« 第626回ナビグラフで見る回顧134エリザベス女王杯、武蔵野S、京王杯2歳S | トップページ | 第628回ナビグラフで見る回顧135マイルCS、福島記念、東スポ杯2歳S »

2010年11月18日 (木)

第627回切れる脚でダノンヨーヨー

 今週のG1・マイルチャンピオンシップは、前走指数の高いABCD馬が10年のうち9年で連対している。過去に高い指数のあるXYZの連対率も高く、基本的には指数上位馬たちを信頼して良いと思うが、指数ランク外の馬たちも10年で5勝しているから要注意だ。1番人気馬は近4年で3勝2着1回と比較的安定している。

(マイルCS)1着    2着    3着
00年    -     C b   -
01年    -     D      Z
02年    -     DXa   A c
03年    D     -     C
04年    DYb   B      X
05年    -      X    A
06年    BXa   C c   CZ
07年    DX    -      Yd
08年    -     CZc   CXa
09年    AXa   -     外

 今年はオウケンサクラ、スマイルジャック、ワイルドラズベリー、キンシャサノキセキ、サプレザなどが前走指数の上位馬で、過去の指数ではショウワモダンが上がってくる。指数上ランク外になったが、ダノンヨーヨー、ライブコンサートは前走指数上位馬と比べても指数差は1しかなく、ここは指数上位馬として認識しておいた方が良いだろう。
 前走の実績で上位は、近5年で4勝をあげている天皇賞組が中心になってきた。今年は4着のオウケンサクラ、8着のスマイルジャック、16着のショウワモダンが天皇賞組にあたる。指数上も上位にあり、中心に取ることもできるが、過去の軸馬の多くは+15以上の上がり指数があった馬たちで、この点からすると、スマイルジャックやショウワモダンには上がりの脚に切れがみえず、連軸には取りにくい。
 上がり指数ではダノンヨーヨー、オウケンサクラ、アブソリュート、テイエムオーロラ、ゴールスキー、ワイルドラズベリーなどが上位だ。
 中でも上がりの脚の鋭さは富士Sを勝ち、4連勝で初のG1に臨むダノンヨーヨーだろう。前走の富士Sでは、人気薄の先行馬が2、3着に残るペースをただ1頭、後方から追い込んで圧勝。また、マイルは(6211)と高い距離適性を示しており、連軸にとるならダノンヨーヨーではないか。

 東京スポーツ杯2歳Sは、前走スローペースで脚を余している馬が多い。過去の傾向を見ても、指数上のランク馬が意外と勝ててない要因もそのあたりにある。ここは距離を考えてもスローペースは必至で、上がりの脚がない馬は苦しいだろう。スローペースに対応した上がりの脚はショウナンカライス、マイネルギブソン、イイデタイガー、サダムパテック、サトノペガサス、フェイトフルウォーなどの適性が高い。8月の新馬戦を楽に逃げ切って勝ったイイデタイガーが余力もありそうだ。

(東スポ杯2歳S)
       1着    2着    3着
03年      d   -      Y
04年    DZ    A a   DXc
05年    B      Xb   -
06年    -     C     DZ
07年    -     C     -
08年    -     C     -
09年    -     B       c
(スローペース調整-20/-10)

 ハンデ戦の福島記念は毎年、波乱の連続で、高配当が続く。1、2番人気馬は6年連続、そろって連にも絡めていない。今年も難解なレースだが、過去の波乱の要因はハイペースにありそうで、ペースに耐えうるスタミナが問われるのではないか。とするとメイショウクオリア、トウショウシロッコ、イケトップガン、ディアアレトゥーサ、ミステリアスライト、レッドアゲート、ベルモントルパンなどが、スタミナがあり上がりの脚もある馬として浮上してくる。なかでもハンデが51キロと恵まれたのが3歳馬ディアアレトゥーサだが、人気を背負うようなら、果たしてどうだろう。

(福島記念) 1着    2着    3着
00年    C a   CXa    Y
01年      b    Y     Y
02年    -     B c   -
03年    -     D a   BXc
04年    -     D     -
05年     Zb   -      Z
06年    BZ    AZb     c
07年    -     -     -
08年    -     C      Zc
09年    C     -     D

※新しいオンラインサービスとして「西田式スピード指数LIVE(略称・NSライブ)」を公表しました。人気のナビグラフにも対応しており、何よりも速報性と使いやすさを重視したシステムに仕上がっています。是非、ご利用をご検討ください。詳しくはこちらから。

|

« 第626回ナビグラフで見る回顧134エリザベス女王杯、武蔵野S、京王杯2歳S | トップページ | 第628回ナビグラフで見る回顧135マイルCS、福島記念、東スポ杯2歳S »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/50064728

この記事へのトラックバック一覧です: 第627回切れる脚でダノンヨーヨー:

« 第626回ナビグラフで見る回顧134エリザベス女王杯、武蔵野S、京王杯2歳S | トップページ | 第628回ナビグラフで見る回顧135マイルCS、福島記念、東スポ杯2歳S »