« 第577回グッドラック・ダービー | トップページ | 第579回波乱も多い安田記念 »

2010年6月 1日 (火)

第578回ナビグラフで見る回顧110ダービー、目黒記念、金鯱賞

201005300510
201005300512
201005290810

 12万人の大歓声を背に、ペースを握ったのはウイリアムズ騎手のアリゼオだったが、2コーナーを回って急にペースが落ちた。翌日にラップタイムの記録を見ると、向正面では13秒5まで落ち、次の200のラップも13秒1だった。競り懸ける馬もなく、超スローペースのレースになって、直線、残り400から激しい叩き合いが繰り広げられることになった。最後は直線の半ばから伸びたエイシンフラッシュが追いすがるローズキングダムを振り切って勝った。3着は1番人気のヴィクトワールピサが内から伸びてゲシュタルトを交わした。
 勝ったエイシンフラッシュの上がりタイムは32秒7という、過去のダービーのなかでも最速のものになって、2着のローズキングダムも32秒9の上がりタイム、3着のヴィクトワールピサも33秒1という驚異的な上がりの脚の戦いだった。結果的に、直線大外に回して距離ロスのあった馬や、後方に位置していた馬たちに出番はなかった。
 33秒の上がりの脚を使っても勝てない超スローペースのダービーに、「それでいいのか」という思いは少し残るが、それでも、終わってみれば、皐月賞の3着、4着、1着馬たちで、底力のある馬たちのレースだったといえそう。

 3連単は15万2910円となかなかの好配当だった。
 指数上でもC-C-Baという組み合わせで、軸さえ間違えなければ、比較的わかりやすかったようで、一緒に行ったカミさんも当てたし、スタッフのH君も取った。タマちゃんは単勝、3連複、3連単をごそっと当てて、60万を超す払い戻しだった。私は皐月賞2着のヒルノダムールから流したものの、直線は伸びきれずに大敗。皐月賞上位馬で唯一大敗した馬を軸にしているようでは、運も遠い。
 ダービー騎手になった内田騎手のうれしそうなコメントに比べると、1番人気に推されて3着に負けた岩田騎手の「これがダービーなんですね。すべてがうまくかみ合わないと勝てない。それだけ難しいレースだと改めて感じました。(競馬ブック)」というコメントが、少しジャジィ-な愁(うれ)いに満ちているようで、私の気持ちに染みた。
 がんばれ、岩田。

 目黒記念もスローペースで、ハンデ戦らしく51キロの9番人気馬イケドラゴンが逃げ粘って2着。勝ったコパノジングーは5番人気、3着のフェニコーンも7番人気と、そこそこに人気薄の馬たちが上位を占めて、3連単は24万4680円と高配当だった。
 ナビグラフでみると、なんていうことなく取れそうな組み合わせに思えるが、私はここでも2着抜け。がんばれ、西田。

  土曜日の京都で行われた金鯱賞は、2番手から伸びたアーネストリーが横綱相撲の差し切り勝ち。6番人気のドリームサンデーが逃げ粘って2着を確保。後方から脚を使ったスマートギアが3着だった。

※新しいオンラインサービスとして「西田式スピード指数LIVE(略称・NSライブ)」を公表しました。人気のナビグラフにも対応しており、何よりも速報性と使いやすさを重視したシステムに仕上がっています。是非、ご利用をご検討ください。詳しくはこちらから。

|

« 第577回グッドラック・ダービー | トップページ | 第579回波乱も多い安田記念 »

コメント

お疲れ様です。
ダービーですが、私はヴィクトワールピサからエイシンフラッシュとローズキングダムへワイド2点買いでした(o^-^o)

目黒記念は1,4,6,8のワイドボックスを買って2着3着^^;
なんともしぶとい買い方でしょ^^

内田騎手は勝利騎手インタビューで

JRAのリーディングジョッキー、またダービーを獲ろうと思い地方競馬から移籍して、夢がかなう、人間歯を食いしばって頑張れば、いつか夢がかなうというのを実現できました。

と言っていて、えらいなぁ~!幸四郎は見習わないかんな!と思いながら感動して聞いていたんです。中京競馬場で。
そしたら、私の後方にいたおじさんが加トちゃんばりに

「へ~~~~~ップシ!!オォ~」ってくしゃみを連発…

それにつられて、その奥さんも

「へ~~~~~ップシ!!」と(苦笑)

感動のインタビューが台無しになってしまいました。

投稿: 名古屋の伊藤 | 2010年6月 1日 (火) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/48515550

この記事へのトラックバック一覧です: 第578回ナビグラフで見る回顧110ダービー、目黒記念、金鯱賞:

« 第577回グッドラック・ダービー | トップページ | 第579回波乱も多い安田記念 »