« 第603回G1を目指して | トップページ | 第605回新潟、小倉で2歳S »

2010年8月31日 (火)

第604回ナビグラフで見る回顧123キーンランドC、新潟記念

201008290109
201008290411
201008290406

 セ・リーグもパ・リーグも、差のない優勝争いが繰り広げられて、ますます野球が面白い。先週は2度、東京ドームの「中日・巨人戦」に出かけたが、超満員だった。結果は1勝1敗。どのチームもなかなか抜け出せないまま、巨人ファンも、阪神ファンも、毎日、もどかしい気持ちばかりだろう。中日ファンの私も、喜びと希望、怒りと失望の気分を行ったり来たりで、日々もどかしく、やるせないこの頃である。
 いつのまにか夏競馬は今週が最終週。翌週には中山、阪神に開催が変わる。

 中山の秋のG1スプリンターズSを目指す馬が集まった札幌のキーンランドCは、牝馬のワンカラットが勝った。3角からぐんぐん脚を伸ばして4角では先頭、追いすがるジェイケイセラヴィをふり切り、そのまま押し切るという強い勝ち方だった。3着は中段から差してきたベストロケーション。
 ワンカラットは前走、函館SSを高指数で快勝しており、そのまま好調子が続いていたのだろう。牝馬で54キロで乗れたのも大きかった。ビービーガルダンやローレルゲレイロは58キロ、59キロを背負ってはさすがに苦しかったようで、1番人気に推されたビービーガルダンも追い比べに遅れて4着。逃げ馬ローレルゲレイロは先行できずに、馬群の中で8着がやっとだった。
 ナビグラフでもビービーガルダンやローレルゲレイロは右下のエリアにあって、先行しても上がりの脚が足りないことがわかる。3着のベストロケーションも指数上の評価が低く、盲点になってしまったが、勝ったワンカラット、2着のジェイケイセラヴィは上がりの脚で上位の馬だった。

 ハンデ戦の新潟記念は、最近1番人気馬もトップハンデ馬も連に絡めないレースが続いていたが、今年もトップハンデのアドマイヤオーラは17着と最下位、1番人気のスマートギアも6着に敗れた。勝ったのは55キロのナリタクリスタル、2着は56キロのトウショウシロッコ、3着は55キロのサンライズベガだった。私はメイショウベルーガから流したが、後方から良く追い込んできたが、4着までだった。

 日曜日の新潟6レース・3歳未勝利戦・芝1000メートルはランク馬(Z-D-b)が上位を占めて、3連単で153万5550円の高配当だった。参考までにナビグラフを掲載しておきます。

※新しいオンラインサービスとして「西田式スピード指数LIVE(略称・NSライブ)」を公表しました。人気のナビグラフにも対応しており、何よりも速報性と使いやすさを重視したシステムに仕上がっています。是非、ご利用をご検討ください。詳しくはこちらから。

|

« 第603回G1を目指して | トップページ | 第605回新潟、小倉で2歳S »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/49306256

この記事へのトラックバック一覧です: 第604回ナビグラフで見る回顧123キーンランドC、新潟記念:

« 第603回G1を目指して | トップページ | 第605回新潟、小倉で2歳S »