2着に負けた。3着は人気薄の4歳馬メイショウドンタクがからくも残って、3連単は91万1660円もついた。

 ただ、4コーナーの手前でトーセンクラウンが、前の馬に乗りかかるようにして大きく外によれたために、後続馬たちは大きな不利を受けることになって、能力を出し切れなかった馬もあった。競馬ブック誌の各騎手のコメントによると、「その不利が大きかった」という発言が多くあった。競馬にトラブルはつきものだから仕方ないだろう。

 しかし、その不利がなかったとして、果たして後方の馬が前を行く2頭、ジャガーメイルとマイネルキッツをとらえられただろうか。もともとスローペースで流れているレースだ。前の馬たちはかなり楽にレースを進めており、直線も余裕があった。勝ったジャガーメイルの上がりの脚が33秒7、終始先行してレースを進めた2着のマイネルキッツでさえ34秒2だったことを考えたら、後方からさらに切れる脚を使って追い込むなんてことは、ほとんど無理だったのではないか。加えて、過去の天皇賞の上位馬は4コーナーで10番手以内の馬たちだったことを見ても、4コーナーで後方にいた馬たちに、トラブルがあってもなくても、すでに勝ち目はなかったのではないか。

 それにつけても、そんなトラブルがあったこともあってか、マイネルキッツの松岡騎手の判断や騎乗がすごく良かったように思えてくる。そして早めに先行集団にとりついて勝ったジャガーメイルのウィリアムズ騎手も、人気薄で3着に残った武幸四郎騎手にも、もちろん拍手を送りたい。

 ダービートライアルの青葉賞は、断然人気のペルーサが圧勝した。2着にトゥザグローリー、3着は追い込んだハートビートソングだったが、3連単はなんと1880円という堅い決着になった。
 ペルーサはこれで負け知らずの4連勝でダービーに向かう。ヴィクトワールピサとはまだ少し指数差があるが、ここで東京の2400を経験できたことは、指数差を埋めるに十分な経験の差になるのかもしれない。

※スピード指数出馬表、指数ナビグラフの販売を1R単位(50円)から行っております。 楽天あんしん支払いサービスでもご購入いただけます。
ご購入はこちらから。
(販売開始は金曜日の17時となります)

|

« 第569回春の天皇賞から | トップページ | 第571回高配当が続くNHKマイルC »

コメント

天皇賞は結局、ナビグラフで上がり上位の馬たちで決着しましたね。
幸四郎の馬もナビで見れば、けっして弱くないですしね。
そんな私は、マイネルキッツの複勝で勝負してましたから、幸四郎はどうでもいいんですけどね^^

投稿: 名古屋の伊藤 | 2010年5月 4日 (火) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/48265924

この記事へのトラックバック一覧です: 第570回ナビグラフで見る回顧106天皇賞(春)・青葉賞:

« 第569回春の天皇賞から | トップページ | 第571回高配当が続くNHKマイルC »