« 第591回牝馬、外枠のサマーダッシュ | トップページ | 第593回差し脚が生きる函館記念 »

2010年7月20日 (火)

第592回ナビグラフで見る回顧117アイビスサマーダッシュ

201007180411

 梅雨明けのとたん、暑い。東京は35度の猛暑が続く。スカイツリーも地表の熱気で少し揺らいでいるように見える。
 新潟の名物レース、真夏の快速王決定戦・アイビスサマーダッシュは、2の脚が速いケイティラブとジェイケイセラヴィが馬群を突き破って抜けだし、ゴールまでそのままの形で決着した。3着は内から伸びたマルブツイースターと、外から鋭く追い込んできたアポロドルチェがきわどく争うことになったが、長い写真判定の結果、人気薄のマルブツイースターが3着だった。人気を集めたメリッサ、カノヤザクラはともに後方のまま、勝ったケイティラブは8番人気、2着のジェイケイセラヴィは3番人気だったが、3着のマルブツイースターは16番人気の馬で3連単は84万8340円の高配当になった。

 今年も牝馬のケイティラブが勝って、これで10年で7回牝馬が勝ったことになるが、要因は負担重量の差だけではないかもしれない。

 私はジェイケイセラヴィから3連単馬券を買った。アポロドルチェがもう少し頑張ってくれたら良かったのだが、マルブツイースターまでは手が広げられなかった。ただ、ナビグラフを見ると、マルブツイースターは3走前に、近走、メンバー中で最速の上がり指数を示しており、買う要素が全くなかったわけではない。

 それにしても、宝塚記念では8番人気のナカヤマフェスタ、続くラジオNIKKEI賞は3番人気のアロマカフェ、先週は11番人気のドモナラズで3連勝。そして今週は勝てなかったとはいえ、またまた16番人気で3着と、人気薄馬でも上位に持ってくるのだから、まさに善臣サマー、サマー。
 ただ残念ながら、善臣サマー、サマーは今週の函館記念は乗る予定がなく、引き続き新潟にご参戦の模様。とりあえず、善臣サマーサマーは買ってみる。

※新しいオンラインサービスとして「西田式スピード指数LIVE(略称・NSライブ)」を公表しました。人気のナビグラフにも対応しており、何よりも速報性と使いやすさを重視したシステムに仕上がっています。是非、ご利用をご検討ください。詳しくはこちらから。

|

« 第591回牝馬、外枠のサマーダッシュ | トップページ | 第593回差し脚が生きる函館記念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/48925418

この記事へのトラックバック一覧です: 第592回ナビグラフで見る回顧117アイビスサマーダッシュ:

« 第591回牝馬、外枠のサマーダッシュ | トップページ | 第593回差し脚が生きる函館記念 »