« 第622回ナビグラフで見る回顧132天皇賞(秋)、スワンS | トップページ | 第624回ナビグラフで見る回顧133アルゼンチン共和国杯、みやこS、ファンタジーS »

2010年11月 4日 (木)

第623回波乱のハンデ戦

 アルゼンチン共和国杯は難解なハンデ戦で、トップハンデ馬や人気馬たちも苦戦を強いられることが多く、波乱になりやすいレースだ。指数の上位馬たちもそれなりにハンデを課せられるせいか、苦戦が続く。

(アルゼンチン共和国杯)
       1着    2着    3着
00年     Y    -     -
01年    -     B     -
02年中山  C     A b   -
03年      d   -     -
04年    C     -      Yb
05年    -     -       b
06年      d    Xa   A
07年    -      Xb   C
08年    -     -      Xc
09年    -     B     A

 今年は前走指数でゴールデンメイン、コスモヘレノス、ジャミール、レッドアゲートなどが上位で、過去の指数、平均指数ではマイネルスターリー、ゴールデンハインド、トリビュートソング、トーセンジョーダンなどがピックアップされる。
 芝の2500メートル戦だけに、基本的にスローペースで上がりの脚比べのレースが多い。近走の上がり指数はグラスゴッド、シグナリオ、レッドアゲート、トリビュートソング、マキハタサイボーグ、スマートステージなどが高い上がり指数を見せているが、2500の距離適性があるのはトリビュートソング、グラスゴッド、マキハタサイボーグなどで、3頭の実績ではトリビュートソングが最上位だろう。
 しかし、昨年は人気薄のミヤビランベリがマイペースで逃げ切ったように、先行馬も数多く健闘しており、ゴールデンハインド、ドリームフライトなど、先手を取るとしぶとい逃げ馬からの手もあるかもしれない。

 2歳馬の重賞ファンタジーSは、基本的に前走指数の上位馬が中心だ。今年はマルモセーラ、ツルマルワンピースの前走指数が高く、次いでマイネイサベル、エクメーネなどが続く。先行力でマルモセーラ、ツルマルワンピース、上がりの脚でマイネイサベルが中心になりそうだ。

(ファンタジーS)
       1着    2着    3着
00年     Xb   BYa   -
01年    AXa   -      Y
02年    A a   -     A a
03年    -      X    -
04年    D     -      Xa
05年    CYb   A a   BZ
06年    A a    Yb    Zc
07年    C     AXc   -
08年     Z    B c   A a
09年    -      Y    C

 みやこSはダートの1800戦。昨年までオープンのトパーズSとして実施されてきたが、今年から重賞に格上げされ、名称も変更された。ジャパンカップダートを目指すステップレースになりそうで、比較的力のある馬たちがそろった。
 前走指数はクリールパッション、ダイシンオレンジ、トランセンド、ロールオブザダイスなどが上位で、過去の指数、平均指数でワンダースピード、ワンダーアキュート、ナニハトモアレなどが上位だ。先行力のある馬がそろったが、上がりの脚もしっかりしている4歳馬トランセンド、ワンダーアキュートに期待したい。

※新しいオンラインサービスとして「西田式スピード指数LIVE(略称・NSライブ)」を公表しました。人気のナビグラフにも対応しており、何よりも速報性と使いやすさを重視したシステムに仕上がっています。是非、ご利用をご検討ください。詳しくはこちらから。

|

« 第622回ナビグラフで見る回顧132天皇賞(秋)、スワンS | トップページ | 第624回ナビグラフで見る回顧133アルゼンチン共和国杯、みやこS、ファンタジーS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/49935164

この記事へのトラックバック一覧です: 第623回波乱のハンデ戦:

« 第622回ナビグラフで見る回顧132天皇賞(秋)、スワンS | トップページ | 第624回ナビグラフで見る回顧133アルゼンチン共和国杯、みやこS、ファンタジーS »