« 第594回ナビグラフで見る回顧118函館記念 | トップページ | 第596回ナビグラフで見る回顧119小倉記念 »

2010年7月29日 (木)

第595回波乱もありそうな小倉記念

 小倉記念はハンデ戦といっても、指数の上位馬が圧倒的に強いようで、平均指数の上位abc馬は過去10年すべての年で連対し、XY馬も9年で連対している。
 しかし、最近の小倉記念は波乱の傾向が強くなっているようで、特に夏のシリーズに組み込まれて開催時期が2週繰り上がった06年以降、10番人気以下の馬の台頭が著しく、3連単は101万、22万、6万、97万と高配当が続く。

(小倉記念) 1着   2着    3着
00年   AZ    BXa     b
01年    Xa   -     A
02年   A     BXa     b
03年    Xa    Zb   A
04年   AXa   AZd   -
05年    Xa   A      Zc
06年   B      Yc   D
07年   -     C c   -
08年   C c   AYb   -
09年     b    Yd   B

 今年の平均指数上位馬はニホンピロレガーロ、スマートギア、バトルバニヤン、サンライズベガなど。他に過去の指数上位はシルクネクサス、アドマイヤオーラだが、58キロ背負うアドマイヤオーラはハンデが少し苦しいかもしれない。
 06年以降、夏のシリーズに組み込まれ、出走馬のレベルが上がったと同時に、先行馬有利だった傾向も一転、差し馬が上位を占める傾向が強くなってきた。そのことを反映してか、06年以降の勝ち馬は上がり指数で平均より+15以上のレベルをクリアする馬たちが中心で、小回りコースの小倉とはいえ、上がりの脚の鋭さが問われるようになってきたといえそう。
 指数の上位馬で、切れる脚でも評価できるのはマキハタサイボーグ、シルクネクサス、ニホンピロレガーロ、スマートギア、サンライズベガなどで、連軸の中心になるのではないか。骨折あけの武豊騎手が手綱をとるスマートギアも気になるが、順調さでは休み明けの七夕賞で3着だったサンライズベガだろう。
 軽ハンデを生かして上がりの脚を発揮できそうなのはサンレイジャスパー、ステップシチー、ホワイトピルグリムなどで、人気薄馬の後方一気という最近の傾向からは、要注意の馬たちだ。

※新しいオンラインサービスとして「西田式スピード指数LIVE(略称・NSライブ)」を公表しました。人気のナビグラフにも対応しており、何よりも速報性と使いやすさを重視したシステムに仕上がっています。是非、ご利用をご検討ください。詳しくはこちらから。

|

« 第594回ナビグラフで見る回顧118函館記念 | トップページ | 第596回ナビグラフで見る回顧119小倉記念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/49005687

この記事へのトラックバック一覧です: 第595回波乱もありそうな小倉記念:

« 第594回ナビグラフで見る回顧118函館記念 | トップページ | 第596回ナビグラフで見る回顧119小倉記念 »