« 第578回ナビグラフで見る回顧110ダービー、目黒記念、金鯱賞 | トップページ | 第580回ナビグラフで見る回顧111安田記念、ユニコーンS »

2010年6月 3日 (木)

第579回波乱も多い安田記念

 昨年の安田記念は1番人気のウオッカが勝って、2着は2番人気のディープスカイ、堅く収まったレースだったが、1番人気の馬が勝ったのは98年のタイキシャトル以来11年ぶりのことだった。今週のG1安田記念は比較的波乱の多いレースだ。
 指数上は、平均指数の高い馬たちが過去10年のうち8年で連対し、前走指数の上位馬は7年で連対している。外国馬もそこそこ活躍(2勝、2着2回、3着2回)しており、外国馬が3着内に絡んだ年は高配当になる傾向が強い。

(安田記念) 1着    2着    3着
00年    外     C b外   Yb
01年    AYb   -      Z
02年    -     -      B
03年      c   -     BXa
04年      a   AXa    Zd
05年    C c   -     外
06年    C外     Zb   外
07年     Yd   A     -
08年    -     外     AX
09年    BXa   AZb   -

 今年の平均指数上位はエーシンフォワード、ファリダット、キャプテントゥーレ、スーパーホーネットなど。他に前走指数上位のリーチザクラウン、マルカフェニックス、トライアンフマーチ、過去指数でサンカルロなども指数上位馬としてピックアップされる。
 なかでもマイルの距離適性ではトライアンフマーチ(2303)、リーチザクラウン(2000)、スーパーホーネット(3317)などが上位だろう。
 最近、スローペースになりがちな安田記念は、上がり指数で+15を超す馬たちが中心になっている。この条件を満たすのはマルカフェニックス、トライアンフマーチ、ファリダットに加え、アブソリュート、スーパーホーネット、キャプテントゥーレ、スマイルジャックなどだ。
 先にあげたマイルの距離適性を含めて考えると、マイルの適性が高く、上がりの脚が鋭い馬として、トライアンフマーチが浮かび上がる。4歳馬トライアンフマーチはまだ2勝の身で、重賞勝ちもないが、前走は阪神のマイル重賞で2着に追い上げた。先週ダービーを勝った内田騎手が手綱を取ることになっており、当然人気も集めるだろう。
 同じレースを勝ったのは同じく4歳馬のリーチザクラウンだったが、これでマイル戦は2戦2勝とマイルは合いそう。先行力を生かす馬だけに、上がりの脚比べになった時に、展開が向くかどうか。
 上がりの脚だけならファリダットも鋭い。
 しかし、トライアンフマーチやリーチザクラウンに限らず、今年はそれほど抜けた力がある馬はいないように見える。
 基礎能力の高さで考えるなら、むしろ香港馬のフェローシップのほうが高いかもしれない。香港のシャティン競馬場の芝は、東京に比べるとかなり力のいる馬場だが、そこでマイル戦を1分33秒台のタイムで走っており、東京コースのスピード競馬にも対応はできるだろう。追い込みの脚質も東京向きではないか。日本馬に地の利はあるにしても、フェローシップの勝利があっても不思議ではない。

 3歳のダート重賞・ユニコーンSは指数上位馬が圧倒的に強い。特に05年以降は前走指数の上位馬が勝ち続けており、指数で上位にあることは必須条件だろう。今年はアースサウンド、ナイトオブザオペラ、バトードール、ドロ、タイムカード、ブレイクチャンスなどの前走指数が高く、過去の指数ではスターボード、バーディバーディが上位だ。(公営競馬の成績は減戦しています)
 芝の重賞で好走してきたコスモセンサーやバーディバーディの先行力も気になるが、他にも先行したい馬が多く、ペースは思いの外、速くなりそうだ。とすると、上がりの脚がある馬が後方一気を決めることも考えられる。ダートの上がりの脚ならスターボードが断然ではないか。1600は未知数だが、距離に対応できれば一発もありそうだ。

(ユニコーンS)
       1着    2着    3着
01年    -     芝     -
02年    公     AXa    Yb
03年     Yd   B b   芝
04年     Zd   芝     D d
05年    AXa    Y    B b
06年    D      Yc   CZ
07年    A b    Xa   -
08年    BXc    Zc   -
09年    A d   C c    Xa
(スローペース調整-15/-5)

※新しいオンラインサービスとして「西田式スピード指数LIVE(略称・NSライブ)」を公表しました。人気のナビグラフにも対応しており、何よりも速報性と使いやすさを重視したシステムに仕上がっています。是非、ご利用をご検討ください。詳しくはこちらから。

|

« 第578回ナビグラフで見る回顧110ダービー、目黒記念、金鯱賞 | トップページ | 第580回ナビグラフで見る回顧111安田記念、ユニコーンS »

コメント

こんにちは、いつもお世話になってます。

最近ずっと調子が悪いです。
百万馬券、A馬を切っちゃたり・・・裏目裏目に馬券がきます。

今日は、開き直りでいきます。

◎ショウワモダン
○リーチザクラウン
▲スマイルジャック
△グッドフェロー

これが駄目なら、秋までお休みします。

投稿: のりごろ | 2010年6月 6日 (日) 15時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/48533922

この記事へのトラックバック一覧です: 第579回波乱も多い安田記念:

« 第578回ナビグラフで見る回顧110ダービー、目黒記念、金鯱賞 | トップページ | 第580回ナビグラフで見る回顧111安田記念、ユニコーンS »