« 第630回ナビグラフで見る回顧136ジャパンカップ、京阪杯 | トップページ | 第632回ナビグラフで見る回顧137ジャパンカップダート、ステイヤーズS、鳴尾記念 »

2010年12月 2日 (木)

第631回新星に期待JCダート

 ジャパンカップダートが阪神ダート1800に変更されて今年は3年目。外国馬の参戦はないが、ダート線戦の主役に踊り出るのは誰だろうか。
 東京で行われていた年も含めて、これまでの傾向を見ると、前走指数の上位馬や平均指数上位馬の連対率が高く、連軸は指数上位馬が中心だ。指数上でランク外の馬の多くは苦戦を強いられている。

(JCD)  1着    2着    3着
00年東京  A b   CZa   外
01年東京  A a   DXb    Y
02年中山  芝     DXb   芝
03年東京  外     A     -
04年東京  BZb   DXa   A
05年東京  A     C a    Y
06年東京  -     AXa   -
07年東京   Z      b   AZa
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
08年阪神   Z    C     AX
09年阪神  B c   C     -
(ランクは公営、海外のレースを減戦して集計)

 今年はキングスエンブレム、トランセンド、オーロマイスター、ラヴェリータなどの前走指数が高く、過去の指数、平均指数ではヴァーミリアン、アドマイヤスバル、ダイショウジェット、シルクメビウスなどが上位馬だ。
 ダートの重賞実績では、G1を9勝しているヴァーミリアンが最右翼だが、今年は8歳になり、前走の帝王賞9着を見ると、少しかげりが見える気がする。過去10年、7歳以上の馬の連対はなく、馬齢で見ても強くは推せない。
 若手では、昨年のジャパンカップダートの2着馬シルクメビウスが上位だろう。ただ前走、船橋で行われたJBCクラシックでは、切れる脚はみせたものの4着と、不本意な結果だった。昨年のジャパンカップダートではエスポワールシチーが逃げ切り勝ちを納め、1昨年は先行したカネヒキリが差し切り勝ちと、阪神のダート1800は先行馬有利の傾向があり、追い込みに懸けるシルクメビウスは展開上は苦しいかもしれない。
 展開的に有利な先行馬で能力がありそうなのは、トランセンド、オーロマイスター、グロリアスノア、アリゼオ、ラヴェリータ、キングスエンブレムなどだろう。差し脚ではキングスエンブレム、ラヴェリータ、アリゼオ、グロリアスノアが良さそうだが、今年、どうしても逃げたいのは4歳馬トランセンドだけだ。
 トランセンドは前走ハイペースで逃げ切って、ようやく重賞タイトルを手にしたばかりだが、3歳時にはダート戦で100を超す指数を示したこともあり、このメンバーに入っても指数上は全く見劣りしないレベルの馬だ。もちろんG1戦を逃げ切るのは楽ではないし、至難の業にちがいないが、ここはあえて単騎で逃げるトランセンドに懸けてみたいと思っている。

 中山の名物マラソンレース・ステイヤーズSは平均指数や前走指数の上位馬が中心になってきた。今年はネヴァブション、ジャミール、エアジパング、コスモヘレノス、フォゲッタブルなどが指数上位だが、3歳馬トウカイメロディも差はない。
 連軸の中心は上がりの脚があるトウカイメロディとネヴァブション、ジャミールなどだろう。なかでも距離が合うのは3歳馬トウカイメロディではないか。

(ステイヤーズS)
       1着    2着    3着
00年    DY    C     AXa
01年    A b   AXa    Yc
02年     Zc   -     DYd
03年    -     -     CYa
04年     Xa    Zc   -
05年    BXa   CZc   A
06年    A b   BXc   C
07年      d   CYc   DZa
08年      d   A      Yb
09年    A     -       d

 鳴尾記念は06年から芝1800メートルの別定戦になった。阪神の外回りコースは上がりの脚が問われることが多く、切れる脚のあるヒルノダムール、セイクリッドバレー、ルーラーシップ、リトルアマポーラなどの脚が生きそうだが、阪神の開幕週で馬場も良いはずで、先行して差し脚を使えるアドマイヤメジャー、リルダヴァル、フローテーションからの手もあるだろう。

(鳴尾記念) 1着    2着    3着
06年    B c   C      Yd
07年    -     BZc   DXa
08年    AXa   -     -
09年    C      Yb   AY

 12月1日から、新基準タイムの受付、販売を開始します。新基準タイム2011年版(改訂25版)は、2011年1月5日以降の馬場指数、スピード指数の計算に使うためのもので、今年はご入金確認後、お待たせすることなく新基準タイムをお送りいたします。年間サポートのお客様には、この高田馬場日記でも紹介しているナビグラフを生成するソフト「ナビグラフ君」を無料で提供いたします。また今年も有馬記念グッズのプレゼントも用意しておりますので、ぜひお早めにお申し込みください。
詳細・お申し込みはこちらから

|

« 第630回ナビグラフで見る回顧136ジャパンカップ、京阪杯 | トップページ | 第632回ナビグラフで見る回顧137ジャパンカップダート、ステイヤーズS、鳴尾記念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/50191859

この記事へのトラックバック一覧です: 第631回新星に期待JCダート:

« 第630回ナビグラフで見る回顧136ジャパンカップ、京阪杯 | トップページ | 第632回ナビグラフで見る回顧137ジャパンカップダート、ステイヤーズS、鳴尾記念 »