« 第636回ナビグラフで見る回顧139朝日杯FS、阪神C、愛知杯 | トップページ | 第638回ナビグラフで見る回顧140有馬記念 »

2010年12月23日 (木)

第637回GOOD LUCK!!!

 政権交代しても混乱が増すばかりで、景気はなかなか良くならない。未来に夢や輝きを感じないまま、今年も年の瀬を迎える。残されたささやかな夢は有馬記念だ。
 過去17年、前走指数の上位馬が13年間で連対しており、平均指数上位、過去指数の上位馬を含め、指数上位馬たちが圧倒的に強いのが有馬記念だ。指数でランク外の馬が勝ったのは3頭だけで、そのうち2頭は3歳馬、ランク外の古馬が勝ったのは07年のマツリダゴッホだけだった。古馬ではまず、指数上位でなければ勝利は難しい。

(有馬記念) 1着    2着    3着
93年     Za   A d   Dz
94年    A b   B     D
95年    A       d   BYa
96年    DXa   -     -
97年    C     BXb   A
98年    -     -      Xb
99年    A b   AXc   D d
00年    Y a    Xd     b
01年    -     -     -
02年    B     C     A
03年    DXc   B     -
04年    CXa   AXc    Zb
05年    A b    Y    B da
06年     Xa   -     BYc
07年    -     D     AY
08年    A      Z    B a
09年    BYa   -     A b

 今年はダノンシャンティ、トーセンジョーダン、ネヴァブション、ドリームジャーニー、オウケンブルースリ、ブエナビスタなどが指数の上位馬だ。ただし、ダノンシャンティとドリームジャーニーは指数上位でも休み明けでは、少し苦しいかもしれない。代わって浮上するのが、指数上1の差で続くフォゲッタブル、ルーラーシップ、ジャミールなどで、この3頭は指数上位と考えておきたい。
 過去10年、1番人気馬は(5203)と安定している。勝ち馬を世代別に見ると、3歳馬が2頭、4歳馬が7頭、5歳馬1頭で、圧倒的に4歳馬が強いようだ。
 ナビグラフを見ると、例年、上がり指数で+15以上の馬が中心になっており、今年はペルーサ、ブエナビスタ、エイシンフラッシュ、ローズキングダム、ヴィクトワールピサなどが有力候補にあがってくる。
 しかし、今年は何といっても、4歳牝馬ブエナビスタが中心になるのだろう。昨年、3歳時の有馬記念でもドリームジャーニーの2着に好走。今年の秋には天皇賞を勝ち、ジャパンカップは直線での斜行が問われて2着に降着になったが、実質的には圧勝といえる内容だった。今年、国内戦でブエナビスタが負けたといえるのは、宝塚記念のナカヤマフェスタだけで、牝馬ながら現役最強馬であることは間違いないだろう。もし問題があるとしたら、ジャパンカップの見えない疲れが残ってるかどうかくらい。ここは現役最強馬として、信頼を置きたいと思っている。
 軸馬は堅くても、2、3着に人気薄馬の好走も多々あるレースだが、候補は先行力のある馬たち。トーセンジョーダン、トゥザグローリー、ネヴァブション、ルーラーシップなどに注意したい。

 土曜日の重賞・ラジオNIKKEI杯2歳Sは、先行力のあるオールアズワン、マーベラスカイザーに加え、上がりの脚があるイデア、コティリオン、ショウナンマイティ、ユニバーサルバンクなどが有力だろう。

(ラジオNIKKEI杯2歳S)
       1着    2着    3着
06年    -     -     DXd
07年    CXb   -     -
08年    B b   AYa   -
09年    -     A a   -

 皆さんのご健闘、ご幸運を心よりお祈りいたします。 GOOD LUCK!!!

 12月1日から、新基準タイムの販売を開始しました。新基準タイム2011年版(改訂25版)は、2011年1月5日以降の馬場指数、スピード指数の計算に使うためのもので、今年はご入金確認後、お待たせすることなく新基準タイムをお送りいたします。年間サポートのお客様には、この高田馬場日記でも紹介しているナビグラフを生成するソフト「ナビグラフ君」を無料で提供いたします。また今年も有馬記念グッズのプレゼントも用意しておりますので、ぜひお早めにお申し込みください。
詳細・お申し込みはこちらから

|

« 第636回ナビグラフで見る回顧139朝日杯FS、阪神C、愛知杯 | トップページ | 第638回ナビグラフで見る回顧140有馬記念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/50377908

この記事へのトラックバック一覧です: 第637回GOOD LUCK!!!:

« 第636回ナビグラフで見る回顧139朝日杯FS、阪神C、愛知杯 | トップページ | 第638回ナビグラフで見る回顧140有馬記念 »