« 第648回風邪が長引き | トップページ | 第650回穴八幡 »

2011年2月10日 (木)

第649回春の主役を目指して

 今週の土曜日は各地で雪の予報がででおり、競馬の開催にも影響があるかもしれない。暦の上では立春をすぎ、春のきざしも待たれるところだが、今年はなかなか暖かくならない。それでも春に向けて、3歳馬たちの熱い戦いはこれからが本番。今週の共同通信杯も、春の主役を勝ち取る3歳馬の戦いだ。当然、能力の高い馬たちが集まり、過去の連対馬の傾向をみても、指数上位馬が圧倒的に強い傾向がはっきりしている。前走指数の上位馬はこの10年間、連続して連対しており、なかでも前走指数の最も高いA馬は8年で連対を果たしている。指数のランク外で勝ったのは07年1番人気に推されたフサイチホウオーだけだ。

(共同通信杯)1着    2着    3着
01年    AXa   D     -
02年    A b   AZ      d
03年    DZ    -     -
04年    D b   AXa    Z
05年    AXb   -      Xc
06年    DY    AXa   D b
07年    -     AXb   C b
08年    B b   C c   DY
09年      d   AXb   C
10年    AZc   A     -
(スローペース調整値-20/-10)

 今年のA馬にはナカヤマナイト、次いでベルシャザール、ユニバーサルバンク、ダブルオーセブンの前走指数が高い。過去指数、平均指数ではディープサウンド、ダノンバラード、ロビンフットもピックアップされ、指数上位の有力馬たちといえそうだ。
 例年、スローペースになりがちなレースで、上がりタイムで33秒台の脚がある馬たちが浮上、直線の瞬発力が問われることが多い。ただ、能力の高い馬たちが揃っており、スローペースなら先行馬も十分に脚が残っているわけで、後方一気の脚が生きる展開とはならず、基本的に先行して差し脚のある馬たちに有利なレースと考えた方がよい。
 この点から考えると、中心はナカヤマナイト、ユニバーサルバンク、ベルシャザールなどが有力馬として浮上してくる。ナカヤマナイトとベルシャザールは、前走、ホープフルSの2、1着馬だが、このレースに出走した他の馬たちのその後の活躍をみると、このホープフルSのレベルの高さがわかる。
 個人的には素直にナカヤマナイトを中心に取るべきかと思っているが、鞍上が外国人騎手のユニバーサルバンク、ベルシャザールを中心に、という手も捨てがたく、まだ少し迷っている。

 3歳牝馬の重賞・クイーンカップも、前走指数の上位馬が圧倒的に強く、今年はダンスファンタジア、ニシノステディー、ラテアート、マイネイディールなどが指数上、有力馬といえそうだ。他にカトルズリップス、マイネイサベル、メーヴェも過去の指数が高い馬たちだ。
 牝馬のレースだけに、マイル戦でもペースが上がるとも思えない。先行馬の前残りならニシノステディー、マイネイディールあたりが面白いが、常識的にはスローペースで切れる脚のあるダンスファンタジアに流れは向くのではないか。ただ1頭の3勝馬で、マイルで2勝を上げており距離の不安もない。2歳時、G1阪神ジュベナイルFでは折り合いを欠いて直線失速して9着に負けたが、多少、気ムラなところがあるのかもしれない。とはいえ、前走は、直線あっさりと抜け出して、底力を見せており、気性の問題はあまり心配ないのかもしれない。他にラテアート、カトルズリップス、デルマドゥルガーなどの上がりの脚が鋭いが、逆転まであるかどうか。

(クイーンC)1着    2着    3着
04年    A a   C b   -
05年    DXc   -     -
06年    B d    Z    -
07年     Xc   C b   AZc
08年    DXb   -       c
09年    CYb   B b   -
10年    B a   A a   DXa
(スローペース調整-20/-10)   

 京都記念は、このところ人気馬が力通りに走ることが多く、比較的堅い配当が続く。
 先行力が生きる展開なら、前走、有馬記念3着のトゥザグローリーが中心になりそうだが、京都の芝は内が荒れ始めており、外の方が伸びる傾向が見えてきている。とすると、上がりの脚比べ、直線の決めて比べになるのではないか。距離を考えると一瞬の切れではなく、長く良い脚を使えるかどうかだが、この点から評価できるのがダノンシャンティ、ロードオブザリング、ヒルノダムールの4歳馬たちと、古豪陣ではセラフィックロンプ、ヒカルカザブエなどだ。
 順当なら、近走は2着続きでなかなか勝てないものの、実績上位といえそうな4歳馬ヒルノダムールが中心になるのだろう。

(京都記念) 1着    2着    3着
01年    -     -     CXa
02年     Xa   DX    A d
03年    -     BXa   -
04年    A      Xb   Y
05年     Zb   -     -
06年    DZb   -     B
07年    D     A c   AZ
08年    B     C a   -
09年     Za   BYa   -
10年    A       c   AXa

2011年1月1日付けで、基準タイムを2011年版(改訂25版)に更新いたしました。
1月12日より2011年版基準タイムに準拠した馬場指数も提供しておりますので、
是非お早めにお申込ください。詳細はこちら

|

« 第648回風邪が長引き | トップページ | 第650回穴八幡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/50830987

この記事へのトラックバック一覧です: 第649回春の主役を目指して:

« 第648回風邪が長引き | トップページ | 第650回穴八幡 »